« 月の北側 | トップページ | 市ヶ谷の桜は »

Handi Crafts Vol.101 2016年3月号

20160323

ハンディクラフツの101号が発行されています。
メインは昨年11月から12月まで開催された、目黒雅叙園の「手芸で創る美の世界」展。
各部門の展示作品と、百段階段の各お部屋の様子が掲載されています。
見てこられた方は思い出しつつ、見られなかった方は想像しながらご覧ください(^^)

通常の部門別コーナー。レース部門は技法紹介コーナーはタティングレースのドイリー。
立体仕立てなので、作り方を注意してご覧くださいね。
マクラメのミニタペストリー、チューブヤーンを使ったバテンレース仕立てのベストも。
マクラメは女の子の帽子やスカートが一つずつ違ったり、細かいところを見てくださいね。
バテンレースのベストも、伸びるチューブ状の紐を使っているので、伸びない工夫がされています。
バッグは参考作品ですが、ベスト同様に作れます。

刺しゅう部門はギンガムチェックに刺しゅうしてありますが、スイス刺しゅうと呼ばれるものです。
しばらく前に特集したマガジンを購入してあるので、ちょっとやっておきたいなと思っています。
レッドワーク(ブラックワークの赤糸版)も。ブラックワークはアルファベットの額も。基礎シリーズでも、紹介されています。やりだすと結構ハマる刺しゅうですよ。

キルト部門では、第13回キルト日本展の上位20点が掲載されています。

小さな手づくりは、「好きな国」
レース部門は、北尾先生提案で「日本」を。部門委員で相談して、桜をメインにすることになりました。
桜だったら、川? 並木? 富士山?と、あれこれ相談して、出来上がったものが、富士山をバックにした桜満開という風景です。富士山の色と形、桜の段染め糸、たなびく雲に一工夫してみました(^^)

レース学習会は6月26日(東京)7月5日(大阪)で、立体クロッシェのモチーフをテーマに行います。
特別展示として、目黒雅叙園のレース部門の展示作品と、レース指導員の卒業作品をご覧いただけます。
私たちも卒業作品の展示を楽しみにしています。

別途、おしらせもありますので、是非、誌面をご覧ください。

|
|

« 月の北側 | トップページ | 市ヶ谷の桜は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/63386624

この記事へのトラックバック一覧です: Handi Crafts Vol.101 2016年3月号:

« 月の北側 | トップページ | 市ヶ谷の桜は »