Merry Christmas!!

クリスマスですね。今年もあと1週間ですね(^^;;;
暴飲はしないけど、暴食状態です。ちょっとセーブしないと……

手づくり手帖の付録のハーダンガーが出来ています。

201612241

ボタンホールステッチの角はしっかり作りました。丸い角もいいですが、やはり、かっちりした角が好きです。
この向きだとあまり違和感ないと思いますが、

201612242

こう置くと、布の縦横比が違うので平行四辺形になり、ゆがんで見えます。
ちょい違和感ありますね。
作るときになるべく寄せて刺したので、布が残っているのですが、さて何になるでしょうか。
ヘリも斜めだしね(^^;;; 
ハーダンガーの場合は、だいたいダイヤ型に模様を作るので、四隅が三角に残ります。これをいつもどうしようか考えて、そのまんま、残っていることが多いです(^^;;;
栞などにでもしようかな。

買い物から帰宅したら、近所の屋根にこんなものが。

201612243

白とグレーの鷺が隣同士の屋根の上に立ってました。
目の前の川には、鴨などとよくいるのですが、屋根に並んでいるのは珍しいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仕付け完了

最後のリトルピースの作品として、クロスステッチのサンプラーをキルト仕立てにしています。
先日、リバースアップリケにして、刺しゅう部分を紺地にのぞかせたトップが出来上がったのですが、そのあと、あれこれと忙しくなってしまい、10日も経って、やっと「仕付けしなくちゃ」と立ち上がりました(^^;;;

110cm×118cmのサイズは久しぶり。
這いつくばって中央から仕付けがけできる体力もないので、テーブルに裏布を端から広げて反対側に残りを垂らし、キルト綿、トップとクリップで固定してからマス目状に仕付けがけ。

これでも中腰が続き、立ったり座ったりを繰り返しながら、ようやく仕付けが終わりました。
とりあえず、他のもあるので、様子を見ながら進めます。
今月中に出来上がらないといけません。頑張りましょう(^^/ オー

でも、キルト綿のほこりで目がかゆい……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シュバルム刺しゅうのビスコーニュ

ビッグサイトで開催されるキルト&ステッチショー2016が15日に迫ってきました。
レッスンなどの都合上、行ける日が限られてしまいますが、是非、見に行ってきたいと思います。
ただ、遠いんですよねえ。国際展示場は……

私もビスコーニュコレクション100に参加しています。
細かめの布で、色糸を使ったシュバルム刺しゅうをしてみました。
中央にも糸ボタンを作り、止めています。
10cm角という小さな作品ですが、会場で見つけていただければ幸いです。

20160912


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秦野カルチャーのイベント見本

ワークショップ用の見本を作っています。
あまり時間をかけずに、形になって、可愛いもの。
なかなか難しいお題をこなさないといけないのですが、今回は思い切って大きなマス目でザクザク刺すものを考えました。
バランスよく配色も多くなくと、3色構成でいくつか考えたのですが、やっと決まって刺し始めました。
これも8月中にやらなくちゃいけなかったものです(^^;;;

レースの方は、すでに見本ができているので、図案を起こしてセット組みをしないといけません。
2日間、数をいくつ作りましょうか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニードルポイントピンクッション その3

20160828

小さいピンクッションなのと、キャンバスが固いので、開け口からひっくり返すのが大変でした。
角をしっかり出して、綿を詰め、開け口を半分残して閉じ、コードを縫いつけました。
できれば、布を縫うときには濃いグリーン、コードを縫い付けるときは、藍色の糸があればいいです。

蒸気を入れたらウールが少しふっくらになりました。
可愛く出来上がりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

刺繍博物館サンプラー その25

さて、実質25日目で、サンプラーが刺し上がりました。
期間的には3月23日から6月15日まででした。
サンプラーの元の年度はそのまま中央に入れ、刺し上げた年度をその枠外に斜めに配置しました。

Crossgerman06151

スクロールフレームから、外してみました。これで一応、全体像が見えます。

Crossgerman0615

額装をすべく、手持ちのものに合わせようかと思ったのですが、意外に大きく、内径50cm角が必要になり、購入することになりました。
額装したものは、9月更新の本家サイトにて、ご覧ください(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニードルポイントピンクッション その2

月曜の研究科は、結局休講になり、日付の変更連絡が入りました。
準備した荷物を元に戻したのですが、また来週作らねば。

イベント用販売品も作りつつ、ニードルポイントも仕上がりました。

20160823

テントステッチは斜め1本なので、どうしても平行四辺形に歪みが出ます。
アイロン蒸気で歪みを直すのですが、アイロンを出すのが暑くてねえ(^^;;;

あまり時間を置かずに仕上げてしまわないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニードルポイントピンクッション その1

レース研究科だったのですが、台風の進路と出かける時間の雨の具合で、家族に止められまして(^^;;;
自主休講してしまいました。アシスタントだったら、這っても行くのですが、無理するなと。
旦那と長男が出かけるのは、6時半過ぎだったので、雨もまだ「時々大雨」状態でしたが、案の定、7時を過ぎる頃には土砂降りになったりもして、「これはやめておこう」ということになった次第。

思いがけなく、オリンピックの閉会式も見ることができ、手を動かしながら少しでも進めようと家でおとなしくしていました。

日本のパフォーマンスも格好よかった(^^) こんなにスタイリッシュな演出ができるんだったら、本番の2020東京大会も期待していいかしら。
古くからある伝統芸能だって、世界的に活躍している人たちがいたりするんですから、そういう風にアピールできるものを、最先端の技術と一緒に表現してくれたらいいなあ。

ブラジルのレースのアピールにも、びっくりしました。
ボビンレースも綺麗でしたが、雨の中ですよ…… ピローも雨を吸っちゃいそう。
あれだけの幅を折るのに時間もかかるでしょうに(^^; 
日本のスタジアムも開放型だから、雨、今年みたいに台風直撃なんてことも有り得ますよね。
小池知事もあとでインタビューに答えていましたね。

20160822

日曜から取り掛かっていたニードルポイント。
その1と言いつつ、ほとんど終わってしまっています。
あとは周囲の枠取りだけですが、付録についている図案に2箇所、記号抜けがあります。
本誌の写真の方には記号がありますし、出来上がり写真からでも色がわかります。
あと、同じ太さに作られているアップルトンのウールですが、やはり少し太さに差があります。
ちょうど細いところ同士が2本取り状態になっているところだと、ステッチの下地が少々見えてしまいます。
アイロンの蒸気で、ふんわりできるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

刺繍博物館サンプラー その24

お盆のお墓詣りに行ってきました。
東名高速は行きは良い良い帰りは怖い状態でしたから、帰りは一般道を使って帰ってきました。
28度から30度といった気温で、湿度は高かったですが過ごしやすかったです。墓参にはいい曇り空(^^;;;

さて、24日目のサンプラー

Crossgerman0614

男女と木の土台部分ができてきています。規則的な煉瓦積みみたいなパターンなので、なるべく無駄の出ない刺し順を考えつつ、上がったり下がったりして刺していました。

あとちょっと(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

刺繍博物館サンプラー その23

ちょっと涼しいけど、湿気でじっとりという室温30度。
いまひとつ、調子が出ないと思ったら、ちょっと咳が出始めて、風邪? という感じ。気をつけないと。

さて、23日目のサンプラー

Crossgerman0613

終わりが見えてきて、スピードアップしています。
男女の下の土台の図案を横目で見ながら、早くたどり着きたい一心。
この数日は一気に進んでいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧