« 手づくり手帖  vol.03 | トップページ | 1日がかり »

最初が肝心

トーカイ小田原店のレッスンでした。

刺しゅう高等科。
フロレンタイン刺しゅう、バージェロとも呼ばれるキャンバスワークです。
バージェロにはいくつか決まった刺し方がありますが、流れるような色使いをしていく刺しゅうです。
ひとつ、パターンを刺したら同じものを繰り返すことが多いので、無心でできるのが好きですね(^^)

午後にはかぎ針の引き上げ編みを使った帽子を。
極太タイプの毛糸でゆったり編んでいきます。レースはきっちり編むことが多いので、たまにはゆったり編むのもいいですよね(^^)

タティングレースを始める方もいらっしゃいました。
基礎本はあるのですが、どうにもうまくいかなくて…ということでした。
まずはタティングレースの構造から始まって、手の動きを一つ一つ確認してもらいながら、糸の流れを見てもらいました。
2時間のうちに基本的な動きをマスターしてもらったので、次のステップへ。
次回までにたくさん練習してきてくれるそうです。
がんばってね〜

|
|

« 手づくり手帖  vol.03 | トップページ | 1日がかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/60718330

この記事へのトラックバック一覧です: 最初が肝心:

« 手づくり手帖  vol.03 | トップページ | 1日がかり »