« 「イタリアの手織レース展」 | トップページ | アレルギー再発 »

勢いに釣られると

秦野カルチャーのレッスンでした。

白糸刺しゅう本科。
カットワークの続き。試し刺しの最中の方、本番に取りかかる方、本番の刺しゅうが終わった方と、それぞれ取り組んでいます。
刺しゅうの終わった後に仕立てがあるのですが、今までとは一味違う袋物になります。
仕立ての最後の部分を次回にすることになっています。

ステッチ100本科。
リボン刺繍に入りました。
リボンならではの刺し方がいくつかあります。一つづつ取り組んでいきましょう(^^)

ボビンレース。
ピンクッションのエジングを1枚布につけるように変更し、ヘムかがりの実習。
すくう場所さえわかればステッチはひとつなので、ゆっくりやりましょう。
次回からファンとグランドの練習をします。

新しいトーションのエジングに入った方。
最初の部分の糸のかけ方で四苦八苦。頑張りましょう(^^)

私も合間にタティングのブレードを作っていますが、思ったよりもかなり長く1段目が出来てしまいまして……
折り返して2段目をつなげるので、糸を切るよりはと、長々とほどくことに(^^;;;
測りながら作っていたのですが、話をしながら生徒さんの作品を見ながら勢いでやっていたら、余計な仕事が増えちゃいました。
めんどくさい(^^;;;

この週末もまたお題に戻るので、持ち出し・ながら仕事はタティングになります。
そういうときに少しでも進めようとするので、逆に手間がかかることにもなりかねない。
一つずつ確認しながらやりましょう(^^)
進歩しないな〜(ーー;

|
|

« 「イタリアの手織レース展」 | トップページ | アレルギー再発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/60760469

この記事へのトラックバック一覧です: 勢いに釣られると:

« 「イタリアの手織レース展」 | トップページ | アレルギー再発 »