今年のMystery SAL は

去年までと同様かと、55cm×110cmのアイーダを用意していたのですが、
なんと正方形(^^;;;

縦中央と上辺のしつけ掛けまで終えていたのですが、あちゃー状態。
スクロールフレームにかけていた布の上半分を使うことにして、中央ラインと20マスごとにしつけの糸を入れました。
この準備が結構手間です。
刺し始めるのに夕方になってしまいました(^^;;;

例年、元日は実家に行くのですが、咳も出ているしと遠慮して家でゆっくりしていました。
一日家から出ない元日なんて、何年ぶりだろう……
帰国以来か!?

進められることはやっておいて、休み明けに備えねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.15

本の整理で寒いところで1日作業していたせいで、どうも風邪っぽい(^^;;;
熱はないものの、咳やくしゃみ、埃からくるアレルギーで目も鼻もまずい状態のうえに頭痛まで。
ちょっと大人しくしておきます。

さて、佳境に入ったMystery SALです。

Linen2018123

完成間近。
やるべきことはやってしまわないと(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.14

Merry Christmas!!

Linen2018122

中掃除が続いています。
窓拭きで肘関節の痛みが発生。腱鞘炎の大元ですが、あちこち細かいところをこすっているので人差し指の根本と第1関節が痛み始めました。
こればっかりはなあ…… 後はゆっくりしたいものですが(^^;;;

さて、Mystery SALも大詰めです。年内仕立てまで行きます。
外枠に使用する布の色がどんぴしゃです(^^)
布だけ見ていると派手ですが、ステッチの色が落ち着いた感じなので、去年のと並べるといい感じです。
ただ、布目が今年の方が若干大きめなので、出来上がりサイズに差が出てしまいました。
刺している間はそんな感じもしなかったのですが、2.5cmで1カウント近く違いました。
これはしょうがないので、そのまま仕立てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.13

さて、そろそろ手をつけないと。
ということで、Mystery SALを始めました(^^)

Linen2018121

初日はまだまだこんな具合。
日曜は頑張ろうかなと思っていたのですが、いろいろ気が抜けたのか、ずっと眠い状態で、ほとんどできませんでした。
体温を測ったら、35.6度。ずっと37度台だったのが、随分低くなりましたね。
そりゃ、眠くもなるわ(ーー;;;
このところ、頭痛もするようになったし、体温が下がると免疫力も低くなるので、風邪をひかないように気をつけなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.12

新しい作品のデザインを考えていて、思ったような線がうまく引けないうちに、夕食の支度とあいなりまして。
一度リセットした方がいいラインが引けるかもしれない(^^;;;
別のことを先にやってしまおう……

さて、Mystery SAL の11月分の拡大です。

Mystery201811

ボーダー部分はいつも同じような配色になってしまうので、薄い色を使ってみたら、どうも模様がはっきりしなかったですね。

刺しているうちに、薄いかな〜と思い始めたのですが、たまにはこんな感じでもいいかなと。
いつも同じ濃い色ばかりだと、色を変えてもあまり変化がないようなので。

ということで12月分も発表になっています。
一番上に男性がいて、一番下には同じようなつる草に女性がいます。
去年のとはかなり違った完成図になっています。

来年はどんな風になるのかな。とりあえず、同じサイズのアイーダが1枚残っているので、それを使う予定でいます(^^;;;
鬼に笑われそうですが、来年いっぱいの予定が既に決定しているので、こちらから笑ってやります(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.11

一日PC作業中。やれる時にやれることをと進めています。
腱鞘炎がおさまっていたのに、時々また引きつる痛みが出始めました。
冷えたのが一番だと思うのですが、なかなか治りませんねえ。
休めないのが一番悪いのはわかっているのですが、何もしていない時に痛いというのはいただけない(ーー;;;

さて、Mystery SALの10月分。

Mystery20181001

両端の人魚から始めて、色の同じものをなるべくまとめて刺してしまおうと思ったのが運の尽き。

Mystery_2018102

魚の一番下が1列空いているのをすっかり失念して刺してしまいました(^^;
人魚の尻尾との間を確認していて、「ずれてる?」と。
ステッチ自体は間違っていない。直すのもなあと、そのまんま進行〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクロールフレーム

刺繍布を張るために使うものとしては、一番知名度があるのは丸枠ですね。
木材をたわめて丸くして、ネジで開け閉めすることによって布を下の枠にフィットさせます。
日本刺繍などでは四角い枠にピンと糸で布を引っ張って張ります。
文化刺繍用の枠は画鋲止め。
クロスステッチなどの布を張るのには、スクロールフレームを使います。
丸枠のようにシワにならず、巻き取ることが出来るので、長い布でも使えます。

私も各種持っていて、テーブル上でL字型の木枠のLの端に布を張るバーを通す穴が空いているのとか、横木に凹状のくぼみがあって、丸棒をくわえる形になっているのとか。
それぞれ丸棒も長さが数種類ありますが、あまり短いのは使いませんねえと思っていたのですが、この夏、ビーズ刺繍をするために幅の狭い布を使ったので、重宝しました。

今回、フィレのネットを張るのに、全体分の木枠だと、幅も広いし長いので、重くなるし手も届かないしと。
ちょうどいいサイズのは現在Mystery SALで使っているので……

作るか(^^;

ということで、あれこれ木やネジなどを調達して、

20181014

日曜大工しました(^^)

一番シンプルな形で、Mystery SALの張ってあるのと同じ形。そちらはインチサイズなので、ちょこっと幅やネジのサイズの規格がちがいますが。

木に穴を開けようと準備していたら、俺がやってやるとばかり、旦那が電動工具などを引っ張り出してきました。電動は早すぎてずれたら怖いからと言ったのですが、聞きもせず。
丸棒の中心から見事にずれてくれまして(ーー; ガーッと回るから、一度変なところに穴が開くと、修正しようと思っても、また凹んだほうにドリルの先が吸い寄せられて。
私が最初に手動ドリルで開けたほうが綺麗に空いてるよ……
なんだかんだととりあえず完成です。

工具だの、スパナだの、いろいろ道具は揃っているのでした(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017 Linen and Threads Mystery Sampler vol.7

本家サイトでも更新しましたが、2017年のMystery SALが完成しました。
今年の分はDMCの新色の紫4色で刺していますが、こちらは手持ちの在庫を使ってしまおうと、ピンクと緑を総動員しています。
なので、DMC、Anchor、オリムパス、コスモ、Violay(これはキット会社のキットについていた糸なので市販されていません。少なくとも、40年くらい前の糸)が混在しています。
物持ち良すぎなのと、キットに使った糸が残っていたりすることが多いので(^^;;;

中途半端な量だと、1月分を刺すのに足りないかもと、モチーフごとに色を変えたりしています。
あまり薄い色だとベースが生成りだったために、目立たなさすぎて刺し直したりしました。

Crossmystery2017finish

完成品。フクシアピンクの生地で裏打ちしたまま、前側に回して額縁仕立てをしました。
今年の分は同じ生地で紫色を購入済み。
並べて飾ろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新旧のパッケージ

ビーズには色々な種類があります。
大きさ、形、サイズ、材質によって、さまざまに区分けされています。
通常よく使われるのがグラスビース(ガラス製)の丸大、丸小あたりでしょうか。
ここしばらく、あれこれ試行錯誤しながらビーズを刺しゅうに取り入れていましたが、同じサイズの場所に刺し込むのにサイズと種類を変えて何度も刺しては解き、刺しては解き。
色の組み合わせが合わないとまた解き。

やっと組み合わせが決まって刺し始めました。
今回使っているのはデリカビーズ。シリンダービーズという筒をカットした形のビーズです。
穴が大きめなのと、形、長さが均一というのが一番の決め手でした。
刺した面が綺麗に揃っているのも大事。

手持ちのビーズで刺していて、不足分を買い足しに行ったら、パッケージが変わっていました。

20180807

3gのパッケージなのですが、蓋の部分が非常に開けやすくなりました。
今までは爪で引っ掛けて、押し込んである縁を引きあげるタイプでしたから、勢いよく開けると中身が吹っ飛びます(^^;;;
新しいタイプは指先でつまんで引っ張り上げるか、本体を握ってから親指と人差し指で押し上げるように開けるとゆっくり開けられるので、吹っ飛ぶことはありません。ただし、中身がたくさんあるときに蓋を閉めるのは、そのまま押し込むと中身が引っかかって締まり切れないことがあるので、少し回しながら閉めると蓋の裏の空洞にビーズが落ち着いてくれます。

今回、色合わせであれこれ余分に買い足してしまったので、別途ちゃんとビーズ織りにしようかななどと思っています。糸を使う手織り機は卓上でもかなりのサイズになりますが、ビーズ織り機だったら場所をとらないので(^^;;;

さらに新しくやることを増やしてどうすんじゃ(^^;
いや、基礎本は持ってるし。かなり昔にね〜

と、言い訳をしておきます(ーー;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017 Linen and Threads Mystery Sampler vol.6

Linen2017082

8月更新で少し進めるので、こちらでも2017年8月分までをアップ。
ビビッド系の配色で、カーネーションを刺しました。

このあともどんどん刺し進んでいました。
やれる時間のある時にやってしまわないと、あとで仕事が来るのがわかっていたので、急ピッチの作業でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧