« KANT 2017/2 | トップページ | 第1回レース講師養成講座1ヶ月目 »

紫檀 黒檀

朝、家の前の道路に見過ごせない汚れがあったので、ホースを引っ張ってきて水洗いをしようと思ったら、持ち手のトリガー部分が外れて、思いっきり水浸しになってしまいました(^^;;;
まだ水浴びには早いよ……
ホースが古くなっていて、硬くなってきているのでたまに外れるのですが、油断してたわ。

買い物に行ったときに、右手中指を軽く突き指してしまい(中指って最初に物に当たるので気をつけていたのですが)しばらくジンジンしてました(^^;
テーピングでとりあえず保護してます。
何だかいろいろしょうもない(ーー;;;

自宅レッスンでした。
プチポアンを始めた方は、とりあえず刺し方と針運びの仕方を図に描いて確認して、実践しました。
出来上がったら額を選ぶ予定です。

白糸刺しゅう高等科 シャドーワークの本番に入りました。
刺し始め、刺し終わり、糸の継ぎ方の確認をしました。ゆっくり進めましょう(^^)

クロッシェレース モチーフをスレッドコードに繋げています。
コードを並べて縫いとめるときに、綺麗に伸ばしてピン打ちするところから。
じっくり取り組んでください。

ボビンレースのスワン。 途中のリーフをしないまま進めたので、後からリーフだけ織り入れます。
なので、本来のやり方を確認してもらいました。
1本目のブレードを織り、2本目のブレードの途中でリーフを織り、四つ組で返ってきます。
続けて、ブレードを織るのですが、似たようなやり方にリーフを織り、リーフを織って返ってくるのもあります。イドリアレースなどで見ましたね(^^)

普段使いのボビンは白木のタイプなのですが、コレクションで紫檀、黒檀、ボーンを持っています。
この紫檀(ローズウッド)が今年の1月2日からワシントン条約の付属書IIに指定され、輸出入に規制がかかっています。 家具や楽器にも使われているので、その界隈では大騒ぎになったみたいですが、先日まで知りませんでした。販売元や原産地などの証明が義務付けられたので、面倒な手続きが必要になり、輸入量が減ることもあるようです。
国内に今ある物については、国内で売買するのは問題ありませんが、いずれ高騰するかもしれません。

そんなこんなで、つい、パリサンダー(紫檀)のボビンを増やしてしまいました。
いつ使うんだ(^^; 
まあ、先日織った「うさぎ」はローズウッドのブルージュボビンを使ったので、そのうち使いたいですね。

20170612

コレクションから、右端と真ん中が黒檀(エボニー) 
右から2番目が紫檀(ローズウッド)のブルージュボビン
左側2本が今回購入したパリサンダーのボビン。
同じパリサンダーでも、木の芯部と外側では全然色が違います。
袋の中から一番濃いのと薄いのをチョイスしてみました。
硬くて軽く、いい音がします。
なかなかいい音が出るような織り方ができないでいますけどね(^^;;;

|
|

« KANT 2017/2 | トップページ | 第1回レース講師養成講座1ヶ月目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/65403485

この記事へのトラックバック一覧です: 紫檀 黒檀:

« KANT 2017/2 | トップページ | 第1回レース講師養成講座1ヶ月目 »