« 年内あと2回です | トップページ | 遅ればせながら »

超シンプル

トーカイ小田原店のレッスンでした。
タティングレースの特殊な技法について、
糸の引き加減や、モチーフの裏表など、ふたりであれこれと相談しながら。
あまりやらない持ち方を使うので、手が引きつりそうになるかも(^^;;;
時間ができたら、私もやっておかねば。一応。

ハワイアンキルト メガネケースが出来上がってきました。
ファスナーのつけ方で、千鳥がけで端の始末をするのですが、糸のかかり方がちがう?という確認でした。
もう一度、他のポーチで練習してみましょうか。
次は楕円をたたむポーチになります。

ウール地でベア。 パーツに綿が入りました。開け口の閉じ方、足や、目玉のつけ方など。
ぬいぐるみならではのつけ方があります。一つづつ確認してもらいました。
もう1体あるので、それもワタ詰めをしておいてもらい、次回は最後の鼻と口の刺しゅうです。

さて、私の方も、やっとキルトに目処がつきそうです。
今回はアイーダというクロスステッチ使う生地が固いので、アイーダ、キルト綿、裏布で落としキルティング、周囲の表布、キルト綿、裏布で、アイーダの外側1cmくらいをキルティングという2周のみの、超シンプルキルトです。
それでも、久しぶりにキルティングしたら、支える左手の指がつりそうになるし、右手の指先は脂っ気が取れてパサパサで切れそうだし。
さっさと仕上げて、原稿を作らないと、別件がやってくる。
がんばりましょ〜

|
|

« 年内あと2回です | トップページ | 遅ればせながら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/64574168

この記事へのトラックバック一覧です: 超シンプル:

« 年内あと2回です | トップページ | 遅ればせながら »