« 満開 | トップページ | 快晴一転 »

シャトルのお話

冷たい雨になりました。
満開を迎えた桜が散ってしまいそうです(ーー;
場所によってはまだこれからという樹もありそうですが、暖かかったり冷え込んだり、どれくらい花が保つのか、様子見をしています。

それより人間の方が風邪をひきそうですよ(^^;;;

自宅レッスンでした。個人レッスンでタティングレースの基礎からやっています。
ブリッジ(チェイン)の最後のピコつなぎの確認をしました。
基本のリングの花の最後のつなぎも2方向からのやり方がありますが、これにも使えるつなぎ方です。

他にダブルリング、重ねつなぎ、シャトルつなぎ、はさみつなぎの違いなど。
実際に結びながらの説明をしています。

私も作り直しのモチーフをやりつつ、100均のシャトル、クロバーのボビンシャトルの話なども。
100均のシャトルは入手済み。
シャトルの噛み合わせ部分がしっかり止まるのはいいのですが、糸をこすりすぎそう。角が厚いのと、上から見るとまっすぐな三角なので、小さいピコだとすくいにくい。バリもあるので、一旦綺麗にしてからじゃないと、糸を引っ掛けます。
あと、説明書と、動画の左手。なぜこれなのか……

クロバーさんのボビンシャトルは、これからです。
昔、一番最初に購入したシャトルはAeroのボビンシャトルでした。ボビンが薄くて、糸があまり巻けないのと、噛み合わせ部分のギザギザが、リングから持ち替えて巻き戻すので磨耗してすべってくるのとで、今ひとつだった思いがあるので、どう?と使った人に聞いてみたら、「カチカチ音がしないので、いいよ。巻き戻しもクルクル戻るよ」ということです。とりあえず自分で使い勝手を確認しなくては(^^)

普段持ち歩いているタティング用のポーチのなかに、数えてみたら、20個近くシャトルが入っていたので、全部でどれだけ持っているんだろうと思いますが(^^;;; 
増殖するのよ。いつの間にか(^^;

|
|

« 満開 | トップページ | 快晴一転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/65137697

この記事へのトラックバック一覧です: シャトルのお話:

« 満開 | トップページ | 快晴一転 »