« 今日も今日とて | トップページ | レモンの花咲く »

砂洲と本日の富士山 2019年5月5日

連休最後の手伝いは、旦那の実家の稲の種まきでした。

例年の事ながら、時間的には3時間ほどで終わるのですが、立ったり座ったり、中腰だったりで、とても体に良くない(^^;;;

しかも、例年通りいいお天気で。日焼け止めを塗っておいてもほとんど役立たずといった状態になります。

終わる頃になって、ようやく日が陰って涼しい風が吹いてきました。

降られてびしょ濡れになるよりはいいかもしれませんが、このところずっと日光に当たっているので疲労度が高い気がします。

右肘に湿布を貼っていて、日光遮断が必要なタイプも使っていたので黒いサポーターが必須な事もあって、日焼け具合が色々残念(^^;;;

最終日はしっかり休む事にします。

 

とはいえ、早く終わったのでお昼を食べて片付けてから、沼津から戸田にドライブしてきました。

いいお天気で、あちこちから富士山を撮ってきましたよ。

201905051_1

井田(いた)の集落。左下から伸びた砂嘴(さし)が入江をふさいで海から隔離されて陸地になった部分に人が住みついたところ。

高台に展望台が設けてあって、そこからの眺めです。展望台の真下に縄文時代あたりの遺跡があるそうです。

水田がちゃんとあるのにびっくりです。伊豆半島は切り立ったところが多く、水田がこんなに海の近くにあるのを見た事がありません。

展望台の左手の下に真水の池の「竜神池」があります。

201905052

井田火山の名残の崖の向こうに富士山が見えています。下の方は雲に覆われていました。

 

201905053

 

戸田の砂洲。右向こうから手前に向かって海流に流された砂などが堆積して、砂嘴(さし)が出来て、それが大きく育ち、入江の入り口に伸びました。これがあるので、入江が穏やかで、いい港になっています。

201905054

 

伊豆半島西側を1/4位移動して、戸田から山側ルートに入り、達磨山から修善寺に抜け、伊豆半島真ん中を突っ切ってから国道1号線を通って箱根へ。

国1に入った途端に混み始め、スカイウォークまでが大渋滞。タラタラ進んでいましたが、スカイウォークを抜けたところでスピードアップ。

後ろに振り返りながらの富士山。だんだん雲が取れてきました。

 

箱根新道は渋滞したところが何箇所かあったので、ターンパイクに抜けてきました。

途中、大観山からの富士山。

 

201905055

 

雲はすっかり取れてしまい、綺麗なシルエットになっていました。

ターンパイクでは、途中の緊急避難所に止まった車に初めて遭遇しました。

通り抜ける一瞬に見たところ、車が避難所の下1/3位のところに止まっていて、その下で電話をしている人がいましたから、ご本人は無事のようです。

有料道路なのですが、箱根旧、新道に比べて格段に空いていて、早く降りてこられるので時々使う道です。

慣れないとエンジンブレーキを使わず、ブレーキべダルを踏みっぱなしになります。料金所ではタイヤの焦げた匂いも立ち込めていたりして、自分の車じゃないよね?とたまに確認するくらい(^^;;; なので、気をつけています。

 

連日運転してくれた旦那に感謝(^^) 

 

 

 

 

|

« 今日も今日とて | トップページ | レモンの花咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日も今日とて | トップページ | レモンの花咲く »