« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

カラフル

20170227

最近入手した逆輸入品のシャトル
左の一番下が現行「フローラシリーズ」の普通サイズのシャトル。
その上2個がLサイズのシャトル。
右側の5個がアメリカで販売されているLサイズのシャトル。

硬さはフローラと同じ柔らかめのものですが、色がいいのです(^^)
一番下の薄い水色が、ピコットゲージと同梱で発売されているのと同じ色じゃないかと思います。
何にせよ、こういう色を国内でも発売してくれないかな〜
Lサイズは使い方にちょっとコツがいるので、普通サイズのをぜひ。

ブラックでもいいのよ(^^)
ただし、濃い色は傷とか、接着剤関係で、職人さんが嫌がると思いますけどね……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜 2017年2月26日

20170226

16輪の花が咲きました。
葉っぱも伸びてきて、透けたような若葉がきれいです(^^)

2月ももう終わりが近づいています。
あれこれやっている内に、あっというまに終わる……
サイト用のデータをと思ったのですが、まだ出せないものばかりになってしまいました(^^;;;

持ち歩きタティングモチーフはLizbethで作っているのですが、同じ40番でも、結んでいると太さの違いがよくわかります。同じ目数で作っているのに、出来上がりサイズが5mm以上違います。
結びながら、「これ20番じゃないよね?」と何度ラベルを確認したことか。
37枚になりました〜

さて、続きをいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たこ?

以前、クロッシェを1ヶ月半編み続け、8号レース針が糸で削れて細くなったり、フック部分が浅くなったりということがありました。
金属が糸で削れるという「かぎ針も消耗品!!」を実感したので、指にタコというのも、大したことじゃないですが(^^;;;

左手の親指と人差し指の上半分。指でOKマークを作って、手の甲側になる方が、固くなってきています。
糸でタコができるんですねえ……
糸で指や手の皮が切れてくるのもしょうがないか(ーー;;;

レースをやるのに優雅じゃない、職人のようになっています。
楽しんでだけ、できるのが一番なんですけどね〜
楽しいけど、時間に追われたり、「なんでこんな面倒くさいことを」と思うこともあります。
ま、しょうがないですね(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仕上げが肝心

ヴォーグ学園東京校のレース専科のレッスンでした。
アイリッシュクロッシェのモチーフつなぎを頑張っている人。これからモチーフを並べる人。
タティングレースのモチーフつなぎの布付けを始めた方、これからの方。
ビーズ入りモチーフのポーチの途中の方。
バテンレースのドイリーのかがりを始めた方。
フィレレースのネットを結んでいる方。
それぞれの作業を進めています。

布付けの作業は布目を通すことから始まって、印つけ、カットワークのランニングステッチ、ボタンホールステッチ、余分の布のカット、仕上げアイロンと続きます。
印つけに使ったものによって、印を落とす必要もあります。一つ一つ確認しながら、進めます。
ポーチの内袋も表布、ファスナー付け、裏布と順に進めます。
レースだけでなく、仕立物があるものは「針仕事が苦手」という方も多いので、時間をかけて進めてもらうようにしています。きちんと出来上がると、次の作品も作ろうという気持ちになれますもんね(^^)

さて、月曜から進めていたフィレレース、円形20段直径26cmの仕上げも終わりました。
次のデザインも考えます。

河津桜は14輪。最初の2輪は散り始めました。
残り2輪がほころび始め、葉っぱも開いてきました。
松田山は夜桜のライトアップをしています。きれいですね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

沈丁花

20170223

打ち合わせで市ヶ谷まで。
道路脇に植えられた沈丁花がいい香りでした。
この花も今年限りで、来年は来られないねえ(ーー)
赤と白の2色が植えられていて、見た目もきれいです。

沈丁花の花の香りは、花びらの厚いもの特有の、ヒヤシンスや水仙などと同種の香りです。
最近はあまり見られなくなった沈丁花ですが、ほっとする香りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

モチーフつなぎ

トーカイ小田原店のレッスンでした。

白糸刺しゅう本科 ドロンワークの続き。織糸を抜いてヘムかがりをし、上下のヘムの間の織糸を全部抜いて、できた柱上の糸をかがりました。
束ねたり、くぐらせたり。ここまでにするのに手間がかかりますが、仕上げまであとちょっと。
宿題がどれくらいできてくるかな?

編み物の初めての方。
手持ちのモヘアの糸で、ベストのパターンを持ってこられました。
四角いモチーフをつないで、そこから編み出し、前後に分けて方に向かって編みます。
まずはモチーフを編んでもらい、サイズを測ったところ、指定の糸と違うので、10cm正方が9cmくらいにしかなりません。どちらにしろ出来上がりサイズを大きくしたいので、モチーフを前後1枚ずつ増やすことにしました。身頃の方は目数修正が必要ですが、これは追い追いやっていきます。
これもモチーフをつないでくるのが宿題です。
そこから編み出すところを次回にできればと思っています。

午前中はお休みになったので、フィレを結んでいましたが、帰宅後に、目数調整で5段くらいばっさりカットしました(ーー;)
なかなか一度で思うようには結べません。
がんばりましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

36枚

ぼちぼち進めていたタティングレースのモチーフが36枚になりました。
テーブルのビニルクロスの下に、色とりどりに増殖してきています。

間に入れるモチーフも決まっていて、6角形の辺と隙間モチーフの辺をつなぐ形になるので、3枚の6角形モチーフの間に1枚ずつ入ってくることになります。
大小のモチーフがずらっと並ぶ予定なので、隙間モチーフの数も膨大になりそうです。
しかも、手持ちLizbethの糸全色を使う予定なので、全部作り終わらなくてはモチーフの配色位置が決まらない。

完成はいつになるやら。

その前に白糸モチーフつなぎの隙間ピースのかがりも入れなくちゃいけないのですが、つい余計なことばかりやっていて、こちらもすっかり止まっています。
白糸なので、変色も心配。出来上がったら、洗わなくちゃいけないかも知れません(^^;;;

こちらも完成はいつになるやら。

火曜は急遽お休みになったので、生徒さんから頼まれていた「テキストのタティングのボーダーに角を作る」のをやっていました。 とりあえずひとつ出来上がったのですが、もう一つ別案もあるので、そちらも作っておかなくちゃいけません。
研究科の時間にボツにしたフィレも結んでしまわねば(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜 2017年2月19日

20170219

玄関先の河津桜。ただいま12輪。あと数輪かな。
春の嵐で雨に叩かれ、風に振り回され状態ですが、今のところはしがみついてくれています。
松田山の桜もピークを過ぎたようで、そろそろ散り始め。
長く楽しめる河津桜ですが、こう暖かいとあっという間に終わってしまいそうです。

レース研究科でした。
未だに「今日は水道橋」と唱えながら、総武線に乗ります。
強風であちらこちら電車が止まったりしたようで、総武線もちょい遅れ。
そのあと、本格的に運転見合わせが幾つかあったみたいです。
帰りにロマンスカーも見合わせで、臨時急行がでてました。

1日フィレを結んだのですが、途中でボツ決定。目数を増やして再チャレンジしなくちゃ。

みんなでタティングレースの指の動きとか、指の位置などの再確認。
基本は基本で押さえますが、それぞれの手の大きさ、指の長さ、爪の形状、糸の引き加減などで変わってきます。それぞれいろいろあるね〜と(^^)

左右の手の間隔が広すぎるのは良くないです。
糸を手繰り寄せたり、余計な動きが出てくるので、目が揃いにくくなります。
あとは、練習あるのみです(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鋸山

さて、2つ目の主な目的地は鋸山。
凝灰岩を切り出した後の残る、標高330mの山。

201702185

ロープウェイで山頂まで登ります。
山頂からのパノラマ。

201702186

あいにく曇っていて、富士山までというわけにはいきませんでしたが、房総半島、金谷港、対岸の三浦半島まで見えました。

201702187

山を降りて、駐車場からの展望台。

201702188

帰宅中のバスの中。
アクアラインのトンネル内で事故ということで、渋滞覚悟でしたが、止まることなくゆっくりでしたが動き続け、三浦半島に沈む夕日を眺めることもできました。
渋滞も解消し、ほぼ予定通りに帰着。
バスの中で、タティングもしつつ、のんびり寝ながら楽チン旅でした(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

濃溝の滝

朝早くから千葉県方面に出かけてきました。
珍しくのんびりバスツアーで(^^;;;

濃溝(のうみぞ)の滝
君津市の山の中、最近有名になってきたところだそうです。
ただし、濃溝の滝はこれ。

201702181


201702182

滝!? というくらいの小さなものですが、滝の下にあるハート形のくぼみは、水が綺麗な時じゃないと見られないとか。
雨の多い時期だと、濁ってしまうそうです。

で。
有名になったスポットはこちら。
亀石の洞窟。
笹川を岩を穿ってショートカットして、水の流れを変えて、農地を作り出そうとした江戸時代のトンネル。こんなに大きく穴を作らなくても、水は通るだろうと思うのですが、箱根用水や酒匂川の治水、江戸の埋め立てと、当時の土木技術ってすごいです。

201702183

これも、水が多いと、川岸まで降りられないということで、水量としてはちょうどいい季節。

201702184

引き続き、湿地帯に木道が出来ていて、駐車場に向かって歩きます。
駐車場も小さいので、ツアーバスなどは別の場所で待機して、集合時間に回ってくるという面倒なことをしていました。

続きは又明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜 2017年2月17日

トーカイ小田原店のレッスンでした。

パッチワークの初めての方。
まず、キットを使い、型紙の取り方、縫い方、縫い代の倒し方までを確認しつつやってもらいました。
ハワイアンキルトを作ってみたいということなので、キットを作り終わった後で、相談しながらすすめることになりました。

ハワイアンキルトのポーチの仕上げ、ファスナーの引き手に付ける飾りを作りました。そのあと、タペストリーをつくりたいということで、模造紙を買ってきてもらい、その場で希望するパターンに合わせて絵を描いて、紙を切るところまで進めました。
次回までに布の準備を進めてもらい、パターンのカットをしようと思っています。

さて、「狐の嫁入り」から「春の嵐」になったので、帰宅後また桜を玄関先に避難させました。
ただいま7輪。

20170217


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おかえり

秦野カルチャーのレッスンでした。

ステッチ100高等科 アルファベットサンプラーの続き。
それぞれ刺している最中のものを確認しながら、わかりにくいステッチの説明などをしつつ、進めてもらっています。「わかるものだけ進めてきました〜」と一つ一つが小さいので、達成感があるみたいで楽しくできています。引き続き、サンプラーを進めます。

ステッチ100講師科 ステッチのサンプル刺繍。アルファベットサンプラーに使ったステッチをオリジナルの図案を使って刺し進めています。これもご本人が楽しくできているようで、出来上がりが楽しみです。

タティングレースはレッスン6までの総集編で、しおりを作ります。
基本中の基本はこれで押さえられるので、次回は別方向にちょっと舵を切ってみます。

アイリッシュクロッシェはモチーフの続き。それぞれバッグに仕立てる方、襟を作る方と方向が分かれましたが、どんな風に作るのか、イメージを持ってもらうと、編む気分も変わってきますから、どんどん進めてほしいです。
まとめ方はお任せ(^^)

ハーダンガー刺繍をやっている方、周囲はレースかがりにするそうです。
私も好きな仕上げ方ですが、ちょっと手間がかかります。出来上がりが楽しみです(^^)

以前、通っていらした方が、次回から復帰するので、相談がてら見学に来てくれました。
ボビンレースを続けたいそうで、必要な準備を確認して帰りました。
おかえりなさい。待ってますよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

少しはいいかも?

映画を観に行こうかなと思いつつ、作業があるしととりあえず横に置いて。
お天気もいいし、暖かい2階でPC作業。
眠い(ーー;;; 

マッサージ器と湿布でフィレ凝りも少しはいいかも。
朝起きると、腕があげられなくて、髪の毛を結べない。
左肩がつっぱって痛い(>.<)のと、指がむくんで、しばらくマッサージなど関節を動かすようにしないとこわばって動かない。
結構重症!? 
使わなければいいのは重々承知していますが、なかなかそうはいかないしねえ。
フィレを結ばない代わりのペンタブとマウス、キーボード作業の方が肩には良さそうです。
マウスは指のこわばりには、血行が悪くなるので良くないのですが(^^;;; どうしても手の形が固定されて、使う指も限定ですしね。

ということで、小さいサイズのフィレの製図などが出来上がりました。
一番大きいのは先日からほったらかしになっているので、そちらもやらなくちゃいけないのですが、大物はついめんどくさくなってしまって、後回しになってしまいます。

他にも個人的な製図が山盛りなので、そちらもやってしまいたいのですが、なかなか進みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

凝ってる

20170214

フィレの結び始め。
平たいステンレスの目板5mm 10mmと網針(あばり)で作ります。
目板じゃなくても、棒針でも結べますが、糸引きのコブを揃える位置は目板の方が、角を使えるから揃いやすいです。棒針だともっと細かい幅に調節できますし、自作の目板も作ってあります。
タティングレースのピコゲージ兼用ですけど(^^)

相変わらず、顎の低周波治療をやってますが、首から左肩の凝りが抜けません。ふと頭を動かすと痛い。
なかなかその場しのぎのマッサージくらいじゃ治らないようです(ーー;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜 2017年2月13日

自宅レッスンでした。

クロスステッチに燃えている方は、相変わらず仕事が早い。
一色刺繍ということもありますが、アルファベットサンプラーをずらずらっと刺して、周囲のボーダーも可愛くできて、あとちょっとというところまで来たようです。
布の縁の仕上げを考えるところまできましたね。

もうお一方のクロスステッチも、段染め糸でだんだん布が埋まってきました。
こちらも出来上がりが楽しみです。
サンプラー刺繍は、どんな色を使っても綺麗に出来上がります。
多色にするもよし、段染めいろいろを使ってもよし、単色にするもよしです(^^)

ボビンレースはスワンの周囲の四つ組をがんばってます。
延々長いですが、ベースが埋まって、ラインが見えなくなると、やった感がありますね(^^)

刺しゅう講師科。
すべての作品が仕上がりました。
妥協せず、ひとつひとつ丁寧に刺してくれて、それぞれきちんと仕上がっています。
おめでとうございますヽ(´▽`)/
一部、新カリキュラムの色や作品にしたり、これからのカリキュラム移行に合わせています。
旧カリキュラムは2018年3月末までに修了し、申請しないといけません。
その後は新カリキュラムのみの受付になるので、受講中の方はあと1年頑張ってください。

で、引き続き、レースの基本ということで、クロッシェを始めることになりました。
かぎ針と糸のサイズ、かぎ針の持ち方、レースかぎ針と普通のかぎ針の違い、糸の撚りの違い、糸のかけ方引き方、引き加減、目の大きさ、引き抜く位置、出来上がりの塩梅などなど、事細かに説明していたら、他の生徒さんも、「うんうん」「え、そうなの?」「知らなかった!」などなど、案外何気なくやっていることも改めて聞くといろいろ発見があるようです。
とりあえず、かぎ針に慣れてくることが宿題ですね(^^)

さて、雪のあと綺麗に晴れて、河津桜も5輪になりました。
松田山は満開です。遠目でもピンクが濃いです(^^)

201702131

201702132

一部葉っぱの先がほぐれてきているものもあります。
枝の先端はすべて葉っぱになります、その次の芽がぷっくりしていたものが花芽になっています。
ひとつの花芽から2〜3輪咲きますが、木が大きくなれば、たぶんもっと花芽の数もひとつの芽から咲く花の数も増えてくるんじゃないかと思います。
我が家の場合は、地植えにしないので今のままのサイズで剪定をしつつ、育てていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フィレ凝り

相変わらずフィレレースを結んでおります。
フィレレースは前回円形の基本パターンを掲載しましたが、その他に四角いマス目になるように結んで、そのマス目に別糸で刺繍をしていくタイプのものもあります。

刺繍タイプは一つ出来上がっているので、とりあえず一休み。
円形パターンをいろいろ結んでいるのですが、フィレは左手はほぼ固定で、右手を取り回すように結んでいきます。
最近の背中と肩こりが左側に集中しているのは、この「左手固定」が原因じゃないかと思い始めました(^^;;;
マッサージ器であちこち揉みほぐしてみたのですが、とてもそんなもんじゃ凝りがほぐれてはきません。
ただ痛みは少し楽になったかなと思うので、しばらく続けてみようかと思います。
手の甲に腱鞘炎の気も出始めたので、サポーターも必須になってきました。
無理しないようぼちぼち進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜 2017年2月11日

201702111

積雪7cmくらいになったでしょうか。
しっかり積もりましたが、日が差してきたら、どんどん溶けてきましたから、シャーベット状の雪が足の下でジャリジャリしてました。
出かけなくてよかったと思った「新東名の立ち往生のニュース」でした。3年前以来ですか?
あちこちで積雪がすごいことになっているようです。この冬はこういうドカ雪が多いですね。

20170211

雪に桜。ただいま4輪開花。
軒下避難の桜です。さっさと移動しておいてよかったです(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雪ですよ

箱根と丹沢には雪が積もって、冷たい風が吹き降りてきています。
ヴォーグ学園東京校レース専科金曜クラスのレッスンでした。
前回は、広い続き部屋だったのですが、3月までは他の教室との兼ね合いで、ぎっちり状態のクラス。
4月以降、どうなるかはわかりません。クラスの人数次第でしょうか(^^;;;
レースはどうしても道具を広げる場所が必要になるのでと、お願いしてきましたが。

さて、みなさんいろいろ進めています。
本科を修了されて申請された方達。
フィレレースやヘアピンレースを始めた方、ボビンレースを再開した方、エジングを織っている方、アイリッシュクロッシェのモチーフをたくさん編み溜めて、土台にしつけをした方、タティングレースのドイリーの仕上げや、モチーフつなぎを結んでいる最中の方達などなど。

暖房を切っていたのですが、最後には窓ガラスに結露してました。
みなさんの熱気がすごいんですね(^^)

珍しく早めに終わったので、「明るいうちに帰ろう」と帰宅しましたが、まだ日が短いので途中で真っ暗になります。新松田の駅では、つぶつぶの雪が降っていました。
我が家の庭にもコンクリート以外にはうっすらと雪が積もっていましたよ。
あわてて玄関先の河津桜の鉢を屋根の下に避難させました。
現在4輪咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いくつ目か

顎関節症の治療にも行きつつ、フィレレースの制作中です。
増やし目減らし目で模様を作っていくのですが、30番のレース糸を目板で引いて絞るときに、引きちぎること数回。
5mmでは小さいかなと、1cmで作って巨大化してあまりにスカスカしているので、あきらめること1回。
もう一度5mmで作って、途中から目のズレを気にしつつ、修正しながらやっとできたと思って、ピン打ちしているときに、結び忘れて飛ばした目を発見すること1回。

思ったものにならずに3日間かけてしまいました。
さていくつ作って残骸を増やしたでしょうか(^^;;;
とりあえずこのモチーフの最終にすべく、あちこち気合を入れまくっていくつ目かのフィレを結んでいます。

一つのものを完成させるのに、一度は最後まで仕上げないと、改善点が見えてこない。
早くて2回で、遅いと7〜8回作って、やっと完成品になります。
糸を食わないはずのフィレレースですが、そろそろ3つ目の糸玉が半分になります。
30番は190mありますから、500mくらい結んでるのね(^^;;;
まだまだ先は長いぞ。
他にも作りたい模様はあるのに、どうやったらそうできるか、頭のなかがぐちゃぐちゃしてます。
描いて結んでを繰り返すしかないです(ーー;

肩と首が凝りまくって痛くなってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜 2017年2月8日

20170208

近所の河津桜も5分咲きくらいになってきましたが、我が家の玄関先の鉢植えでも2輪開いています。
今年は15輪くらい咲きそうですよ(^^) 最高記録更新するか?

トーカイ小田原店のレッスンでした。
かぎ針で、ベストを作ってた方は、完成しましたよ〜
前回キャンセルしたので、どうしたのかなと思っていたら、転んでしまってあちこち痛くて、特に腕が動かないのでどうにもならなかったのだそうな。まだ長い時間編んでいると、手が震えるそうで、無理しないでゆっくり編んでくださいと言っていたのですが、やっぱり先が見えてくると、つい頑張っちゃいますね。
縁編みが全部終わり、あとは糸始末が数カ所残るのみです。
次回は、最初に練習台で編んだパネル状態のものをバッグに仕立てます。楽しみですね(^^)

卓球ラケットのケースをクレイジーキルトで作っていた方も、無事に全部のファスナーがついて、ファスナー端の千鳥掛けもきれいにできました(^^)
もう1つ同じものも残りのファスナー付けで終わりです。
「また、何かわからないことがあったら来ます〜」とのことです。楽しみにしていますね。

白糸刺しゅう本科 ドロンワークに入りました。
織糸を抜いて、フォーサイドステッチとヘムかがりを実習しました。次回までの宿題です。
次回はヘムかがり2本の間の織糸を抜いて、まとめていきます。

タティングレースは基本のモチーフをさらに高度にしていきます。
順調に進んでいます(^^)

ヘデボの基本で、ボタンホールステッチや、かがりなど、ヘデボならではのステッチを練習しました。
きれいに刺すには練習あるのみです。次回は他の白糸刺しゅうもということで、準備をしてきてもらうことになっています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

低周波

顎関節症という症状があります。
顎の関節が外れやすくなったり、腫れたり、痛みがあったり、ガクガクと音がしたり。

きっかけは中学3年生の2月。私立高校の入試の日で、公立専願だった人たちは学校で自習という時に、何が原因か、顎がガクッとなって痛くなり、ろくに口が開かなくなったのでした。
このときに口腔外科に行けばよかったのですが、当時、そういう知識もなく、整形外科で腫れ止めをもらって幾つか薬を飲んだ覚えがあります。
しばらくして腫れも引き、普通に食べられるようになったのですが、それからたまに顎が外れかけるということが起きました。

それでも、普段はなんともないので、ほったらかしにしておいたので、大人になってから歯医者で顎関節症の話をすると、「もうどうにもならないからなあ」と言われるのが普通でした。

ここ1年くらい、度々ずれるようになり、痛みが走ることもあって、歯のクリーニングのついでに話をすると、専門医の来るときに診てもらえることになりました。
でも、診てもらうときに限って、そうひどい症状が出ていないというお約束(^^;;; のような状態で、
「症状としては、そうひどくない」ので、低周波によるマッサージをしばらく続けることになりました。

週1〜2回って、お休みがみんな潰れるんですけど……
時間的には30分程度ですが、往復時間、余裕を持って出かけるとなると、なんだかんだと1時間以上。
歯医者の方の都合と、自分の予定も合わせなくちゃいけないので、面倒くさい。

症状により、いつまでかかるかわかりません。春からまた忙しそうなので、今のうちにあれこれ済ませておかなくちゃと、早めに診てもらってよかったです。

しかし、低周波のパルスって、結構痛いのねえ(ーー;;;
ついでに首凝りが治るといいんだけど(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜 2017年2月6日

20170206

新十文字橋より、助手席の娘に撮ってもらったものなので、移動中のブレがちょっと出てますが、現在の開花状況がわかるかなと。
近所の梅の方は、半日の雨と風でかなり散りかけになっています。
小田原の曽我梅園に行かれる方はお早めに〜

我が家の河津桜もほころんできました(^^)

201702061


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

円形フィレレース

Filetlace

フィレレースとは何ぞやと思っていらっしゃる方も多いと思いますので、基本の円形モチーフを。
「フィレ」とはフランス語で漁網のこと。結び方も、漁網と同じ一つずつネットを作っていきます。
ひと結びひと結び作っているので、間違った時にはこぶを解くようにしていきます。
タティングを解くのより面倒くさいです(^^;;;

上のフィレは12ループで5段結んだものです。
1ループにいくつもループの結び目を作ると増やし目になり、幾つかのループをまとめて結ぶと減らし目になります。
これで模様を作っていきます。
増やしたり減らしたり、粗密で模様を作りますが、もともと1本の糸を結びで作るので、糸の太さがレースの厚み。

糸は滑るものは向きません。結びが解けてくるのはダメです。
かといって、滑りが悪すぎる糸も、結ぶ時に糸を滑らせるのでダメです。
ゆるめの撚りの綿のレース糸が一番やりやすいですね。

糸を引く時に、いつも同じところでやると、指を糸で切ります(^^;;;
右手の小指の外側ばかりになりがちなので、気をつけて、あちこち移動しながら糸引きをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

河津桜2017年2月3日

だんだんほころんできました(^^)

20170203

松田山は遠くから見ても、ピンクの色が濃くなってきています。
こりゃ本当に桜祭りの頃には満開を過ぎてそうな雰囲気ですよ。見たい方は早めにどうぞ。

さて、フィレレースのリベンジも、ラフ絵を描き直し、結び直していますが、順調にいってるかと思ったら、増やし目を忘れて1周してしまったので、次の段で修正しました。
結んでみて、直した部分が前回の長さと違うので、目数の修正も必要になってきて、また計算し直し。
仕上げするのにも、ピンを打ちやすい数というのがありまして。
今回は8等分を細分化していくのですが、最後の段の方になると、描いた分割線が足りなくなります。
そこでピン打ちは目分量になったりするので、1マスに何目という具合に合わせていきますから、何分割にするのかはやっぱり大事。
特にフィレは仕上げで決まってしまいますから、重要な部分です。
最後の目数に合わせて増やす場所を決め、再度結び始めました。
先が見えてきたので、今度は作業が早いです。
今回は大穴の開いたパターンになって、ちょっと面白くなっています。
面倒な結び方が多いのですが(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あとちょっと

トーカイ小田原店のレッスンでした。
またちょっと冷え込みましたね。お店の中が暖かくなるまでにちょっと時間がかかりますね(^^;;;

パッチワークで卓球のラケットのカバーを作っている方は、出来上がるつもりで来たのですが、まだファスナーの縫い付け、千鳥掛けで終わってしまいました。ファスナーのない部分には、巻きかがりをするのですが、その途中に成ってしまったので、もう反対側のファスナー付けは次回ということになりました。残念。
「手縫いは久しぶりだからなかなか」とおっしゃるのですが、ちゃんと出来てきています。
覚えたものをすぐに2つ目で試しているようですから、綺麗に出来上がってくれると思います。

ハワイアンでペンケースを作り始めた方は、キルティングまでやってきてくれたので、トップだけにして今までの違う作り方をする予定だったのが、急遽変更することになりました。
それはそれなりに形にはきちんとなりますから、2つ目のお嬢さんのペンケースで、リベンジです。
色々作り方はあるよ〜と、ひとつ仕上げる方向になりました。こちらも、完成予定が一回ずれ込みました。

ハワイアンのポーチを作っている方は、ファスナーと巻きかがりまで出来ましたが、こちらも最後までは到達できませんでした。反対側のファスナー付けは次回。2つ目を同時進行で作っていますから、そちらを同じところまで進めてもらいます。

それぞれみんな、あとちょっとでしたね。惜しい(^^;;;

わたしもフィレレースで、目がずれて気持ち悪かったところを直し、2枚目を結び始めています。
さっさと終わらせて、製図まで行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひとつずつ、少しずつ

秦野カルチャーのレッスンでした。
相変わらず、アレルギーで目がかゆかったり涙目だったりしますが、元気に1日過ごしてきましたよ(^^)

ステッチ100 本科 バッグへの刺繍は少しずつですが進んでいます。なかなか忙しく、時間内だけにしかできないみたいですが、それでも2時間びっちり刺せば進みます。楽しみましょう

高等科 アルファベットのサンプラー。
枠取りのステッチが入り、文字に突入です。ひとつずつ、ステッチを確認しながら刺し始めました。

講師科 オリジナルモチーフ。
こちらも少しずつできています。そのほかにたくさんセーターなどにリボン刺繍などをしてきてくれています。楽しんでますね(^^)

タティングはシャトルつなぎなどの違いの確認。これがわかると色々応用が利きます。

雄鶏モチーフが出来上がって、額に入れてきてくれた方も。
尻尾がくるんくるんで可愛いです。

アイリッシュクロッシェのモチーフも、少しずつ増えています。
モチーフによって、最後の糸始末の場所が違いますから、確認しながら進めています。

さて、わたしもフィレレースのドイリーの「ちょっと大物」がそろそろ佳境です。
出来上がっても、仕上げをしないと結びの効果がどこまで出ているか、わかりません。
ひとつ作るのに1週間くらいかかりますから、これをたたき台にして直すにしても、また1週間ないし、プラス数日かかります。最初の方よりも、どこを修正するかや、数合わせなどに時間がかかるため、案外進まないことが多いです。
しかも、今作っているものは結び方も、製図も面倒くさい。綺麗に描けるかちょっと心配(^^;;;
まずは、結んでしまわないと話にならないので、とりあえず頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

四日月

20170102moon

1月2日の月にはかないませんが、

20170201

2月1日の月も金星に結構近づいていました。
三日月ならぬ四日月。
曇って見えなかった31日の方が、近かったみたいですね。

本家サイトの修正ですが、1日がんばってみたものの、どうにも2階のPCの繋がりが悪く、ダメそうです。
もうちょっと時間がかかるかもしれません。肝心なものが見えないm(__)m
時間待ちの間にフィレの製図がひとつ出来上がってしまいました(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2月更新

暖かい日が続いたと思ったら、また寒くなるようですね。
このところの気圧の乱高下で、アレルギーが酷い状態です。目がくちゃくちゃ。

さて、本家サイトの2月更新です。
一部、ネットが繋がらなくなり、ちゃんと更新できていない場所がありますので、今日中になんとかできればと思っています。

2時間以上試してみて、1分しか繋がらないってどういうこと〜(泣)
2階はWiFiの具合が非常に悪いです。

◆ニードルワーク  
 (2月)ボビンレース編 ブルージュフラワーレースのテーブルセンター
   カリキュマクロスレース編 スノーフレーク  ローズ
◆ガーデニング
 (2月) 1月の庭

◆教室のご案内
  自宅、トーカイ小田原店、秦野カルチャーの各日程を表示
そのほか、こちらでヴォーグ学園東京校のレース専科の様子などを発信しています。
日本手芸普及協会主催のレース講師養成講座は6月からになる予定です。
ヴォーグ本社の移転などにより、昨年からの予定がずれ込んでいますので、詳細はこれからになります。
まだまだ今年から来年にかけて、いそがしい日々が続きそうです(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »