« だる〜 | トップページ | ナーベルソムのデザインを考える »

郷土資料館 夏期特別展「昭和を写したカメラたち」

201507191

市内の丸太の森の中にある、郷土資料館。
子供達が小さい頃はよく丸太の森や、21世紀の森に遊びに行ったものですが、久しぶりに旦那が興味ありそうな展示があったので見てきました。
常設展は入館料200円、特別展示中は400円です。(丸太の森とは、別料金になります)
相模原市と厚木市の方が所蔵する3000点以上のカメラの中から750点以上が展示されていました。
ちょうどご本人がいらして、あれこれと説明してくれました。
いろんなメーカーの一眼レフ、二眼レフ、蛇腹カメラ、8mmビデオ、ビデオムービー、ミニカメラ、キャラクターカメラ、ポラロイドなどの即席カメラ、などなど。
街の写真やさんののぼりや、垂れ幕、ポスター(10代の観月ありさや、20代のとんねるずなどなど)立て看板なんか、よく取ってあったなと思うようなものがいっぱい。
我が家でも使っていたカメラを見つけたり、懐かしいものがありましたね。
よくまあ、これだけのカメラを集めたものです(^^;)

昭和60年当時と現在の市内各所の写真も展示されています。

8月30日まで  午前9時~午後4時30分  休館日 月曜日 7月21日、22日 

201507192

入り口にこんなのぼりが立ってました(^^)
ゆるキャラの「よいしょくん」と仲間達、 キンタローマンです。

|
|

« だる〜 | トップページ | ナーベルソムのデザインを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/61916880

この記事へのトラックバック一覧です: 郷土資料館 夏期特別展「昭和を写したカメラたち」:

« だる〜 | トップページ | ナーベルソムのデザインを考える »