« 刺激を受けて | トップページ | 刺繍博物館サンプラー その13 »

ハワイアンのバッグ

トーカイ小田原店のレッスンでした。

パッチワーク ハワイアンキルトのミニタペストリーがそろそろ出来上がります。
バイアスの表側が縫いあがってきたので、裏に折り返し、まつりつけました。
棒通し布のつけ方を説明して、次回の作品の相談をしました。
パターンを決め、サイズを決めて、手提げバッグを作ることになり、とりあえずトップのアップリケから。
使いやすいサイズを目指し、A4が入るように作ります。
配色も、持ち歩きやすい茶系に決まりました。
夏休み中にキルティングに入れるよう、アップリケを頑張ってみましょうということになっています。

さて、大物バッグを作っている方、2枚目のパネル部分のアップリケが終わり、しつけに入りました。
アップリケがなかなか思うようにいかないそうです。
そうよねえ。これも慣れですよね。続けるしかないですね(^^;;;

カリキュマクロスの小さなモチーフのレッスンも始まりました。
地元のみのレッスンです。
図案の用意をしてもらってきてありましたので、枠取りの糸の縫い付け方から入ります。
いくつかポイントを説明しながらですが、今までのレースとも刺繍とも違う作り方です。
楽しんでいきましょう(^^)

帰宅後、久しぶりにタティングのモチーフつなぎを再開しています。
残りの数を数え始めました。つなぎのピースも考えないと。
縁編みも要りますね。

|
|

« 刺激を受けて | トップページ | 刺繍博物館サンプラー その13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/63792799

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイアンのバッグ:

« 刺激を受けて | トップページ | 刺繍博物館サンプラー その13 »