« 刺繍博物館サンプラー その11 | トップページ | 刺繍博物館サンプラー その12 »

「風の花」 針の会レース展

ヴォーグ学園レース専科金曜クラスのレッスンでした。
お天気に恵まれ、日が当たるとあっつい(^^; 状態でした。

午前中は通常レッスン。
バテンレースのステッチ順や、テネリフレースの糸のかけ方、まとめ方など。
ボビンレースの角の織り方、タティングレースの基本の花の最後のピコのつなぎ方などなど、それぞれの疑問点に答えていました。
午後からは、銀座で開催中の針の会のレース展の見学へ。
一度に行くと、いっぱいになってしまうからと、三々五々に出かけることになりました。
生徒さんたちが全員出かけたのを確認してから、教室をあとにしました。

会場は外側から見てもいい感じ。小さなアンティーク風のテーブルの上にふわっと広げられたカリキュマクロスレース。ウエアが2点。
中にはウエアものを中心に額装、ショールなど平面ものなどがずらり。
みなさん最後まで頑張ってましたね〜 ついこの間まで、コードを縫い付けてたのにと思いながら見てました。
丁寧な仕事がたくさん並んでいます。時間もかかります。ウエアとなると、仕立ても入ってきます。
ワンピース、ベスト、カーディガン、被布など。繊細な仕事です。
作品番号を見て、名前を確認すると、やはりその人の雰囲気が出ているな〜と思いました。

会場で、懐かしい顔にも会えました。
久しぶりに話をして、なんでか、お二人ともに「涙が出てきちゃった」と言われましたよ(^^;;;
安心する顔だったみたいです。またお会いしましょうね〜

いろいろたくさんの刺激をもらって帰ってきました。
次は何にしようかな(^^)

|
|

« 刺繍博物館サンプラー その11 | トップページ | 刺繍博物館サンプラー その12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/63759122

この記事へのトラックバック一覧です: 「風の花」 針の会レース展:

« 刺繍博物館サンプラー その11 | トップページ | 刺繍博物館サンプラー その12 »