作業開始

自宅レッスンでした。
午前中は爽やかな感じでしたが、どうもこれはというアレルギー症状がでまして。
山がくすんでいるし、これは黄砂かな。娘も鼻が〜、くしゃみが〜と同じような文句を言ってましたので(^^;;;
ずっと目が痒くて仕事にならん。

トーカイから時間の都合で自宅レッスンに振替の方もいらして、和やかに大笑いしながらのレッスン。
白糸刺しゅう高等科のシャドーワークに入りました。
布の準備をしてきてもらっていたので、角の折り方とパンチワークをしました。
時間がかかるので、ゆっくり取り組んでもらい、図案の写し方も確認しました。

クロッシェレースは多角形方眼編みのドイリーが出来上がってきました。
綺麗に出来てます(^^) 最初はどうしても方眼が横長になってしまいましたが、バランスよくなってきています。何度も間違ってやり直したそうですが、これはみんなが通る道(^^;;; 
まだ小さいドイリーなので、戻しても大した距離ではありません。気持ちを入れ替えてやりましょう(^^)
1m級の数段下の間違いを見つけた時の絶望感に比べたら大したことないない(ーー;;;

思い切りが必要な時は、思いっきりスパッと解かないと、後で気になって気になって、間違ったところを目で探してばかりということになりかねないのでね。

クロスステッチのお二人は、それぞれ違った趣のものを刺しています。
額装をする予定の方は1本×1本の地に1本取りまたは2本取りで、レース模様のような縁取りを刺しています。紺地に白や黄色のゴブラン織りのような雰囲気になってきました。
大物続きの方は、毎月ネットで月替わりの図案が発表されるのを続けて刺しています。
私も以前よくダウンロードしたものですが、なかなか実際に刺すまでに至らないことも多かったです。
今はフリー図案も少なくなってきたり、期限切れになっていたり、リンクがなくなっていたりしますね。
老後の楽しみに取っておかねば。

ボビンレースのスワンは、いろいろ忙しかったということで、全く手付かずだったそうですが、レッスンの時は2時間びっしりと出来ますから、手を思い出しつつ織ってくださいね。

またプチポアンとニードルポイントの話題も。
キャンバスワークの1技法です。刺し方は全く一緒で、素材や土台が違うとこんなに雰囲気が変わるという見本も見てもらいました。
次の作品が楽しみですね(^^)

私も、久しぶりにクロッシェばかりやっていて、左手の中指にタコになる前の「触ると痛い」状態が発生中なので、別のお題に手をつけ始めました。(ここで休めればいいんですが、時間がないのでやるしかない)
土台布の目のサイズと糸を合わせるのに数種類を刺してみて、使う糸を決めたので、本格的に作業に入ろうと思います。(これは7月末まで)
もう一つのお題の方は、素材が決まったので、土台布を決めてこちらも試作しなくてはいけません(こっちは6月中に終わらないといけない)

6月にはレース講師養成講座も始まります。
募集はまだ続いています。詳しいことはまた明日にでもお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秦野カルチャー 体験レッスンのお知らせ

秦野カルチャーの通常レッスンの中で、体験を行います。
タティングレースは基礎の結び方と、輪つなぎでブレスレットを作ります。

刺しゅうはキャンバス地にクロスステッチで、ダーラナホースを刺します。

Culture20162

材料費は1080円、体験費用は今月限りで500円になります。
6月1日、15日を予定していますが、29日をご希望の方は予め連絡ください。
糸切りばさみ、筆記用具をお持ちください。
カルチャー受付(0463−80−4411)までご予約くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

近いけれどメンドくさっ

ヴォーグ学園東京校レース専科金曜クラスのレッスンでした。
小田急は時間通りでしたが、総武線がちょい遅れだったそうで。
まあ、来た列車に乗るので、待ち時間が長いというのでなければ問題無し。

自宅の方はかなりの雨で、一時大粒のザーザー降りもあるという状態でしたが、様子を見ていたら、ちょっと勢いがなくなってきたなというのと、帰りには止むらしいというので、折りたたみ傘で出かけました。
雨で普通の傘を持って歩くと荷物になるのであまり好きじゃないのですが、降りによっては折りたたみじゃとてもという時はしょうがないので持っていきます。
ちょっと都内まで距離があるので、自宅が大雨だったのに、都内ではカラッと晴れていて傘が恥ずかしかったこともありました(^^;;;

学園は水道橋駅前になったので、駅からは近くなったのですが、やっぱり傘は必要です。
大荷物が多いので、傘持参は面倒くさいのですがね。

さて、ボビンレースを始めた人たち、ちょっと先に備えて「一緒に見ます」と手元確認する人も。
糊仕上げをしたり、編み地の硬さ、足の長さの確認をしたり、テネリフの基本を始める人、応用の糸をかけ始める人、1日あちこち歩き回り色々な話をしながら楽しい1日でした。

6月1日からDMCの25番刺繍糸、アブローダー各種が値上げということで、とりあえずアブローダーを確保してきました。キットを組むとあっという間に無くなるので。
今後はキットの値段も変わってきますね。

学園を出る頃には雨が上がっていたのですが、帰宅するころにはまたポツポツ降ってきました。
これだからなあ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アップリケから

トーカイ小田原店のレッスンでした。

ハワイアンキルトのポーチは、基本の四角タイプ。
パイナップルパターンをアップリケして、しつけまで終わりました。
パイナップル部分にキルトラインを描き入れて、キルティングをしてきてもらうことになりました。
フライングギースのパターンのペンケースで、基本のキルトは出来ているので、同じ要領で進めます。
次回は、エコーキルトができるといいな。

ハワイアンキルトのタペストリーが終わったということで、ソーイングケースを作ることになった方。
私の大きめソーイングケースを基に、まずはトップから。
スーちゃんがいいというので、パターンを持参しました。
今まではハワイアン用の生地ばかりだったので、ミニカットクロスのパックを購入してもらい、柄生地の組み合わせを見ながら布決めをしました。
図案を写して、アップリケの基本を確認。
順番に縫い付けてもらうことになりました。

アップリケ自体はハワイアンでも使う技法。
楽しんで出来るといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

基本と応用

秦野カルチャーのレッスンでした。

区限刺しゅう講師科 ミラーワークは枠取りを刺し終えて、ミラーの止め方。
何種類かありますが、基本的なものをやります。
シンプルな止め方、ミラーの縁をぐるっと囲むやり方。それぞれどこに気をつけたらいいか確認しながら実践しました。
ミラーがつくと、格段に可愛くなります。頑張ってね。

ステッチ100本科。なかなか時間が取れなくて、とゆっくり進度で進めていますがそろそろ終わるかな。
フランス刺繍の応用のバッグ。次回はリボン刺繍に進めるといいですね。

マクラメのポーチも2つ目になってきたら、紐の引き加減がわかってきたと、綺麗な結び目になってきました。結び方は巻き結びと平結びの基礎と応用ですが、結び目がしっかりするとカチッとしたものができます。
じっくり取り組んでください。

タティングレースはオリジナルプリントのレッスン5。だんだん綺麗に結べるようになってきました。
レッスン4までの総集編です。基礎ができたら結べるモチーフ。これも1枚出来上がってくるといいですね。

アイリッシュクロッシェのバッグはモチーフの位置決めが終わり、土台布にしつけ始めました。
周囲の枠取りをしつけしたら、本体のネット編みに入ります。

もうお一方は、タティングのエジングを終えて、アイリッシュのモチーフをもう少し編み貯めるそうです。

ボビンレースは基礎のトーションステッチを始めた方。シンプルなステッチだけにピンを打った後、残りのステッチを入れ忘れると、残念な結果に成ってしまうので、時々真上から見てもらうようにしました。
やったつもりで忘れること、よくあります(^^;;;

もうお一方はリーフの練習。糸の引き方、ボビンの押さえ方を確認してもらい、2枚のリーフのクロッシングまで。「家に帰ると忘れる(^^;」そうですが、思い出しつつ、織ってみてください。

さて、私も頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

黄砂舞う

晴れているのに山がくすんで見える、黄砂てんこ盛りの1日でした。
車はこのところの黄砂で、汚くなっているのですが、まだ洗車できません。洗ってもすぐに元の木阿弥になりそうで。

暑かったですね。家の中でも28度って、真夏ですよ。
これで本格的に夏になったら、いったいどうなることやら。

さて、自宅レッスンでした。前回お休みのお二人が入れ替わりで出席。クロスステッチ三昧の2時間。
ステッチしたものをカルトナージュ仕立てで箱を作ってきて見せてもらったり、キットの布を変えて、中央の図案はキットのものを使い、周囲には他の図案集からチョイスしたものを組み合わせて、指している最中だったり。
私はマクラメのブレードを組み始めました。
なかなか難しいです。図案を起こしながら結んでみて、あれこれ入れ替えたりしているので、1本出来上がるのに結構時間がかかります。あとで、製図も清書しておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何を見ても

ヴォーグ学園東京校レース専科金曜クラスのレッスンでした。
歩くと暑い? カーディガンを着ているだけで暑いという、暑がりの私にとってはそろそろレッスン中は半袖でいいかもしれない気候になってきました。

24名のキャパいっぱいになりました。申し訳ありませんが、キャンセル待ちになります。なかなか全員出席とはいきませんが、それでもクラスにいっぱいの人になるので、熱気がすごい。ハンカチ握りしめての指導になっています(^^;;;

5月が1回になるので、次回までに1ヶ月あります。
それぞれ次までに何をしておこうかを考えながら1日を進めるという、皆さん熱心だわ〜状態。
無理しないでね。

オリジナル作品の準備で糸を選んだり、技法を考えたり、新しい技法の準備をしたり。
大変だけれど楽しい時間です。

私の方も、見本の準備を始めなくちゃいけないのですが、とりあえずタティングのモチーフも続けています。最近は何を見ても、「結べるかな……」とつい考えてしまう癖がついてしまっていて、ラインを描き出したり、結び始めたり。

やな職業病だわ(ーー;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一番遅い新学期

レース研究科でした。
月一回の研究科なのですが、今期から基本第4月曜になりました。
一番遅い新学期ですね。

金曜クラスから移動してきた方たちも最初は緊張してたのかな? すぐに知った顔ばかりなので、打ち解けて和やかに一日過ごせました。

私もマクラメの用意もしていたのですが、結局タティングだけで終わってしまいました。
やることはいっぱい貯まって(あえて溜まるじゃなくて(^^;))いるので、順番に消化していかないといけません。
頑張らねば〜

帰りがけ、オカダヤに寄ってボビン式シャトルなどを買い出してきたら、小田急がまた人身事故!ということで。
ロマンスカー・快速急行は運休でしたが、遅れながらもとりあえず動いていたので良かったです。
4月はあちらこちらで事故、運休、遅延が増えますね。
いつもの予定より、少し早めに動くようにしています。
GW後には毎年落ち着いてくるようですが、しばらく様子を見ようと思っています。

20170424

花盛りの忘れな草。
もうちょっとすると、茎が伸びてきて、花がまばらな感じになってきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

変則レッスン

トーカイ小田原店のレッスンでした。
5月以降のレッスンは、不定期に水曜日がお休みになります。
あちこち東京での予定が入っているせいです。申し訳ありません。
GWもありますので、5月は水・金共に1回ずつのみになります。

さて、パッチワークでハワイアンキルトをいつもやっている方なんですが、おまけでフェルトのドーナツを作っています。私も昔、オリジナルで、りんご、みかん、バナナなどを作っていました。中学の頃かな。
今考えるとよく作ったなと思うくらいの細い作業でした。バナナなんて、1本を3枚はぎにして、ちゃんとカーブしてるのを3本つけた房を作ってました。
まあ、そんなことなので、普通のドーナツくらいだったら、なんとかなるよ〜と。
立体になったクラシックスタイルのドーナツにフェルティングニードルを使って、チョコソースの部分を貼り付けました。それに丸小や竹ビーズを縫い付けて可愛く仕上がっています。

別途、アップリケキルトのバッグを作り始めました。
アップリケ布のカットが終わっていたので、本体布にチャコーペーパーで印をつけ、縫い始めるところまでいきました。縫う位置、カットを入れる場合の位置などを確認したので、あとはゆっくり宿題で縫ってもらいます。

白糸刺しゅう本科 カットワークの最後の難関、ボタンホールステッチで空中に作るバーとピコ。
仕立ての縫い方と、インサーションステッチの練習も。
お休みも長いのですが、GWって家族にかかる時間も多くなります。なかなか進まないかもしれませんが、じっくり取り組んでください。

来週も忙しそうです。頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桜は散ったが

秦野カルチャーのレッスンでした。
外はちょっと冷たい風が吹いてきましたが、冷暖房を入れていないのに中は暖かで、薄着なのに汗をかくという状態。
歩き回って説明してるとハンカチが必要でした。
熱中症にはならなさそうだわ。水分補給をしておきましょう。

区限刺しゅう講師科 ミラーワークとオリエンタルステッチ。
オリエンタルステッチとは何ぞやと思われましょうが、これは習った方にお聞きください。
面白いステッチです。一つ組み合わせを間違うと、仕上がらないという、正確さが必要なステッチになります。
今回は布の周囲の始末と刺し始めの確認。ロングアームドクロスステッチを思い出してもらいました(^^)

ステッチ100 本科は、そろそろフランス刺繍の終わりが見えてきたので、次回のリボン刺繍の図案写しの説明をしました。体調もあるので、ゆっくりね(^^)

マクラメのウエストポーチはマチ部分が仕上がりました。が、ちょっと結び目がゆるいです。
本体の結び方も確認しつつ、長さを合わせていきましょう。

タティングレース 基礎編プリントに沿って、リングのつなぎ方いろいろと基本の花モチーフ2種。
次までにちょっと時間がありますから、ゆっくり取り組んでみてください。
エジングの方も引き続き、3枚目かな?4枚目かな? 取り組んでいます。

ボビンレース 蝶の基本。 体まで出来上がりました。本体にとじつけるのは宿題です。
もうお一方は蝶の応用。こちらも本体ができて、模様として入れる四つ組まで出来ました。
次回はリーフとクロッシングをやります。

アイリッシュレースの襟の方は、土台布の支度ができて、モチーフ間のかがりに入りました。
バッグの方はネット編みのサンプルができたので、土台布への移行になります。

次回は5月が1週目お休みになるので、3週目のみです。代わりに6月が3回ありますので、ちょっと大変かもしれません。

さて、駐車場側花壇では、

201704201

シラーの隙間から忘れな草という可愛い一角が出来上がっています。

201704202

全体図はこんな感じ。
シラーがそろそろ咲きそろいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧