一番遅い新学期

レース研究科でした。
月一回の研究科なのですが、今期から基本第4月曜になりました。
一番遅い新学期ですね。

金曜クラスから移動してきた方たちも最初は緊張してたのかな? すぐに知った顔ばかりなので、打ち解けて和やかに一日過ごせました。

私もマクラメの用意もしていたのですが、結局タティングだけで終わってしまいました。
やることはいっぱい貯まって(あえて溜まるじゃなくて(^^;))いるので、順番に消化していかないといけません。
頑張らねば〜

帰りがけ、オカダヤに寄ってボビン式シャトルなどを買い出してきたら、小田急がまた人身事故!ということで。
ロマンスカー・快速急行は運休でしたが、遅れながらもとりあえず動いていたので良かったです。
4月はあちらこちらで事故、運休、遅延が増えますね。
いつもの予定より、少し早めに動くようにしています。
GW後には毎年落ち着いてくるようですが、しばらく様子を見ようと思っています。

20170424

花盛りの忘れな草。
もうちょっとすると、茎が伸びてきて、花がまばらな感じになってきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

変則レッスン

トーカイ小田原店のレッスンでした。
5月以降のレッスンは、不定期に水曜日がお休みになります。
あちこち東京での予定が入っているせいです。申し訳ありません。
GWもありますので、5月は水・金共に1回ずつのみになります。

さて、パッチワークでハワイアンキルトをいつもやっている方なんですが、おまけでフェルトのドーナツを作っています。私も昔、オリジナルで、りんご、みかん、バナナなどを作っていました。中学の頃かな。
今考えるとよく作ったなと思うくらいの細い作業でした。バナナなんて、1本を3枚はぎにして、ちゃんとカーブしてるのを3本つけた房を作ってました。
まあ、そんなことなので、普通のドーナツくらいだったら、なんとかなるよ〜と。
立体になったクラシックスタイルのドーナツにフェルティングニードルを使って、チョコソースの部分を貼り付けました。それに丸小や竹ビーズを縫い付けて可愛く仕上がっています。

別途、アップリケキルトのバッグを作り始めました。
アップリケ布のカットが終わっていたので、本体布にチャコーペーパーで印をつけ、縫い始めるところまでいきました。縫う位置、カットを入れる場合の位置などを確認したので、あとはゆっくり宿題で縫ってもらいます。

白糸刺しゅう本科 カットワークの最後の難関、ボタンホールステッチで空中に作るバーとピコ。
仕立ての縫い方と、インサーションステッチの練習も。
お休みも長いのですが、GWって家族にかかる時間も多くなります。なかなか進まないかもしれませんが、じっくり取り組んでください。

来週も忙しそうです。頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桜は散ったが

秦野カルチャーのレッスンでした。
外はちょっと冷たい風が吹いてきましたが、冷暖房を入れていないのに中は暖かで、薄着なのに汗をかくという状態。
歩き回って説明してるとハンカチが必要でした。
熱中症にはならなさそうだわ。水分補給をしておきましょう。

区限刺しゅう講師科 ミラーワークとオリエンタルステッチ。
オリエンタルステッチとは何ぞやと思われましょうが、これは習った方にお聞きください。
面白いステッチです。一つ組み合わせを間違うと、仕上がらないという、正確さが必要なステッチになります。
今回は布の周囲の始末と刺し始めの確認。ロングアームドクロスステッチを思い出してもらいました(^^)

ステッチ100 本科は、そろそろフランス刺繍の終わりが見えてきたので、次回のリボン刺繍の図案写しの説明をしました。体調もあるので、ゆっくりね(^^)

マクラメのウエストポーチはマチ部分が仕上がりました。が、ちょっと結び目がゆるいです。
本体の結び方も確認しつつ、長さを合わせていきましょう。

タティングレース 基礎編プリントに沿って、リングのつなぎ方いろいろと基本の花モチーフ2種。
次までにちょっと時間がありますから、ゆっくり取り組んでみてください。
エジングの方も引き続き、3枚目かな?4枚目かな? 取り組んでいます。

ボビンレース 蝶の基本。 体まで出来上がりました。本体にとじつけるのは宿題です。
もうお一方は蝶の応用。こちらも本体ができて、模様として入れる四つ組まで出来ました。
次回はリーフとクロッシングをやります。

アイリッシュレースの襟の方は、土台布の支度ができて、モチーフ間のかがりに入りました。
バッグの方はネット編みのサンプルができたので、土台布への移行になります。

次回は5月が1週目お休みになるので、3週目のみです。代わりに6月が3回ありますので、ちょっと大変かもしれません。

さて、駐車場側花壇では、

201704201

シラーの隙間から忘れな草という可愛い一角が出来上がっています。

201704202

全体図はこんな感じ。
シラーがそろそろ咲きそろいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

試し織り

自宅レッスンでした。
午前中は晴れていたのに、だんだん怪しくなってきて、レッスン中に降るかどうか?という雰囲気になりました。かろうじて3時までは保ったのですが、その後から本格的に降り始めました。
これで桜はほとんど散ってしまいそうですね。

さて、クロッシェ修行中の方は、方眼編みの途中ですが、応用編の多角形方眼にも移行しています。
まっすぐ四角に編むのも気を使いますが、中心から編み出す方眼も増やす位置を間違うと型崩れしますから、注意が必要です。ゆっくりがんばってね。

ボビンレースのスワンも、周囲の四つ組が後1ブロックになりました。やり残した『リーフ沢山』があるので、覚悟を決めてやるそうです(^^;;;
がんばれ〜

わたしも場所があったので、自分の作品の試し織りをやってました。
製図の時には見えなかった問題点がいくつか。
もうちょっとブレードのピンの位置を離した方がいいかなとか、折り返し部分の織地を変えてみようかとか。製図を見直してから、また試作します。
なかなか思ったようにはいかないな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新学期ですね

ヴォーグ学園東京校 レース専科金曜クラスのレッスンでした。

新人さん4人のうち3人が加わり、半年ぶりにひとり復帰して、心機一転の2017年春期の新学期です。
新人さんたちはみんなニット経験者、講師まで持っている方もいましたが、やっぱり細い伸びないレース糸でというのは、結構大変みたいです。それぞれ編みごごちの確認などをしてもらいながら、基礎からのクロッシェ。
さすがに経験者だけあって、編み始めたら早い。次回はモチーフの仕上げをやりたいねということを話しました。

半年経過した方たちは、バテンレースに入っています。モチーフを作り、布につけるやり方を。

布付けはレースにより、形状により、さまざまやり方があります。それぞれのやり方を一つずつ、確認しながら進めています。レースだけ編んでいればいいものもありますが、布をつけることによって、「持って、敷いて、着て」使えるものができます。
せっかくなので、それぞれのやり方を学んでください。

もうちょっと進んだ方はボビンレースに入りました。
基礎織りからトーションステッチへ。次はファンステッチの基本ですね。

フィレレースに入った方、ヘアピンレースのオリジナル、アイリッシュクロッシェのオリジナル、マクラメレースのオリジナル、などそれぞれ自分の課題と取り組んでいます。

いくらでもお手伝いします。楽しんでいきましょう(^^)

帰りがけ、普及協会に預かり品のお返しや、資格申請などで寄りました。

201704141

201704142

お堀の桜は散り始め、今週初めくらいが一番いい時期だったかなと思いつつ、それでもまだ遠目にはいい感じに映ります。

201704143

いつものヴォーグ前の海棠はいい色に開いています。ちょうど満開(^^)
これも見納めですかね……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

快晴一転

朝はいいお天気で、昼からのレッスンに出かけようと思ったら、車の温度計で23度になってました(^^;;;
車内はむっとするくらい暖かい。

201704121

玄関先の忘れな草は霜で消えてしまいましたが、プランターポットの中のは生き残っていて。
茶色い葉っぱもあるけれど、元気な花が咲き出しました。

201704122

我が家のチューリップ。庭の方にも1本蕾が出てきていますが、これは花壇の方。
シラーの蕾もたくさん立ち上がってきていて、そのなかで黄色が出てきています。

さて、トーカイ小田原店のレッスンでした。
午後から編み物の方がお一人、ゆったりしたレッスンでした。
かぎ針のモチーフつなぎから見頃を編み出す形のベスト。
モチーフ数を変えたので、見頃の目数が変わり、襟ぐりを製図から拾い出して色付けしました。
ボートネックのようにまっすぐの製図でしたが、襟元をスッキリさせたいので丸襟を描き出しました。
後ろ身頃の半分くらいができているので、次回までにできるところまで進めてもらうことになっています。1ヶ月くらいあればできるかなということで、モヘアの時期じゃなくなるのですが(^^;;; 完成させることが目標です。

私も、マクラメの作品を持ち込んで作業しながら、製図の修正などをしながらでしたが、マクラメの細い糸での作品というのが珍しいようで、店員さんやお客さんなどあちこちから声がかかりました。
小さい実用品を作って見本にしてもいいかもしれない……(^^; 自分で首絞めてどうする。

引き続き、PC作業の合間にちょこちょこ進めています。
さっさとやっつけてしまわないと(^^;;;

帰宅する頃にはポツポツ雨が降り出し、そのうちすごい勢いになりました。
桜が散るじゃないの〜(; ;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3分〜5分咲き

トーカイ小田原店のレッスンでした。
あいにくの雨になりましたが、暖かく、シティーモールの裏手にある桜はいい感じに開いてきています。

201704071

201704072

市内の桜も3分咲きから5分咲きといったところ。
そろそろ桜のアーチが見られるかなというのに、この週末は雨です。

さて、白糸刺しゅうはカットワークもあと残りちょっと。最後の難関のボタンホールステッチで作るバーとピコが待っています。それが終わったら仕立てになりますね。

ハワイアンキルトは大物をキルティング中の方。フープの使い方をレッスンしました。最初は使いにくいと思いますが、大きいキルトは手で持って、というわけにもいきません。慣れてくれば縫い進むのも楽になりますよ。
小物をという方は、まずまっすぐファスナーのポーチを作ることになりました。
その場でパイナップルのパターンをカットして、アップリケに入りました。次回にはキルティングに入れます。
A4サイズのファイルがすっぽり入るくらいというリクエストで、バッグのデザインをしました。
バラ模様をということで、じゃあ、思い切ってハワイアンじゃなくて、アップリケキルトにしてみる? とその場で持ってきてくれた紙に絵を描いてみました。
線をシンプルに描き直し、図案を別紙に写して型紙にしてもらいます。

なぜかフェルトでドーナツを作るという話になり、綺麗に膨らんだ形にならないというので、その場で平らなフェルトを膨らんだ形にするポイントレッスンも。
昔、いろいろフェルトで果物なんかを作ったのが役立ってます(^^;;;

帰宅して、ここ数日取り組んでいた変形モチーフをタティングで作っていました。
とりあえず形にはなったのですが、いいんだろうかこれで……
残骸を山ほど作っての結果ですが、もうちょっと目数調整も必要みたいです。
あとは色か……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新学期ですね

公立高校の入学式だったようで、朝、乗り込んだバスは目一杯の乗車率。入口ドアギリギリの場所で立ってましたが、次のバス停が学校前で、ぞろぞろ降りる降りる。
高校の入学式に父親まで同行する家族もいました。
我が家では考えられない(^^;;;
やっと降り終わったと、バスに戻ったら、残りは3人でした(^^;;;
(あとで乗ったり降りたりあったのですが。)
思わぬ知り合いに会ったり、びっくりの朝でした。

さて、秦野カルチャーのレッスンでした。
ステッチ100本科のバッグがやっと終わりそうです。
なかなか時間が取れないようですが、じっくり取り組んでゆっくりですが進んでいます。
高等科 アルファベットサンプラーの終わった方も。これから最後のステッチに入る方も。

ハンディクラフツのマクラメポーチに取り掛かった方も。
マクラメは初めてですが、藁をなったりて仕事が好きな人なので、覚えるのも早そうです。
慌てないでゆっくりやりましょう。

タティングレース 基本の花の最後のつなぎ。幾つも途中経過を持ってきていて、集中的につないでいました。モチーフつつなぎもピコつなぎですから、そちらも進めています。
エジングを作っている方も。茶色の濃い糸を使っているので、ほどく時が大変だそうですが、無理しないでね。

ボビンレース。基礎織りが終わったところで、ダブルステッチの蝶に入りました。
ボビン復帰の方はハーフステッチの蝶に。こちらの方が実は型崩れしやすいので、あとで糊仕上げをします。

アイリッシュクロッシェのお二方。衿の方はモチーフをしつけているところまでできました。隙間に小さなモチーフを入れるべく、何を編むのか決めたところです。次回からかがりができるといいな。
バッグの方も型紙が決まったので、それに合わせてモチーフ数を増やします。がんばれ〜

私の方も、お題が増えてしまったので、大変になる前に少しずつ進めなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぽかぽか

暖かい1日でした。
桜もまだまだと言っているうちに、知らない間に満開になっていたりして。
あちらこちらで「桜まつり」をやっていますが、肝心の桜が間に合っていません。ライトアップだけ、延長なんて地域もあるそうです。

自宅レッスンでした。
クロスステッチのアルファベットサンプラーをぐるりと縁飾りの模様で囲み、織糸を抜いて、ドロンワークを入れてから、額縁仕立ての織った布の上にブラックワークの模様を入れたのが、完成しました。
生地は麻の色そのままの色に赤一色。大物があっという間にできてきます。毎日根を詰めすぎないようにね。

クロスステッチのパターンサンプラーを段染めなどの多色で作った方も出来上がってきました。
いろいろな色を使っていますが、どれも色の彩度が揃っているので、落ち着いて見えます。
娘さんのところに行くそうで、仕上げは娘さんお任せだとか。 いいなあ(^^)

ボビンレースのスワンも進んでいます。面倒な一筆書きの四つ組が続いています。がんばれ〜

クロッシェレースもパイナップルと鎖編みのネット編みのドイリーが出来上がってきました。
仕上げの仕方をチェックしました。しっかり編み地を伸ばし、ネットをきちんとあるべき場所に固定しただけで、しっかりのびのびしたドイリーになってきます。あとはピン打ちと糊仕上げ。
糊も入れすぎないようにしないと、糸によっては風合いが変わるので、やってみないとわかりません。
これは経験ですね。入れすぎちゃったら、一旦洗って糊落としをしましょ。

さて、私も続きをしましょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

振替レッスン

秦野カルチャーのレッスンでした。
1月が1回だけだったので、その振替になります。
今年はそういう振替が結構あります。
あいだが1週間しかないと、なかなか宿題が進みませんが、そのままでいいので続きをまたやりましょう。

ポケットティッシュケースのスウェーデン刺繍は、ちょっとずつアレンジを加えて位置を変えたり、色を変えたりで進めてくれていました。

同じケースのブラックワーク版も出来上がってきています。

ステッチ100本科のバッグもそろそろ終わりが見えてきたかな(^^)
高等科のアルファベット刺繍も周りの布の始末が始まっています。

タティングレースは基本のビーズの入れ方を3種類。
残念なことに諸事情で、今回が最後になってしまいましたが今までの基本でとりあえず市販の本に載っているものは大体できるはずです。これからも楽しんでくださいね。

タティングレースを布につけたかたは、ギンガムチェックの糸を抜いてドロンワークが出来上がってきました。いい感じに出来上がっています(^^)
ちょっと手をかけると、シンプルなチェックが様変わりしますね。

アイリッシュクロッシェのモチーフをどうまとめるか、型紙の作り方、ベースラインの作り方など、いろいろ説明もしました。
モチーフ数もあとちょっとの方と、バッグにするのにもう少し頑張る方と、それぞれ先を見据えて頑張っています。出来上がりが楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧