« 9月始動 | トップページ | Quilt & Stitch Show 2016 »

臨機応変?

トーカイ小田原店のレッスンでした。
パッチワーク講師科 2枚目のサンプラーキルトが出来上がってきました。
1枚目は綺麗なクリアカラーの配色。2枚目はちょっと色調を落とした、シックな配色になりました。
あと残りはテティベアです。パーツがカットできたので、あとは縫い合わせ、綿詰め、組み立てになります(^^)

ハワイアンキルトのお二人。

お一人はパイナップルパターンのバッグ。
パターンを切るときにパイナップルと葉っぱ部分の切り込みが少なくて、締まった感じにならなかったので、キルティングラインでそれらしく見えるように描き込みました。
パターンのラインと、パターンの外側のエコーキルトの相談をしたので、ぼちぼちキルティングをしてきてくれると思います(根を詰めちゃう方なので、ちょと心配ではありますが)

お一人は貝殻と波のパターンで、大きな肩掛けのフラップ付きのバッグ。
マチ部分のキルティングに飽きた(^^;と言っていましたが、とりあえず出来上がってきました。
マチの外側にポケットをつけたいというので、余っている生地を出してもらい、バイアスをとる部分以外のところを利用して、その場でカットして、裏地をつけたポケットのつけ方を相談しました。
内側にもポケットが要るよね?と、裏生地の残りから、本体の形に響かないつけ方と、バッグの幅を目いっぱい使う切り替えポケットの相談をしました。
臨機応変というか、行き当たりばったり的な生地の取り方ですが、できる限り買い足しをしないで、目いっぱい使うことを目標にしました(^^)

ポケットも目的に合わせて、また、手の大きさに合わせて、幅と深さが変わってきます。
ぺたんこもあったり、プリーツをとったり、ギャザーにしたり。
独立、縫い付け、つける場所もいろいろです。
楽しく考えましょう(^^)

|
|

« 9月始動 | トップページ | Quilt & Stitch Show 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/64147252

この記事へのトラックバック一覧です: 臨機応変?:

« 9月始動 | トップページ | Quilt & Stitch Show 2016 »