« 5月1日はスズランの日でした | トップページ | CAPTAIN AMERICA SIVIL WAR »

稲の種まき

田植えの準備が始まっています。
苗箱に種をまいて、稲の育苗の支度をします。
苗箱には、以前は土を入れて、平らにしてから種を蒔いていましたが、今は肥料成分を塗りつけたロックウールという不織布を厚くしたようなスポンジ状のものを敷きます。
それにまず水をたっぷり含ませて、水に漬けておいた種もみをならして蒔き、パールマットという粒状に加工された土をかぶせて、さらに水を撒きます。
箱の上に枠をかぶせて、箱に車と持ち手がついて、下から種や土が落ちるようになっているものを使って、バラバラと均等に落とします。
これがないときは、手でふるっていたので、まさに「手加減次第」だったろうと思います。

201605032

この後、寒冷紗(銀色のビニール)をかぶせて、湿度、温度の管理をします。
途中、水撒きをしたり、ビニールを剥がして日に当てたりして、1ヶ月くらい箱の中で育てます。
昔は大きく育てましたが、今は田植え機に丁度良いサイズにするので、15cmくらいでしょうか。

201605031

並びの畑では、ジャガイモの花が咲いていました。

帰りがけ、東名高速で事故渋滞。御殿場〜大井松田18km100分の渋滞なんてのが出ていたので、一旦乗ったのを裾野で降りて、山越えルートで帰宅しました。
途中御殿場、小山ではもう田植えの終わった田んぼもたくさんありましたよ。
さすがに早いわ。

|
|

« 5月1日はスズランの日でした | トップページ | CAPTAIN AMERICA SIVIL WAR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/63575569

この記事へのトラックバック一覧です: 稲の種まき:

« 5月1日はスズランの日でした | トップページ | CAPTAIN AMERICA SIVIL WAR »