« 暴走 | トップページ | 仕付け完了 »

アイロン仕上げ

トーカイ小田原店のレッスンでした。

ボビンレースはクリザンテの図案と格闘中。
お試しを一つ織ってから、KANTの作品に取り掛かります。どう重なっているか、解読しながらですね。じっくりやりましょう(^^)

区限刺しゅう本科
クロスステッチの基本が終わったので、額装です。
幸い手芸店ですから、キルト綿もありますし、一番薄手のドミット芯を買ってもらい、額装の基本を確認しながらまとめました。次は応用編。マス目も細くなりますし、図案も上下左右に違うものが入っているので、要注意です(^^)

シュバルム刺しゅう
大塚先生の本からの作品。前回の続き。サテンステッチの葉っぱをひとつ、見本として刺しました。
「難しそう」というので、別布で練習してからねということになりました。
頑張りましょう(^^)

タティングレースの体験。
桜モチーフを作るのが目標です。
2本どりでタティングの目の構造を理解してもらってから、目の数え方、結び方、リングとやっていきました。しごくスムーズ。まだ目は緩めですが、慣れが必要ですものね。
次回から本格参加してくれることになりました。

白糸刺しゅう本科
ハーダンガーの続き。
2枚のサテンステッチ(クロスターブロック)が出来上がってきたので、織糸のカットとかがりを入れ始めました。糸の引き加減、かがりの糸の上下など、確認しながらです。ゆっくりね(^^)

編み物
かぎ針で編むベストの続き。
今までに編み終わった分を、アイロン仕上げをしました。
蒸気をいっぱい入れて、縮まっていた糸を伸ばしました。
アイロン台が小さいので、数度に分けての仕上げですが、「大きくなった!」とびっくりしていました。
編み加減も最初と最後ではかなり違うことも、仕上げてみたら一目瞭然(^^;;;
まあ、これはまた、最後のとじはぎでなんとかしましょう。
糸の残り具合で、最初に編んだゲージ代わりの2枚をどうバッグに仕立てるか考えます。
糸が足りなかったら、別色でもいいかもしれません。

帰宅後、ひと仕事。
アメリカ大統領選の結果にアングリ状態ですが、(どうなることやら。案外、議会やらにみんな止められて、何もさせてもらえないかもしれない)それは置いておいて、次のお題を考えないと。

|
|

« 暴走 | トップページ | 仕付け完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/64466856

この記事へのトラックバック一覧です: アイロン仕上げ:

« 暴走 | トップページ | 仕付け完了 »