« ひまわり観察日記2018年6月19日 | トップページ | レース専科 2018年6月22日 »

秦野カルチャー2018年6月21日

そぼ降る雨の中、蒸し暑かったですね。
いかにも梅雨時の天候です。あちらこちらで大雨になって被害が出ているようですから、それほどの雨じゃないからと安心してはいけないかもしれません。

さて、秦野カルチャーのレッスンでした。
ステッチ100高等科に入りました。最初はスモッキングのポーチ。
シンプルな技法を使って、色で遊ぶ形です。これも講師科になると、ちょっと高度なことも入ってきます。

白糸刺しゅう講師科 カットワークがまだまだ続きます。
慌てても綺麗に刺せないので、ゆっくり取り組んでくださいね。
ボタンホールステッチにバーを渡す時の糸替えも確認しました(^^)

高等科のアジュールはちょっと置いておいて、手作り手帖の付録のハーダンガーを進めています。織糸をカットするところを確認して、別途タティングレースも始めているので、エジングのパターンを渡しました。できるかな(^^)

タティングレースの基礎レッスン。今までの復習で、ダイヤモンド型のモチーフつなぎをします。
中央の花の最後のつなぎ部分、次の周の始めとピコつなぎなど、同じことを繰り返すようで、目数が違っていたりするので、確認しながら進めてください。

モチーフの展開の方は、つなぎ方がややこしいらしく、なかなか進みませんが、こちらもゆっくりね(^^)

ボビンレースは初めてのしおり練習。糸の巻き方、止め方、ボビンの持ち方、動かし方と、一つずつ確認しながら進めました。手を忘れないように復習してくださいね。

専門コースのテキストから大きなドイリーを始めた方。ボビンを足して、ラインが太くなるところからです。時間がかかりますが、じっくり取り組んでください。

円形のエジングの方は、途中で糸が切れたということで、糸足し。
縦ラインを足す時と、ワーカーを足す時は、つなぎ方が違うので、そこを確認。作業面は裏側なので、自分の見ている方に糸端を出しておきます。

四角のドイリーも、あとちょっとです。つなぎ方を確認しました。次回までにはできるでしょうか。

|
|

« ひまわり観察日記2018年6月19日 | トップページ | レース専科 2018年6月22日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/66854780

この記事へのトラックバック一覧です: 秦野カルチャー2018年6月21日:

« ひまわり観察日記2018年6月19日 | トップページ | レース専科 2018年6月22日 »