« 秦野カルチャー2018年6月21日 | トップページ | カラーのつぼみ »

レース専科 2018年6月22日

朝から湿気で歩くと汗が出るような天候でした。
お昼にはカラッとしてくるということでしたが、あんまり変わらなかったような気もします。
夜になってやっと涼しい風になりましたが、家の中の空気を入れ替えるのには時間がかかりますね。

さて、レース専科金曜クラス。
布付けをしなくちゃーという人が増えてきました。
タティングレース、バテンレース、クロッシェレース、ボビンレースと布をつける作品はいくつかありますが、布の選び方、縫い付け方も糸の太さ、出来上がりの厚み、形によって様々です。
それから仕立て。ポーチだったり、バッグだったり、がま口だったり。
課題だけじゃなく、「こういうのを作りたい」という話にもわかる限り答えていけたらと思っています。
レースは「透け感」が命ですけど、それだけでは「身に付けるもの、持てるもの」は難しい。
「仕立てが苦手〜」という方が多いですが、経験不足なだけです。やってみなくちゃわからないし、できないです。
タティングレースのビーズのポーチも内袋が綺麗にできると嬉しいですよね。
一つずつ、わからないところをクリアしていきましょう(^^)


|
|

« 秦野カルチャー2018年6月21日 | トップページ | カラーのつぼみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/66858888

この記事へのトラックバック一覧です: レース専科 2018年6月22日:

« 秦野カルチャー2018年6月21日 | トップページ | カラーのつぼみ »