« 刺しゅう糸でつくるミサンガ図鑑 | トップページ | 花アロエ »

レース専科 2018年4月27日 

GW前の最後の金曜クラスです。

新入生の方たちは、前回編んだものを、今度は細い糸で最初から。
糸の太さが変わってくると、途端に手触り、糸の引き加減が変わってきて、同じ調子で編むことが難しくなります。
ちょうど、前の席で、高等科、講師科の方たちが編んでいるものを、どうやったら綺麗に編めるか相談してきて、あちこち確認して「キチキチに編めばいいというものではない」というところを実感してもらったりしましたので、納得してもらえたらいいなあと。
口で言っただけ、聞いただけでは「やったつもり」になって、実際に編んだときにあれ?となります。
ある程度編んでみないとわからないことだと思います。
また、最初から全部聞かないとできない、というのも困ります。
とりあえず取り組んでみてください。
聞くのはそれからですよ〜(^^)

タティングのビーズ入りモチーフを使ったポーチを作り始めた方も何人かいます。
バテンのかがりを練習している方たち、ヘアピンレースのオリジナルを編み始めた方、アイリッシュクロッシェのモチーフを編みためている方、ボビンレースを進めている方たちなどなど、それぞれ皆さん自分の作品と取り組んでいます。

さて、帰宅後。

20180427

月に彩雲。
怪しげな雰囲気でした(^^;;;

|
|

« 刺しゅう糸でつくるミサンガ図鑑 | トップページ | 花アロエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/66657100

この記事へのトラックバック一覧です: レース専科 2018年4月27日 :

« 刺しゅう糸でつくるミサンガ図鑑 | トップページ | 花アロエ »