« そろそろお尻を叩きます | トップページ | KANT 2015/3 »

天空の蜂

原作既読。
江口洋介と本木雅弘というキャストで、既に先行きが見えますが(^^; 
どう仕上げてあるかと楽しみにしていました。
旦那も観たいというので、二人で初日に観てきました。

原作から設定を変えてあるところがいくつかあります。
決定的に変えてあるのが、ヘリに残される子供。
ありえないでしょ〜というところもありますが、まあ、映画ですからね。

原作が1995年。高速増殖炉に爆弾を積んだ巨大ヘリを落とすぞと政府を脅迫する犯人と、ヘリの設計者、高速増殖炉のスタッフ、犯人を捜す警察などのタイムリミットまでの闘い。
犯人が日本全国の原発を止めろと要求するのですが、震災後、実際にすべての原発を止めざるを得なくなりました。そういう背景もあって、最後におまけをつけてあるのでしょう。江口くんの息子が成長して……

原作のエッセンスを変えずによくまとめたな〜と思います。
痛い画面もありますし、ヒヤヒヤするところもあります。
朝から夕方までの濃い密度の半日がメインのクライシスサスペンス。
良かったです。お時間のある方は是非(^^)

|
|

« そろそろお尻を叩きます | トップページ | KANT 2015/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/62267871

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の蜂:

« そろそろお尻を叩きます | トップページ | KANT 2015/3 »