ガタガタ

今ひとつの天候で、出かけることもせず、1日刺繍三昧。
アレルギー全開中で、どうも体調も今ひとつ(^^;;; 風邪ひきかけ?なので、気をつけねば。

フィレの枠取りの規則的な部分を刺しているときは、単調な繰り返しで飽きるかなと思ったのですが、案外気分的には楽だったせいか、思ったよりも進みまました。
位置がずれてしまい、刺し直したことも何回か(^^; 
アンティーク作品はほとんどダーニングで、糸を行ったり来たりでマス目を刺し埋めることが多く、全部それではつまらないかなと一部布目のステッチを使いました。
ただ、あまりいろいろなステッチを使うと、元の作品とはかけ離れてしまうので、ステッチの変更はそれだけにしました。
あと、昔の作品って、ボタンホールステッチでぐるりと一周というのはほとんどないです。
端をそのまま使うか、別糸で縁取りのループを作って一周してあったりします。
今回はほつれたりしないように、ボタンホールステッチを使います。
ラインも1本だけでひょろっと入っていたりするのですが、ここはやっぱり、しっかり区切りを入れようと工夫もしました。

内側60マスの模様も図案と首っ引きですが、みっしりと刺し埋めるのが快感になってきました(^^;;;
細かい模様が面倒ですが、そこを乗り切ってしまえば、なんとかなるかな。

しかし、マス目がガタガタになっている所が目立つので、接写が出来ないなあ……
気をつけて結んでいたんですが、なかなか難しいです。
遠目で見て欲しい(__;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フィレレースに刺繍

フィレレースとフィレ刺繍の違い。

フィレレースはネット(フィレはフランス語で、漁網)を結んで作るもの。
地模様を作って、ネット自体を使うもの(糸を張って、一方方向に結ぶものや、中央から円形に結び出すもの)と、ネットを方眼に作っておいて、かがりや刺繍を入れるものとあります。

フィレ刺繍は刺繍用の生地の織糸を規則的に抜いて方眼状態にし、残った織糸に糸を巻きつけて方眼のマスをしっかりしておいてから、かがりや刺繍を入れるものです。

糸から作るものと布ありきのものとの違いですね。

さて、5週間かけて作ったネットをスクロールフレームに張るのに、目印になるラインを別糸で入れておき、フレームのベルト部分に綴じつけて、長い部分を巻きつけておいてから残りを枠に糸で張りました。
そこまでがめんどくさいですが、やっておかないと後がもっと大変。

Filet1

刺し始めはこんな感じ。
糸じるしがあるので間違いにも気が付きやすい(^^;;;
(早速2度もやらかしましたが)3日間のフィレ三昧で頑張りました。
月曜までは進めそうもないので、その後また続けます。
模様が出てきたら、それはそれで楽しいけど、面倒なラインが山ほどあるんだよねえ(ーー;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

終わったよぉ

もうちょっとだからと夜中まで頑張って152マス×250マスのフィレネットが出来上がりました。

20181021

なんと2時12分(^^;;;
日曜にまた寝坊したのは言うまでもありません。
フィレを作ったことのある方はわかると思いますが、方眼にネットを作るときには左右の端に2段に渡るマス目が出来ますので、1列余計に作っている勘定です。
作り始めて5週間。がんばりました〜

午後から伸ばし伸ばししていた庭の草取りもやり、枯れたシランやメドウセージも整理して、45ℓの袋2つ分になりました。とりあえずこれで落ち着いたかな。

夕方からフィレネットを例のスクロールフレームに張りました。
今度は刺繍が待ってます。
持ち運びにはちょっと嵩張りますが、いつも使っているキャンバス用のバッグに入りそうなので、研究科に持っていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

折り返しを過ぎて

アンティークフィレの復刻アレンジを作るために、せっせと152マス×250マスを1号棒針を目板代わりにして結んでいます。
普段使っている目板は1cm幅か5mm幅。1号棒針になると、3マスで約1cm。
5mmで作ると152マスは80cm近くなります。
巨大になるわ〜と小さくする予定でしたのですが、棒針だと、結び目の位置固定が結構大変。
合わせているつもりがちょっとしたことでずれてきます(^^;;;

手作りだから、いいのよ(^^)とみなさんに慰められつつ、せっせと結んで。
まず第1目標の152段にクリップ。「両側増やし目」から、「片側増やし目、片側減らし目」の長方形状態で、250段目を過ぎました。
250段にクリップして、あとは「両側減らし目」です。
一旦硬くなりつつあった指先は、糸の結び目ができるあたりの人差し指の腹に穴が開き(^^;;; 皮が1枚めくれました。
今は、そのあたりも他の部分と馴染み始め、今度は親指の腹が痛い。
日曜の稲わらをかき分ける作業で、指先を目一杯酷使したので、そのせいもあるのですが。
ぼちぼちやりますわ。

PC作業の第2段も始めなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

切れる糸

フィレレースの第一目標は152段。
そこで角を作り、左右両側で増し目していたものを、片側は1目増し、反対側は1目減らすことで長方形の辺を作り出します。
増し目している方は長辺、減らしている方は短辺になります。
そこを越えたところで、10目くらい結んだ時にふっと糸が切れました。

目板を使っている時は板の角で糸をこするため、引きちぎることもちょいちょいあるのですが(^^;;;
今回は、切れたところの糸がほどけたようになっています。

多分、3本撚りのうちの1本を繋いでいたりしたんでしょう。
諦めて、その段は一旦切り落として、最初の目から結びなおしました。
最初の方で良かったなあ。と思っていたのです。

夜、ネットを再開したら、今度は1目めで同じように切れました……
糸をつないだばかりでさあ、と思ったところでしたから、何だか気が削がれました(^^;

DMCのコルドネ40番を1号棒針で結んでいます。そうそう切れるものではないのですが、1日に2回という珍しいことが起きましたよ。

半端の糸で始め、1玉使い切って、3玉めに入っています。この玉はどうかな〜
ネットの段の途中で繋ぎたくないので、端での糸替えをするのです。
半端もたくさん出ていますが、これはネットへの刺繍で使えるので無駄にはなりません。
最終的にどのくらい糸を使うのか、見当もつきませんが、引き続き頑張ります。

と、いうところで、お仕事到来。
こちらも期限ありなので、早めに取り掛からねば。

また台風24号が日本縦断していきます。
大丈夫かな……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フィレだこ

一日お休みだったのに、データも作らずフィレネットを作成中です。
単調な作業ゆえ、飽きないようにビデオを見たり、動画を流したりしながらやっていますが、
しばらくするとあちこち手が痛くなってきます。
右手は糸を巻きつけて引っ張る時に、親指の根元近くと小指の第1関節あたりをこするので、摩擦で切れそうになったり、左手は人差し指と親指の腹が糸が擦れて痛みます。
毎日続けていると、指の腹にフィレだこが発生しますが、そろそろ硬くなりつつあります。
これだけやり続けるのも久しぶり。

関節痛があるので、休み休みですが(ーー;;;

こればかりは何かで保護するというのが難しいのです。
テープ類だと糊のペタペタが糸につきますし、シリコン系の指サックだと色移りしますしねえ。
使っている棒針もそろそろ別のにしないと、糸で削れているはず。
(何せ、かぎ針の先でさえ、糸の摩擦で削れましたし)

余裕のあるうちに進めておきたいので、ちょっとがんぱってみます。
まだ最初の目標の150段までには届いていませんけど(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

どこまでできるか

先日、アンティークフィレレースから製図を起こしました。
それに使えるかなと、とりあえず3mmマスになるようにネットを結んでいます。
その製図に使うようだと110マス×110マスが最低必要。
余裕を持って112マスまで結んだところで、折り返そうかと一旦休み。

もう1枚、製図を起こしたものは横長でA34枚半に成る巨大なもので、そちらは長いしと、躊躇していたのですが、えいやっと1日かけて修正製図を起こしました。
いろいろ目数合わせをして、アレンジしまくりですが、なんとかバランスをとることに成功しました。

これ、クロスステッチにしたほうがいいかもしれない(^^;;;

とりあえず、製図に合わせて、152マス×250マスのネット作成をしてみます。

以前やりかけた5mmマスのネットも刺し始めてから忙しくなってしまい、枠から外してしまって、ほったらかしになってます(^^;;;

どこまでできるか、とりあえず頑張ってみましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アネモネのモチーフ

『DMC BABYLOの糸を使い切ろうプロジェクト』で作り始めたモチーフ

20180908

灰味の水色の926番と紺823番で作っています。間のピースは、もっと前に廃盤色として購入したブルーグレー318番で。
同時に購入したピンク818番、水色800番があり、今回廃盤の灰味のピンク224番、ライトグリーン369番、薄茶3864番が手付かずで1個ずつ。薄茶はタティング&ヘアピンのベストを作った残りなので、どこかにまだ半端があるはず……

結構あるわ(^^;;;
50gの玉なので、持ち歩くのにも結構かさばります。
とりあえず今の配色で水色のモチーフを作りきったら、配置を決めて、別色モチーフを作り足すのか、別の企画をするのか考えようと思います。
う〜ん、最初に地味ながらインパクトのある配色にしてしまったから、跡の配色が薄い色ばかりでホワンとしています。
眺めていても糸は減らないので、結びましょう(^^;;;

リズベスの糸も、モチーフ作っただけなので、それほど減ってないのです。
糸大臣、布大臣なので、消化を考えないと(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3歩進んで

20180917

フィレネット制作中。
目板を使わず、棒針でネットを作っているのですが、広げてみたらどうしても気に入らない、妙に大きめのマス目が続くエリアが出来てしまっていて。

しばらくう〜むと悩んだ後、切り落とすことに。

84段から76段に戻ってしまったわ(ーー;;;
切り離したところには、それ以前に比べて、もっとあちこち緩めきつめのマス目が散在しているので、切って正解かも。

引き加減が強すぎだとレース糸とはいえ、いくらでも縮んでしまうので、手加減が重要。
引き続きがんばらねば。
1/4を越えたと思ったんだけどなあ。
落ち着かねば(^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プリムラのコサージュ

一日シャトルと戯れて、こんなのが出来上がりました。

Primrose1

花4輪と、小さなつぼみを一つ作って、コサージュに仕立てました。

普通に鉢植えみたいにも作れそうです(^^)

うっかり本腰入れて作ってしまったので、フィレネットがすっかりお留守です(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧