« 変わり種 | トップページ | 刺しゅう糸でつくるミサンガ図鑑 »

目数との闘い

レースを作っていて、大概のものには「目数」というものが付いてきます。
クロッシェ、タティング、クンスト、マクラメ、ヘアピン、フィレ。
それぞれ、目を数える必要がありますね。
ボビン、バテン、テネリフは目数というより、打つピンの数という方がいいのかしらん?
バテンの場合は、ステッチを入れるときに「このループに何目かがりを入れる」というのがあるので、やはり目数は必要です。

製図があるものなら、楽チンですが、オリジナルは全て試作の山から出来てくるので、ものすごい糸食いになります。
今回も、作っては捨て、作っては切り、ぶつぶつ言いながら進めています。
うーん、これにこんなに手こずるとは……
内側が決まって、外回りの縁を考えているだけなのですが(^^;;;

ふと、カレンダーを見て、もうGWが目の前になっていることを思い出しましたが、
全部、作業なんですよねえ。
結局、休みってないのですよ(ーー;

|
|

« 変わり種 | トップページ | 刺しゅう糸でつくるミサンガ図鑑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/66650705

この記事へのトラックバック一覧です: 目数との闘い:

« 変わり種 | トップページ | 刺しゅう糸でつくるミサンガ図鑑 »