レース専科金曜クラス 2019年7月12日

気温がそれほど高くならないというので、薄い上着を1枚羽織って行ったら、動くと湿気で暑くなるという小雨の一日でした。

みなさんそれぞれ作品に取り組んでいます。

10月から開催されるレース部門の学習会の日程もほぼ決まってきたので、その話題もあったり、いろいろ楽しい1日でした。

7月はあと一回。8月は第4週のみなので、次回はそれぞれやることを決めて、聞くべきことを確認してくださいね。

 

帰りは雨も気にならないくらいで、帰宅することにはすっかり止んでいました。

これから暑くなるようです。熱中症にご用心(^^)

| | コメント (0)

トーカイ小田原店 2019年7月9日

エルニーニョ現象が終了するそうで、これから通常の夏が戻ってきそうです。あくまで通常、平年通りが望ましいです。猛暑や酷暑はお呼びではありません(ーー; 体力的にも庭仕事的にもあっついのは要らん。

曇り空の作業でしたが、やっぱり日焼けはしてましたね。擦り傷切り傷に加え、草かぶれを起こし、真っ赤になっていた腕がちょっと落ちついたら、「うん!日焼けしてるわ〜(^^;)」 次は暑くても長袖にします。

とりあえず、気になっていた草ぼうぼうからちょっと解放されて気持ちいい(^^)

芸能界でもジャニーさんが亡くなられて、くも膜下出血について、子供達とあれこれ話をしたりしましたが、こればっかりは歳だけじゃないし。

血管の老化やストレスで血管の分岐部分に余分な力が加わったりして、血瘤ができて、何かのきっかけ(くしゃみなどで血圧が一瞬上がっただけでも)で破裂すると、ひどい頭痛、めまい、悪寒などが起こります。破裂した箇所、血液の量によって、そのまま亡くなることもあるし、1回目は大したこと亡くても2度目に大出血なんてこともあるし。手術ができればまだ良し、できないまま経過観察するしかない場合もあります。

手術後も意識がどれだけして戻るか、全く人によって違うし、リハビリでほぼ以前と同じように暮らせる人もあれば、麻痺が残ることもあるし。

体質的な問題もあるので、頭痛がひどい時には「これは何から来た頭痛?」と考えてました。

以前は、頭痛持ちで、ガンガン上から殴られるような痛みもたまにあったのですが、最近はそれほどひどい頭痛は無くなってきたので、年取って体質も変わってきたのかな。低気圧で頭が重い時もありますが(^^;;;

 

さて、トーカイ小田原店のレッスンでした。

パッチワークの方達は都合でお休みでしたが、その他の皆さんは元気に作業を続けています。

タティングレースは基礎モチーフで、糸をつなぐ時のやり方。ゲージ取りの話もし、モチーフつなぎのしおりの気をつける部分の確認もしました。

カリクマ(Mary’s style)のステッチと糸繋ぎの確認も。

ハーダンガーは織糸をカットする場所とかがりのやり方。糸引きのバランスも見ました。織糸をぎゅうぎゅう引き締めると全体がつれていってしまうので、ほどほどにね。

次の作品の相談もしました。今は白地に薄いピンクで刺していますが、今度はWhite on Whiteです。基本の配色です。

 

わたしもハーダンガーバージョンのワイヤーペンケースが出来上がりました。多色の地味派手な色です。

キットを組むべく、考えましょう(^^)

 

| | コメント (0)

自宅レッスン 2019年7月8日

20190708

 

朝、掃除で汗をかいたついでに、ポットのナスタチウムをあちこちに定植しました。

ポットから外した途端、根元が取れて、根っこが1本だけ。なんてのも数本ありました。雨続き、天候悪しで育ちも悪く、半分くらいしか育たなかったので、これからどうなるか観察してみます。

ざる菊の隙間にピンクが見えたので覗いてみたら、朝顔の1番花です。つるもろくすっぽ伸びてない20cm位の高さで、蕾が付いているのも知らないうちでした(^^;;;

他にもつるが伸びている株もあるのですが、やっぱりひょろひょろ。肥料を振り撒いておきました(^^)

 

ざる菊もポットに挿し木してあるのも、そのうち定植しなくては。

 

さて、自宅レッスンでした。

お休みの方もいましたが、それぞれ作品に取り組んでいます。

パッチワークはアップリケの真っ最中。配置や配色はほぼ終わった感じ。後はひたすら作業して、このモチーフが出来上がったところで周囲のパターンを考えるそうです(^^)

 

ハーダンガーのテーブルセンターは延々続いたアイレットが終わり、ケーブルステッチに入っています。

カットラインの説明と、ボタンホールステッチの位置も確認しました。また続けて作業ですね。

 

白糸刺しゅうでシュバルムを始めた方。

基本モチーフで図案の写し方、コーラルステッチ、チェーンステッチの作業を始めています。

はまりそうですね(^^)

| | コメント (0)

トーカイ小田原店 2019年7月5日

久しぶりに雨のない朝でした。

ちょっと気温も下がって、過ごしやすかったですね。

トーカイ小田原店の7月最初のレッスンでした。

パッチワークで自宅でボウタイのパターンをたくさん繋げてきてくれて、裏の縫い代の倒し方を聞いてくれたのですが、規則的に倒れていない状態で、そのまま縫い切ってしまっているので、縫い代方向がバラバラです(^^;;;

こういう場合の対処の方法としては、「目をつぶってそのまま仕上げる」「縫い代の交点だけ、糸を外して縫い直す」のどちらかしかありません。

縫い直しするにしても、交点がズレているとうまく倒れてくれないので、この点注意が必要です。「理想とする倒し方」を説明したので、お休み中にやってくれると思います(次回が9月になる方です)

 

ハワイアンキルトで小ぶりのバッグを作りたいという方には、図案を描いて、バッグのベース布をカットしてもらいました。

次回までにアップリケが出来てくると夏休み中に続きができるでしょう。

 

サンプラーキルトを繋げたお二人。キルティングの相談をしました。フープをせっかく買ったのに、うまくできないということなので、次回はフープを使ったキルティングの実践をやります。

パターンの製図をしたり、ワイヤー口金のポーチのパターン縫いの説明をしたり、なかなか盛りだくさんな内容でした。

 

午後からは頼まれ物の買い物ついでに映画も観てきました。6月は全く観られなかったので、夏休み前にあと1本くらい観にいきたいところです。

 

夜になって、また雨です。庭仕事が全くできません(ーー;

 

| | コメント (0)

秦野カルチャー 2019年7月4日

朝から大雨で、一回だけ突風も吹き、どうなることかと思ったのですが、家を出る頃には風が少々あるものの折りたたみ傘でも大丈夫なくらいの雨になりました。

出がけに、突風でブルーベリーの鉢が2つとも倒れていて、そのうち一つは鉢土も外れかけていて、慌てて屋根の下に取り込んだり、余裕を持って出かけて正解(^^;;;

新松田駅では、御殿場線内の倒木で、ふじさん号(ロマンスカー)が運休ですとか言っているし、あちらこちらで倒木やら、竹が倒れたやらとダイヤに乱れも出たようです。

 

カルチャーには、皆さんいつも通りに来てくれて、それほどひどい雨にもならず、良かったです。

さて、刺しゅうはカットワークは続きを刺しています。レイズドワークはレイズドチェーンステッチの注意事項の確認をして実際に少し刺してみたり、葉っぱのサテンステッチのライン取りの確認なども。

手づくり手帖のブローチを作っていた方は仕上げをしました。

刺しゅうは「やり直しました〜」とのことですが、綺麗にウィービングステッチ(わらじかがり)が出来ています。

大物はもう少し余裕ができたらということで、リハビリがてらの作品でしたが、完成出来て良かったです。残りの生地の活用法も(^^)

 

ボビンレースは大物があとちょっと。次の作品ということで、基本に立ち返った「基本のエジング」をオリジナルプリントでやってもらいます。

テキストでは組織図だけなので、テクニカルコンテの色別のラインも確認してもらいました。

同じプリントの3つ目「チュールレース」の基本を織っている方は、そろそろ次の作品を〜ということで、また何か見繕わないと(^^;

円形ドイリーもあとちょっとですね。こちらも基本のエジングかな。

タティングのスパングルのモチーフつなぎも地味な作業ですが、続けています。

 

私もワイヤーポーチの刺しゅうバージョンを作り始めました。このところハーダンガーが多いですね。大好きなケーブルステッチを多用しています。ポーチ用なので、あまり大きな穴は開けないようにする予定です。

| | コメント (0)

レース専科金曜クラス 2019年6月28日

夜中にたまに大雨になり台風を心配しましたが、朝にはすっかり止み、むわっと湿気で暑い中、出かけました。

都内もムシムシ状態。建物に入った途端、ほっとしましたよ。

 

さて、金曜クラスでした。

それぞれ課題を進めたり、課題を終了した方は、自分で補完しておきたいところを確認したり。

フィレの編み地が思う形にならなくて、結び順を確認したり、ボビンレースのフルレースの作品の続きで糸つなぎを確認したり。

10月から各地で始まる学習会のプリントや見本サンプルを見てもらったり。

ゆったり楽しい1日でした。

 

帰りも降られることなく、明るい時間に帰れるのはいいわ(^^)

日が長いのはいいことです。

夜になってから、やっと涼しくなったと思ったら、雨が降ってきました。やれやれ……

| | コメント (0)

トーカイ小田原店 2019年6月26日

久しぶりに朝からしっかり晴れました。車載温度計朝から30度ってどうなの!?

 

トーカイ小田原店のレッスンは前回、50周年記念のあれやこれやでお休みさせてもらったので、1ヶ月ぶりでした。

カリクマクロス(Mary's method)のモチーフを始めた方、まず図案を描いて、しつけをかけて、刺し始めまで進みました。

前回から始めた方はモチーフ部分はまあまあかな。とおもったら、周囲の枠取りのステッチが大きすぎて、糸引きもゆるい。これは申し訳ないけどちょっとやり直そうかということに。糸を引っ張ると、かがり糸が浮いてくるのでは、布がしっかり止まりません。やり直しをしつつ、二人に確認するところを見てもらいました。

 

ハーダンガーはサテンステッチ部分が終わり、ボタンホールステッチの始めと糸継ぎ、最後の糸始末をやりながら見てもらいました。

アイレットの刺し順も。一つずつ順に進めていきます。

 

ニットの方は、縁編みに入りました。1周細編みをしてもらったら、頭がゆるいので、編み地の端がうねっています。2〜3周目はよね編みをしてもらい、縁取りを落ち着くようにしました。

袖ぐり部分で実験して、大丈夫そうなので、衿、前立て部分も段数を増やして同様に編んでもらいます。

次回作の相談もしたので、編み地を見繕わねば。

 

 

| | コメント (0)

自宅レッスン 2019年6月24日

朝から千葉の地震で結構揺れてびっくり。震度2ということだったのですが、体感はもっと揺れた感じ。ぐらんぐらんきました。

午前中は結構な雨になりました。

少し心配していたのですが、だんだん上がってきて、レッスン中には晴れてきたり。湿度が高いので、エアコンの除湿を入れておきました。

ちょっと動くと汗をかくんですもん(^^;;;

 

さて、ボビンレースの大物があとちょっと。そろそろ次の作品をするので相談されました。実物は120番のエジプシャンコットンなのですが、これは細すぎて大変だ〜と、プリッキングを少し拡大して80番にすることになりました。その前に練習で、もうちょっと拡大したのをやる予定です。

 

アップリケのリースをやっている方は中央のモチーフも決まって、綺麗な配色になりますね。出来上がりが楽しみです。

 

刺繍はクロスステッチのMystery SAL 2017を進めています。これも結構時間がかかりますから、じっくり取り組んでください。

ハーダンガーのテーブルセンターもサテンステッチ部分が終わり、アイレットなどに入りつつあります。着実に進んでいます(^^)

 

夜、夕食の支度中に緊急地震速報が。その場に携帯が3台あったので、大騒ぎでびっくり。

防災無線まで「地震です!!」と騒ぐし。その割に震源が浅かったので、我が家方面は震度1で済みました。

このところ、あちらこちらで大きい地震が頻発していて、東海地方がだんまりなのが怖い。

旦那はだんだん富士山に近づいているんじゃないの〜?とか言い出すし。

 

気をつけておくに越したことはないですね。

 

指のやけどは、まだ赤みが残っているのですが、お湯を使っても痛みは無くなりました。ガーゼ付きテープでほぼ1日中貼りっぱなしだったので、かぶれないうちにそろそろテープから卒業しておこうかな。多分3週間もすると皮がはがれてくると思います。

| | コメント (0)

レース科第4土曜クラス 2019年6月22日

今期3回目のクラスです。

クロッシェ本科の最終課題の説明と、基本のネット編みをやってもらいました。仕上げの仕方も説明しました。

前回までの作品も見せていただき、どの辺を修正するとよくなるか、確認してもらいました。

それぞれ宿題、自習をやってくれているので、だんだん編み慣れてきたような気がします。

ニット系とは違う編み地や手加減で、戸惑っていた人たちもだんだん手が揃ってきましたね(^^)

 

ビーズを入れたモチーフでタティングをやっている方が数名いて、それぞれモチーフの中心を結んだり、モチーフが繋がってきたり、縁編みの仕方を確認したり、進み加減は違えども、同じところということで、ビーズのサイズと糸の太さの関係の話も。

 

NHKで現在放送中のドラマの中でビクトリアがレースの衿をつけているのを、身ごろに直接つけないでショールのように乗せているだけだったので「それでいいんですねえ」という話も出ました。

洗濯などを考えると、別衿にしておいたほうがいいですよね。昔のレースの使い方や男性のほうが着飾っていた話で盛り上がりました。

 

朝、出がけには時々大雨の状態で、ちょっと心配しましたが、大雨の合間を縫ってたいして降られずに済みました。水道橋に到着したら晴れていたりして(^^;;; 

午後もたまに降っているようでしたが、帰りには傘を差さなくても大丈夫なくらいで、良かったです。

 

さて、編むレースだと、指に糸を巻きつけないといけないのですが、そういうのでなければ、手作業にもほとんど支障がなくなってきたので、せっせとお題をしましょうか(^^)

 

| | コメント (0)

トーカイ小田原店 2019年6月21日

時々晴れ間のある、蒸してきた感の曇り空。

午前中、トーカイ小田原店のレッスンでした。

 

パターンをサンプラーキルトにすべく、トップをつなぎ合わせてきたおふたりでしたが、パターンとラティスの縫い代の倒し方で、一つ確認。

キルト綿もそのままでは幅が足りないので、つなぎ合わせなくてはいけません。今ではキルト綿同士をテープで貼って繋げることもできますが、そういうものがないときの基本のつなげ方を実地にやってもらいました。

最近は色々な道具も出回るようになりましたが、いつも入手できるとは限らないですから(^^)

トップとキルト綿、裏布の扱い方、しつけの仕方、キルトラインの考え方を初めてさんの作品で実践しました。

こちらは以前作ったトップを掘り出したので、とりあえず1枚仕上げたいということでした。針やシンブルの扱い方、縫い方も確認しながら、基本のラインでキルティングをしていきます。

ワイヤー口金のポーチも見てもらいました。型紙をおこしておかねば。

 

午後には遅い昼食のあと、内科の通院。

いつもの薬をもらって帰宅しました。

 

蒸気やけどをした左手の指は薬をべっとり塗って、ガーゼ付きテープでぐるっと固定してあります。

痛みは無くなってきましたが、ちょっと不便。

お題をやるのには支障がなくなってきたので、作業を始めました。

とりあえず形になればいいかな(^^)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧