« 2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.15 | トップページ | リズベスでプランドプーリング »

3歩進んで振り出しに戻る

20番のリズベスの段染めレース糸を眺めていて、何かにできないかな〜と思っていたのですが、ショップでプランドプーリングのがま口キットを見たり、編み物の先生が作った段染め毛糸で作ったペットボトルケースを見たりしているうちに、リズベスでもできるんじゃないか?と思い立ったのが運の尽き。

リズベスの段染めって、40番は比較的同じピッチだったのに、選んだ糸がエンジ〜グリーンというちょっと濃いめの糸で、目の出し入れが見えにくく、間違い多発。
さらに、測ったところ、編み出しの頃と、30段くらい編んだところと比べてみたら、ピッチがかなり違う。
手加減を合わせようとしても、無理が出てるのが気に入らなくて、編んでは解き編んでは解き。
2日経って、ようやくこんなもんかなという模様が出てきました。

しばらく眺めていたら、やっぱり気に入らなくて。
60段編んだものをまた全部解いてしまいました。
糸が痛むわ〜(^^;;;

毛糸だから、いくらかごまかしが効くんだわね。
レース糸は手加減が難しい。
3日編んで、振り出し4回目。
いつになったら出来上がるのやら。

|

« 2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.15 | トップページ | リズベスでプランドプーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3歩進んで振り出しに戻る:

« 2018 Linen and Threads Mystery Sampler vol.15 | トップページ | リズベスでプランドプーリング »