« レモンシロップから | トップページ | 本日の富士山 2019年1月14日 »

ライフラインを入れる

クンストなど棒針で編み物をするときに、目を落としてしまったり、編み間違いを見つけたりして戻らなくちゃいけないことがよくあります。
メリヤス編みだったら、ほぼ間違いということはないので、模様編みならではということになるのですが、毛糸みたいに太ければ、ダーっと解いても、針に拾い直すのはそう難しいことではありません。
これがレース糸になると、撚りがしっかりしているので、針から外れた途端、元の真っ直ぐに戻ろうとして、どんどん下の目までほどけてしまうことになるので、一目一目、戻らなくちゃいけないのが基本。
ぐるぐる円状に編んでいて、しかも目が増えていたりすると、これがまた面倒で。
なので、ライフラインと言って、何段かごとに別糸を一緒に編み込んで、ほどくときはそこまでは大丈夫というところを作ります。
糸の拾い直しはライフラインに掛かったループを拾っていけばいい(^^)

ただ、今まで入れたことはありません(^^; 

今回、クンストの試し編みのときにやっておけばよかったのに、そのまま編んで、編みなおしが結構めんどくさかったので、本番はライフラインを入れておくことにしました。
最初の編み出しはメリヤスだったので、クロバーの匠の針先をガラスヤスリで細くして編んでいましたが、レース糸が白いので、やはり糸が目立つようにとニットプロのシンフォニーウッドの付け替え針に替えました。
付け替え用のコードの先についている金属部分の穴に、付属のピンを差し込んで緩まないように締めるのですが、この穴が使えるじゃないか!!と、別糸を通して一緒に編んだので、ライフラインが自動的に入りました(^^)
2本を一度に編むわけじゃなくて、編んだループの中に別糸が入っていくのでストレスもないです。
次の段を編むときに別糸が邪魔にはなるのですが、何段かに1度なので、目を落とすよりはいいかと。

今回は3号で編んでいるので、この手が使えるのですが、2号以下は付け替え針がありません。
軸の太さと付け替え部分のネジなどの強度の問題で、これ以上細いタイプは作れないんだそうです。

細い場合は編んだ後、裏側からループをクロスステッチ針などを使って別糸を通すしかなさそうです。
と、思ったら、近畿編針で出してました。試してみるしかないですね(^^)

|

« レモンシロップから | トップページ | 本日の富士山 2019年1月14日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライフラインを入れる:

« レモンシロップから | トップページ | 本日の富士山 2019年1月14日 »