« 庭仕事日和 | トップページ | 分けつ »

トーカイ小田原店 2019年7月9日

エルニーニョ現象が終了するそうで、これから通常の夏が戻ってきそうです。あくまで通常、平年通りが望ましいです。猛暑や酷暑はお呼びではありません(ーー; 体力的にも庭仕事的にもあっついのは要らん。

曇り空の作業でしたが、やっぱり日焼けはしてましたね。擦り傷切り傷に加え、草かぶれを起こし、真っ赤になっていた腕がちょっと落ちついたら、「うん!日焼けしてるわ〜(^^;)」 次は暑くても長袖にします。

とりあえず、気になっていた草ぼうぼうからちょっと解放されて気持ちいい(^^)

芸能界でもジャニーさんが亡くなられて、くも膜下出血について、子供達とあれこれ話をしたりしましたが、こればっかりは歳だけじゃないし。

血管の老化やストレスで血管の分岐部分に余分な力が加わったりして、血瘤ができて、何かのきっかけ(くしゃみなどで血圧が一瞬上がっただけでも)で破裂すると、ひどい頭痛、めまい、悪寒などが起こります。破裂した箇所、血液の量によって、そのまま亡くなることもあるし、1回目は大したこと亡くても2度目に大出血なんてこともあるし。手術ができればまだ良し、できないまま経過観察するしかない場合もあります。

手術後も意識がどれだけして戻るか、全く人によって違うし、リハビリでほぼ以前と同じように暮らせる人もあれば、麻痺が残ることもあるし。

体質的な問題もあるので、頭痛がひどい時には「これは何から来た頭痛?」と考えてました。

以前は、頭痛持ちで、ガンガン上から殴られるような痛みもたまにあったのですが、最近はそれほどひどい頭痛は無くなってきたので、年取って体質も変わってきたのかな。低気圧で頭が重い時もありますが(^^;;;

 

さて、トーカイ小田原店のレッスンでした。

パッチワークの方達は都合でお休みでしたが、その他の皆さんは元気に作業を続けています。

タティングレースは基礎モチーフで、糸をつなぐ時のやり方。ゲージ取りの話もし、モチーフつなぎのしおりの気をつける部分の確認もしました。

カリクマ(Mary’s style)のステッチと糸繋ぎの確認も。

ハーダンガーは織糸をカットする場所とかがりのやり方。糸引きのバランスも見ました。織糸をぎゅうぎゅう引き締めると全体がつれていってしまうので、ほどほどにね。

次の作品の相談もしました。今は白地に薄いピンクで刺していますが、今度はWhite on Whiteです。基本の配色です。

 

わたしもハーダンガーバージョンのワイヤーペンケースが出来上がりました。多色の地味派手な色です。

キットを組むべく、考えましょう(^^)

 

|

« 庭仕事日和 | トップページ | 分けつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庭仕事日和 | トップページ | 分けつ »