« 摘芯しないと | トップページ | 秦野カルチャー 2019年7月4日 »

つゆ草

近所につゆ草が咲いていました。

1日花で、午後には終わってきてしまう朝顔のような花です。朝露のような花ということで、露草と呼ばれます。

がく部分から青い花びらが2枚、がくの中に小さな白い花びらがあります。(多分ほとんど気がつかない感じですけど)

花びらの根元に雌しべ、がくの先まですらっと伸びた雄しべがあります。

青い花びらから染料が取れ、友禅など、洗うと消える下絵に使われています。(これ用には花びらの大きい園芸種が使われます)別名、月草、青花。

紫つゆ草という園芸種も実家に昔ありましたっけ。これはすらっとした葉っぱに同じサイズの紫の花びらが3枚ついています。

 

ということで、7月のストラップとして、つゆ草を作ってみました。

ちょっと糸の引きが揃っていないところもあります(^^;;;

花びらをもうちょっと横に広げても良かったですね。デザインと実際に作ってみたものと、イメージがちょっと変わってしまうので、もうちょい工夫しなくては(ーー;

濃い緑は光に透けるタイプのビーズです。

 

20190703

|

« 摘芯しないと | トップページ | 秦野カルチャー 2019年7月4日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 摘芯しないと | トップページ | 秦野カルチャー 2019年7月4日 »