« Punto Antico Doily vol.4 | トップページ | 秦野カルチャー のレッスン 9月7日 »

関ヶ原

8月中はまったく映画を観に行かれませんでした。
せっかくの夏休み、もっと観られる予定だったんだけどな〜(^^;;;

さて、観たいものは幾つかあるのですが、とりあえず1本ということで、「関ヶ原」。
映画ならではのすごいキャストで、戦国オールスターズを(こう書くとゲームのような)演じています。
石田三成をメインに据えたキャストですが、これを映画1本でというのはもったいないような気がします。
よく2時間半で回したなぁと。大河ドラマあたりでは丸々1本を関ヶ原の戦いで扱うようなものですが、実際の戦いは半日。
あっという間に決着の付いてしまった「天下分けめ」でしたが、そこまで行くのにいろいろなエピソードを重ね、徳川方、石田方それぞれ丁々発止の駆け引きをしながら、だんだん逃れられないところまで追い込まれていく。

歴史書は、勝った方側から都合のいいように書かれていくものなので、悪人のように書かれている人たちも実際の知行地ではいい殿様だったりして、地方の書物や、個人の日記的記録には「今まで知られていた人物像」とは、かけ離れていることもよくあるようです。
もちろん、映画やドラマは史実と違うこともたくさんあります。脚色して分かりやすかったり、架空の人物が出ていたり、歴史書信奉者からしたら、「けしからん」ことも、多々ありますね。
こういうものは割り切って、楽しめればいいと思っています。
前述の通り、「歴史書が正しいとは限らない」のですから(^^)

さて、また、次は何を観ようかな(^^)

20170906

玄関先の桔梗咲き朝顔に、今度はピンクが咲きました。
まだ続きます(^^)

|
|

« Punto Antico Doily vol.4 | トップページ | 秦野カルチャー のレッスン 9月7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/65759179

この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原:

« Punto Antico Doily vol.4 | トップページ | 秦野カルチャー のレッスン 9月7日 »