« 河津桜 2017年2月6日 | トップページ | 河津桜 2017年2月8日 »

低周波

顎関節症という症状があります。
顎の関節が外れやすくなったり、腫れたり、痛みがあったり、ガクガクと音がしたり。

きっかけは中学3年生の2月。私立高校の入試の日で、公立専願だった人たちは学校で自習という時に、何が原因か、顎がガクッとなって痛くなり、ろくに口が開かなくなったのでした。
このときに口腔外科に行けばよかったのですが、当時、そういう知識もなく、整形外科で腫れ止めをもらって幾つか薬を飲んだ覚えがあります。
しばらくして腫れも引き、普通に食べられるようになったのですが、それからたまに顎が外れかけるということが起きました。

それでも、普段はなんともないので、ほったらかしにしておいたので、大人になってから歯医者で顎関節症の話をすると、「もうどうにもならないからなあ」と言われるのが普通でした。

ここ1年くらい、度々ずれるようになり、痛みが走ることもあって、歯のクリーニングのついでに話をすると、専門医の来るときに診てもらえることになりました。
でも、診てもらうときに限って、そうひどい症状が出ていないというお約束(^^;;; のような状態で、
「症状としては、そうひどくない」ので、低周波によるマッサージをしばらく続けることになりました。

週1〜2回って、お休みがみんな潰れるんですけど……
時間的には30分程度ですが、往復時間、余裕を持って出かけるとなると、なんだかんだと1時間以上。
歯医者の方の都合と、自分の予定も合わせなくちゃいけないので、面倒くさい。

症状により、いつまでかかるかわかりません。春からまた忙しそうなので、今のうちにあれこれ済ませておかなくちゃと、早めに診てもらってよかったです。

しかし、低周波のパルスって、結構痛いのねえ(ーー;;;
ついでに首凝りが治るといいんだけど(^^;

|
|

« 河津桜 2017年2月6日 | トップページ | 河津桜 2017年2月8日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/64864682

この記事へのトラックバック一覧です: 低周波:

« 河津桜 2017年2月6日 | トップページ | 河津桜 2017年2月8日 »