Build-up tatting

個人レッスン @ 自宅でした。
暑い中をありがとうございました。
あれこれと近況報告などをしながら、相談に乗りつつの楽しい2時間。
お互いにタティングをしながら、刺しゅうもやっているので、そちらの話もしました。

レース糸の話も。
最近はカラフルな糸が増えたので、段染めを使うのもいいけれど、配色が難しい。
基本的には同系色が落ち着きますが、リズベスの糸は反対色が入った段染めがあったりするし、ピッチが短くて、リング一つの間に色が変わっていくと、ごちゃっとした印象になります。
かといって、うすーい水色やグリーンと白の段染めは、結んでみないと色の差がわかりにくい。
糸玉の印象と違ってくるものもたくさんあるので、本番モチーフを本番の糸で結ばないといけませんね。
そんなこともあって、「手持ちの糸を全部使うプロジェクト」モチーフを作り続けています。
後5枚程度かな。こちらは隙間時間に作っているので、完成するまでどんな感じになるかわかりません。
めちゃくちゃカラフルになるのだけは確定です。

そのほか、7月に入ってから作り始めたのは「段ごとにつなげていく」Build-up tattingです。
基本モチーフを決めて、ぐるっと一周を何段かに分けて作っておき、段と段の隙間を埋める形。
このところ、パーツを作って、パーツ同士をつなげ、隙間を埋めるタイプのものをいくつか作っていたので、その延長線上にあるものかな。
作っていったら、楽しくなって、思った以上のスピードで形になりつつあります。
やらなくちゃいけないものを確認しておかないと、後で自分の首を締めそうです(^^;;;

ボビンレースでも、ブレード状のパターンを積み上げていくものがあります。外側のピンを次の段の内側のピンとして、糸をかぎ針でつなげながら織っていくので、ちょっと面倒ですが、大きなパターンでも、場所をずらしながら順に織っていくことができます。

パッチワークでも、何人かで作るフレンドシップキルトの1方法として、中心のパターンに、ボーダーを各自でつなげ、次の人に送るという、ラウンドロビンというやり方があります。

どの分野でも、同じようなことをやるものですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

待ちきれなくて

クロバーから出ているボビン式シャトル。
今まで海外他社から出ていたものは、ボビンの刻みがだんだん削れてきて、使っているうちにズルズルと糸が出てくるようになり、ボビンを買い換える必要が出てきて、日本だと購入するのにちょっと手間がかかったりするので、使わなくなって久しいです。糸を巻く分量も、シャトル直巻きよりもかなり少なかったですね。

通常の爪付きシャトルも、使っているうちに爪先が削れてきて、甘くなり、ちょいちょい手入れが必要です。
かぎ針を使えばいい話なのですが、やっぱり爪は楽チンですからね。
どちらにしろ消耗品。
今回のボビン式は、使わない方のボビンはストッパーをつけていればいいのですが、今、持ち歩きで作っているモチーフはダブルシャトルが必要なタイプ。

20170701

ストッパーをいちいち付け替えて使っていたら、シャトルにボビンをはめるカチッという音も結構うるさいし、付け替えが面倒で、結局もう一つシャトルセットを買うことに。
本当は、違うカラーが出るのを待ってたんですけど、待ちきれなくなってしまいました(^^;;;

これもしばらく使っていたら、爪が甘くなってきました。
(画像では判りにくいかもしれませんが白の方)
フローラあたりよりは硬い素材を使っているようですが、やっぱり消耗品ですか(^^;;;
透明シャトルでさえ、爪がほとんどなくなっているのがありますからね。
山ほど持っているシャトルですが、いくつあっても足りないのって、おかしいですか?(ーー;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

編み直し

いろいろ雑多な野暮用もありますが、PC作業も再開しました。
その合間に買い物に付き合え〜とか、腹減った〜とか、休みになるとおまけも増えます(^^;;;

資料を見ながら、編み上がったものを見ると、どうにも気に入らない部分が出てきて、編み直しもしたりして。
結局、同じものを何枚編んだでしょうか。出来上がったものだけで10枚以上あります。
編んだ時間は多分2倍以上。思ったようにはなかなかいきませんね(ーー;;;

体験レッスンのための材料も集めたり、やることはいっぱいあります。
そろそろ更新データも……ですが、出せるものがないわ(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

落ち着くか

レース研究科でした。
またまた蒸し暑い、真夏のような気候でした。
大荷物を持って出かけ、荷物を減らしたつもりがまた本を増やして帰ってきました(^^;;;

時間内にはマクラメのブレード1本。タティングモチーフは途中のままになってしまいました。
後で続きをやらねば。
図案もざっと作っておかないといけません。

やるべきことは、まだ山ほど。
一つずつ潰さないと。

この暑さも火曜からは、落ち着いて一段落するみたいです。
あまり暑いと頭が働かなくなるからなあ……
一番いい季節のはずなのに(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

時間の問題

トーカイ小田原店のレッスンでした。
キャンセルが出たので、お一人様のレッスン。

白糸刺しゅう本科の最終課題。
カットワークのポーチの最後の仕上げ部分の確認をしながら進めてもらいました。
次回は時間などの都合上、自宅レッスンに振り替えになりますが、シャドーワークの下ごしらえをしてきてもらう予定です。

私はタティングのモチーフの目数調整をしながらでした。なかなか時間がかかること(^^;;;

夕食後、午前中にやっていたマクラメの図案描き。
思ったよりも時間がかかり、あっという間に夜中になってしまいました(^^;;;
もう少し手早くやらないとな〜
プリントアウトしたものを見たら、線と線の隙間をもう少し開けないといけないようです。
微調整が必要なんですが、これが案外時間がかかります。
直したつもりが漏れてて……なんてこともしょっちゅう。
プリントしたものじゃないと、画面だけではわからないこともたくさんあります。

じっくり手間をかけないと、綺麗なものはできないのです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やりすぎた

とうとう関節痛が出始めてしまいました(^^;;;
変形関節痛を持っていて、一番危ないところが右手中指の第一関節。
見事に腫れ始めてしまいまして、痛みもあるので、テーピングをして……

タティングやってます(ーー;

テーピングしてまでやることじゃないよね。
でも、とりあえず後一つだけ、やっつけてしまいたいので、がんばっています。
もっと早く終わる予定が押しまくり、予定を2日越えしています。
他のたたき台も作らなくちゃいけないのに。

休み中、稲の種まきで1日取られるので、残りは後2日。
どこまでできるのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

残骸の山と為す

ここ3日分の成果はゼロ。
とりあえず形にしたものの、バランスが悪くて没になったり、形が綺麗に整わなくて没にしたり。
結んではほどき、結んでは切り、いい加減イヤになってきますね(^^;;;

パーツパーツは使えそうなので、とりあえず保留にして、一つは形にしておこうと頑張っていますが。
今までにない作り方をしているので、どうしても無理のかかるところもあり、まとめ方にも苦労しています。

糸との格闘はまだ続きます。
他に先にしなくちゃいけないものがあるのに(ーー;;;

201705013

庭のミニトマトに花が付きました。
後で肥料もやっておかないとね。

201705014

プランターに移植した口紅シランも咲き出しました。
普通のシランの方がちょっと遅めの開花になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

20g

午前中に歯医者へ。
しばらくぶりの通院はまだ続きそう。
根幹治療が一度にうまくいかずに痛みも残っていて、痛み止めも処方されています。
もともと歯にかぶせてあった下が腐食したようで、1月半ばから歯茎の腫れ、口内炎、別件で顎関節症で診てもらった時は症状が治まってしまっていたのですが。
奥歯を噛み締めた時に痛みを感じてから沁みるようになり、治療をお願いしたのが今月に入ってから。

今年は風邪じゃなくて、歯の方に来たか……
体力と気力の問題も多々ありそう。

さて、タティングレースのモチーフと格闘中です。
預かったセベリア#30の50g。減ったなあと量ったら、残り30gでした。
タティングだけで20g使うって、結構大変です。
出来上がったものの重さは1/3に満たないかもしれません。
何しろ作っては捨て、繋げてはカット。
思った形にするには時間も労力もかかります。
指関節もそろそろ危ないので、あまり無理しない程度にしたいんですけど……

他の見本も作らなくちゃ。GWも休みなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏日?

ひき続き、夏のような気温の一日。
湿気が抜けた分、少し過ごしやすい天候でしたが、車の中はむわっと生暖かな空気(^^;;;

着るものに困ってしまいますね。また気温がちょっと下がるようですし。ちょっとだけ買い足した灯油がそのまま残ってしまいそうなので、どうにか使い切らねばいけません。

ボビンレースの小品も一応織り終わり、図案の修正と織り方の説明書を作りました。
説明といっても、全部は必要ないので、織り始めとピボットターンくらいかな。
対面で伝えられるので、最小限でいいかなと。

カルチャーの生徒さんのリクエストで、「うさぎ」を織りました。
ブレードで枠取りして、トーションステッチをメインに内側のフィリングを入れました。
一番多いところで、19ペア38本だったので、手持ちのボビンでできるはずです。
フィリングを変えた応用編も織っておきたいところですね。

2日時間が取れたらできるでしょう。
他に、ハンディクラフツのウエストポーチを横長にしてポシェットタイプにしたいという要望もあったので、急遽、元データを修正して、本体部分の製図をしました。100mのコードで足りるはず。

今のところは、タティングのモチーフの試作をやってます。
先生に預けたモチーフの部分を別仕立てにしてみています。
その他のものも考えねば。

講師養成講座の準備もしなくちゃいけませんが、まだそこまでできていません。時間を計るのを忘れるミスをしてしまったので、もう一度作り直ししなくちゃ(^^;;;
GW開けまでにできればいいかなと、ちょっとのんびり構えていますが、他のたたき台作りもあるんだった……

終わらないε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シャトルのお話

冷たい雨になりました。
満開を迎えた桜が散ってしまいそうです(ーー;
場所によってはまだこれからという樹もありそうですが、暖かかったり冷え込んだり、どれくらい花が保つのか、様子見をしています。

それより人間の方が風邪をひきそうですよ(^^;;;

自宅レッスンでした。個人レッスンでタティングレースの基礎からやっています。
ブリッジ(チェイン)の最後のピコつなぎの確認をしました。
基本のリングの花の最後のつなぎも2方向からのやり方がありますが、これにも使えるつなぎ方です。

他にダブルリング、重ねつなぎ、シャトルつなぎ、はさみつなぎの違いなど。
実際に結びながらの説明をしています。

私も作り直しのモチーフをやりつつ、100均のシャトル、クロバーのボビンシャトルの話なども。
100均のシャトルは入手済み。
シャトルの噛み合わせ部分がしっかり止まるのはいいのですが、糸をこすりすぎそう。角が厚いのと、上から見るとまっすぐな三角なので、小さいピコだとすくいにくい。バリもあるので、一旦綺麗にしてからじゃないと、糸を引っ掛けます。
あと、説明書と、動画の左手。なぜこれなのか……

クロバーさんのボビンシャトルは、これからです。
昔、一番最初に購入したシャトルはAeroのボビンシャトルでした。ボビンが薄くて、糸があまり巻けないのと、噛み合わせ部分のギザギザが、リングから持ち替えて巻き戻すので磨耗してすべってくるのとで、今ひとつだった思いがあるので、どう?と使った人に聞いてみたら、「カチカチ音がしないので、いいよ。巻き戻しもクルクル戻るよ」ということです。とりあえず自分で使い勝手を確認しなくては(^^)

普段持ち歩いているタティング用のポーチのなかに、数えてみたら、20個近くシャトルが入っていたので、全部でどれだけ持っているんだろうと思いますが(^^;;; 
増殖するのよ。いつの間にか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧