加賀ゆびぬき結の会 作品展とキルトフェスティバル

東京交通会館でのゆびぬきの展示会は全体で行うのはこれで最後だそうです。
人数が増えて、入りきれない(^^;;;ということで。
それぞれケースいっぱいに作ってある方、数は少なくとも、自分なりのつまみ細工やレース、お雛様、クリスマスツリー、花や布などで飾ってあったり、見せ方を工夫してありましたね。
指ぬきの模様も鳥の種類が増えていたり、サルもあったり、小さいものなので、覗き込んで見てきました。
楽しい(^^) 28日(土)までの展示です。

東京ドームのキルトフェスティバルも3年ぶりに、やっと行けました。
2m級のキルトがずらずらっと並び、一体どれを見たのやら分からなくなるほどでしたが、賞の部門も細分化されてきて、最近の傾向もなんとなく理解しました。
ミシンキルトも以前に比べて段違いに増えてきましたが、やはりハンドキルトの柔らかさが好きですね。
ショップの方も、一回りしてきました。
アンティークレースも久しぶりに買い込んでホクホクしております(^^)
あちこちで話し込んで、レース糸や布なども買って、使わないとなあと眺めています。

気分良く帰ってきて、カリキュマクロスレースのおまけのパターンの残りの作業をやってしまいました。
やっと、本業のお題に戻れます。
というか、予定が5日も早まっていたのを知らなかったので、ちょっと慌てて少しでもやっつけておかないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私の家族  平井陽子作品展

麻布十番ギャラリーにて開催中です。
麻布十番の7番出口を出て、すぐの横断歩道を渡り、ファミリーマートの角を曲がるとすぐに看板が見えます。

マガジンランド社「平井陽子の小さなクロスステッチ」の作品が並んでいました。
また、カラフルな大きな額もありました。
久しぶりに会って、いろいろ話をしてきましたよ(^^)

相変わらず細かい。(さらに細くなってる?)
それでも、「もうこの細かさはできないかもしれない(^^;;;」そうですから、みっちり小さな針目をぜひご覧いただきたいです。

こういうのを見ると、また刺したくなるのですが、ここまではなかなかできないです。
また隙間時間を見つけて、刺繍もしたいですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お知らせ:加賀ゆびぬき 結の会 作品展 〜絹糸万華鏡 最終巻〜

20170114

1月23日(月)〜28日(土) 午前10時〜午後7時または6時 最終日4時
有楽町 東京交通会館2Fギャラリーにて

結の会全体としては最後の展示会になるそうです。
最近はすっかり「見るだけ」になってしまった指ぬきですが、分割と刺し方を考えて刺すのは楽しかったです(^^)
これもしばらく作らないと、思うように手が動かなくて、綺麗に刺せないですね。

ひと段落ついたので、年末にやるはずだった確定申告用の医療費の一覧を作ってました。
作ったあとで、レシートが漏れていたのを見つけたり、まだ修正の余地ありです。
どちらにしろ、健康保険組合からのリストが3月中旬にならないと出ないので、本格的にするのはもう少し先になります。
まだやり残した書類整理があるので、そちらも進めておかないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

展示会のお知らせ:私の家族 

20170105

平井陽子さんの展示会のお知らせです。
1月18日(水)〜23日(月)11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
Azabujuban Gallery 港区麻布十番1−7−2 エスポワール麻布102

マガジンランド社「平井陽子の小さなクロスステッチ」の作品が並ぶようです(^^)

201701051

本はこちら(^^)
相変わらず細かいですね〜
私も去年、花糸のサンプラーを刺しましたが、普通サイズでしたから。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キルト&ステッチショー 大阪会場

さて大阪でも開催されるキルト&ステッチショー2016が15日に迫ってきました。
さすがに大阪だと、金曜までレッスンもあるし、お題もやらねば(^^; なので、行くことができませんが、
ビスコーニュコレクション100に参加している作品だけは大阪の空気を吸ってきます。

20160912

お近くの方は是非、ご覧いだければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10月更新と第3回日本におけるイタリア刺繍作品展

10月になりました。あっという間に今年の予定も詰まりまくってきています。
溜まったことをやっつけなければ。
10月2日まで、九段下のイタリア文化会館にて、第3回日本におけるイタリア刺繍作品展を開催中です。
イタリアの講師陣による作品たちが、また見事です。
プントアンティーコのテーブルセンターずらり。 アエミリアアルスのモチーフ、ハンカチ、クッションなど、本に載っている作品たちもずらり。
生徒さんの作品や、20cm以内のコンテスト作品も展示されています。
なかなかない機会ですから、ぜひ(^^)

私もアエミリアアルスの1日レッスンを受けてきました。
イタリア語をアシスタントさんたちの通訳で、手元を見せてもらいながらのレッスンでした。
いや〜、習うって楽しい(^^)
思わぬ人にも会いまして、楽しい1日でした。

さて、そんな中、ネット環境をだましだまし、細切れ接続の中、なんとか本家サイトの10月更新です。
月末ばたばたで、データも少なく、作っているものの割に更新量が少ないです。
次回はもうちょっとなんとかしたい……

◆ニードルワーク  
 (10月)刺繍編 ビスコーニュ Blaue Garten
    リトルピース編 パローツ ⅩⅩⅩ
◆ガーデニング
 (10月) 9月の庭

◆教室のご案内
  自宅、トーカイ小田原店、秦野カルチャーの各日程を表示
12月までの日程です。来年以降も予定がぼちぼち入ってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お知らせ:第3回日本におけるイタリア刺繍作品展

20160922

開催日: 2016 年 9月 28 日(水)~10月 02 日(日)
時間: 11:00 〜18:00
主催 : 日本イタリア刺繍普及協会 インカンタ
協力 : イタリア文化会館
入場 : 無料
会場 : イタリア文化会館 エキジビションホール

思えば第1回から、見に行っていたんですね。日本ではなかなかないイタリア刺繍、レースの展示会です。

今回の作品展では、プントアンティーコ協会のイタリア人講師たちによるプント・アンティーコ、アエミリア・アルス、パニカルレースの作品などを展示されるそうです。

材料だけ購入して、作品にする時間がない状態です。少しでも刺激を受けて来られればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キルト&ステッチショー2016 東京会場終了

ビッグサイトで開催されていたキルト&ステッチショーが終了しました。
最終日になりましたが、行ってきました。
入り口を入ってすぐにビスコーニュコレクションが並んでいましたね(^^) 
見知った名前をいくつも見つけました。
すぐそばに久家先生のアンティークのバッグも並んでいましたが、メタルビーズで作られているもの、チェーンで作られているものがあって、思わず覗き込んでしまいました。
友人ともあって、久しぶりなので1時間も話し込んでしまったり、あちこちの展示作品をぐるぐるみてまわったり、レース糸を買い込んだり、楽しんできました。
今回はお土産でちょっとしたボタンパーツを買った他は、額とレース糸、ケルティックタティングシャトルくらい。布は増やさないように見るだけになりました。
大島の古布を手にとって、うーむとうなったあとで、戻したり(^^;;;

久しぶりにキルト作品もたくさん見ました。刺しゅうとのコラボ作品も多く見られました。
キルト用のミシンのデモンストレーションもたくさんありましたね。ロングアームや刺しゅうレースの出来るものも。
思わず立ち止まり、しばらく見とれてました。なかなか個人では家に置くことが難しいサイズですが、やれたら楽しいでしょうねえ(^^)

20160917

帰りがけ、近所で桜の咲いているのを発見。
3mはない細い木でしたが、木全体にちらほらと咲いていました。
8月以降、天候不順で涼しい日もありましたからねえ。10月桜ではなさそう(オオシマザクラに近いピンク色の花でした)ですが、やはり、狂い咲きでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Quilt & Stitch Show 2016

20160903

東京ビッグサイトにて9月15日〜17日(10:00〜17:00)
マイドームおおさかにて12月15日〜17日

キルトと刺しゅうのコンテスト、展示、マーケットの一大催事になります。
私も小さいですがビスコーニュのピンクッションをひとつ、出させていただいています。
作品の提出時に「作家名」を書く欄があって、「作家」なんて、おこがましいと思いまして、
「いいんですか?」と思わず聞きに行ってしまったほどです(^^;;;
講師として教えていますけれど、作家って、どこまで言っていいものか……
ちょっと考えたりしました。

何にしろ、今月後半から来月にかけて、イベント続きであちこち忙しいです。がんばりしょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「風の花」 針の会レース展

ヴォーグ学園レース専科金曜クラスのレッスンでした。
お天気に恵まれ、日が当たるとあっつい(^^; 状態でした。

午前中は通常レッスン。
バテンレースのステッチ順や、テネリフレースの糸のかけ方、まとめ方など。
ボビンレースの角の織り方、タティングレースの基本の花の最後のピコのつなぎ方などなど、それぞれの疑問点に答えていました。
午後からは、銀座で開催中の針の会のレース展の見学へ。
一度に行くと、いっぱいになってしまうからと、三々五々に出かけることになりました。
生徒さんたちが全員出かけたのを確認してから、教室をあとにしました。

会場は外側から見てもいい感じ。小さなアンティーク風のテーブルの上にふわっと広げられたカリキュマクロスレース。ウエアが2点。
中にはウエアものを中心に額装、ショールなど平面ものなどがずらり。
みなさん最後まで頑張ってましたね〜 ついこの間まで、コードを縫い付けてたのにと思いながら見てました。
丁寧な仕事がたくさん並んでいます。時間もかかります。ウエアとなると、仕立ても入ってきます。
ワンピース、ベスト、カーディガン、被布など。繊細な仕事です。
作品番号を見て、名前を確認すると、やはりその人の雰囲気が出ているな〜と思いました。

会場で、懐かしい顔にも会えました。
久しぶりに話をして、なんでか、お二人ともに「涙が出てきちゃった」と言われましたよ(^^;;;
安心する顔だったみたいです。またお会いしましょうね〜

いろいろたくさんの刺激をもらって帰ってきました。
次は何にしようかな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧