« 秦野カルチャー2017年12月7日 | トップページ | 花は紫 »

ヴォーグ学園東京校 レース専科2017年12月8日

金曜クラスのレッスンでした。

ボビンレースの方が増えましたね。
基本のテープレースから一つ上がって、エッジの織り方2種、エジングに入る方たち、ピコの作り方、リーフの織り方、テクニカルコンテの読み取り方、などなど。

アイリッシュクロッシェの芯糸の太さと本数の確認をする方、モチーフの間のネットを編んでいる方。

ヘアピンレースを編み始める方、編み始めと中心に細編みを編む方法を再確認する方。

ビーズ入りのタティングモチーフを編んでいる方。

バテンレースの下ごしらえをする方、大きい作品のかがりを入れている方。

フィレレースのかがりを入れている方。

誰かが質問すると、横で一緒に見て、自分のやったことを確認したり、またはこれから先の作品を楽しみにしたり、教室ならではの風景ですね(^^)
私も長らく本が先生という独学でやっていたので、よくわかるのですが、本に書いてあることをどれだけ理解できるかというのは、独学だけでは難しいものもありますし、著者によって、いろいろな方法があったりします。
教室で、他の方の作品を見たり、自分のわかっていることを教えあったりすることで、新しい刺激をたくさん受け取ることができますね。
自分に合う先生、ということもあると思いますが、やはり習いに行くのは楽しいです(^^)
是非、見学をお勧めします。お待ちしています。

|
|

« 秦野カルチャー2017年12月7日 | トップページ | 花は紫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/66136447

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーグ学園東京校 レース専科2017年12月8日:

« 秦野カルチャー2017年12月7日 | トップページ | 花は紫 »