« トーカイ小田原店 2019年6月21日 | トップページ | ピンクのカラー咲く »

レース科第4土曜クラス 2019年6月22日

今期3回目のクラスです。

クロッシェ本科の最終課題の説明と、基本のネット編みをやってもらいました。仕上げの仕方も説明しました。

前回までの作品も見せていただき、どの辺を修正するとよくなるか、確認してもらいました。

それぞれ宿題、自習をやってくれているので、だんだん編み慣れてきたような気がします。

ニット系とは違う編み地や手加減で、戸惑っていた人たちもだんだん手が揃ってきましたね(^^)

 

ビーズを入れたモチーフでタティングをやっている方が数名いて、それぞれモチーフの中心を結んだり、モチーフが繋がってきたり、縁編みの仕方を確認したり、進み加減は違えども、同じところということで、ビーズのサイズと糸の太さの関係の話も。

 

NHKで現在放送中のドラマの中でビクトリアがレースの衿をつけているのを、身ごろに直接つけないでショールのように乗せているだけだったので「それでいいんですねえ」という話も出ました。

洗濯などを考えると、別衿にしておいたほうがいいですよね。昔のレースの使い方や男性のほうが着飾っていた話で盛り上がりました。

 

朝、出がけには時々大雨の状態で、ちょっと心配しましたが、大雨の合間を縫ってたいして降られずに済みました。水道橋に到着したら晴れていたりして(^^;;; 

午後もたまに降っているようでしたが、帰りには傘を差さなくても大丈夫なくらいで、良かったです。

 

さて、編むレースだと、指に糸を巻きつけないといけないのですが、そういうのでなければ、手作業にもほとんど支障がなくなってきたので、せっせとお題をしましょうか(^^)

 

|

« トーカイ小田原店 2019年6月21日 | トップページ | ピンクのカラー咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トーカイ小田原店 2019年6月21日 | トップページ | ピンクのカラー咲く »