« 自宅レッスン 2019年5月20日 | トップページ | トーカイ小田原店 2019年5月22日 »

葉っぱだけで

雑草といえど、可愛い花が咲くものもあるし、面白い形の実が成ったりするので結構好きなんですが、中には毒があったり、特定外来生物だったり。

最近ではナガミヒナゲシという一見可愛いオレンジのポピーが冗談じゃない繁殖力を持つので、注意が必要です。

花が咲いたら最後、抜いておいても未熟な実から何千という種が飛んで(ケシの実ってめちゃくちゃ細かい)、そこら辺中に繁殖します。

見つけ次第、引っこ抜いて焼却処分というのが一番です。我が家近辺ではゴミステーションになっているコンクリート打ちの端に何株かあり、ゴミ出しの時に一緒に袋に入れて処分しましたよ。

眼下の川の土手にはオオタニワタリ(巨大なシダ)がどんどん増えてきていて、破竹と葛と一緒に困ったもんだ状態になりつつありますが、手が届かないのよねえ。

 

さて、旦那の実家の柿畑と裏山の竹林の間には、いろいろ面白いものが生えています。

先日、見つけたこれは何?という植物。

201905211

丈が80cmくらい、ナスのような葉っぱで互生、短い毛が全体に生えていて、太い茎にはゴツゴツした感じの皮目。

いろいろ調べて分からないので、しばらくほっといてから、自宅レッスンの時にも話題に出したもの。

やっと正体が判明しました。馬鹿茄子と言われるイヌホオズキです。

花や実があればよくわかるのですが、葉っぱだけだとなかなか難しいですね。

結構一般的な植物らしいです。全草に有毒で、ソラニンを含むそうです。(ジャガイモの緑部分にあるものです)

 

201905212

こちらは朝顔の葉っぱみたいな感じですが、ヒヨドリジョウゴです。

この葉っぱも同じ茎からもっと丸みのある葉っぱが出ていたり、一見ではなかなか難しいかも。

花は8〜9月。赤い実が成って、ヒヨドリが群がって食べるのでこの名前があるとか。

こちらは蔓植物ですが、それほど繁茂しないそうです。

 

どちらも草刈りで刈られてしまうことが多いので、今まで気がつきませんでした。

竹を切る時にはまだ草もありませんでしたが、そろそろいろいろ伸び始めているので、体が埋もれる前に刈らないとと旦那が言ってます(^^;;;

 

 

 

 

|

« 自宅レッスン 2019年5月20日 | トップページ | トーカイ小田原店 2019年5月22日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自宅レッスン 2019年5月20日 | トップページ | トーカイ小田原店 2019年5月22日 »