« ベッドフォードシャーレース | トップページ | 自宅レッスンも再開 »

フィレレースとアイリッシュクロッシェ

さて、もう1枚。

201301262326000

子供用の襟です。
フィレレースの本体と内側、服に付ける部分がフィレのテープ。
縁飾りがアイリッシュクロッシェレースという混合レースです。
直接編み付けてあるのではなくて、それぞれ単体をかがりあわせてあります。
クロッシェは角を三角に折り畳んでまつってあります。
最初からその為に作ったものじゃなくて、パーツをかがってある所はノルマンディーレースのような感じですね。
アイリッシュの糸は本当に細い。
それを編む為のかぎ針も細いんだろうなあと。
ボビンレースによく使う0.4mm位かな(^^;;;
昔の手仕事はすごいです……

|
|

« ベッドフォードシャーレース | トップページ | 自宅レッスンも再開 »

コメント

piyoさん(^^)
大阪だったら先生を紹介するのにな〜
四国方面には行った事が無いので、遠征してみたいですね(^^)

投稿: NARU | 2013/01/29 20:47

近ければホント習いに行ってますよ!私のやってみたいことばかり教えてくれるんですもの~。
香川じゃあまり、こういう手仕事の先生がいないみたいです(´Д⊂グスン

投稿: piyo-bear | 2013/01/29 06:31

piyoさん(^^)
そうなんですよねえ。職人さんがどれだけ手をかけていたか、それを着る事の出来る階層の人たちがどれだけお金持ちだったか(^^; 今とは全然違うんだろうなあと想像します。
手仕事はやっぱり目が命ですよね。なるべく早いうちに始めておくと、年をとっても出来るんですよね。基本だけでも是非やりましょう(^^)

投稿: NARU | 2013/01/28 07:35

ほぉ~~
さすがに繊細な手仕事!アンティークのレースはカットワークのものや手刺繍のものを少しだけ集めてますが、縫い糸のような細い糸で模様を作ってるんですよね。しかも手仕事。1着のドレスを飾るためにはどれだけの分量が必要だったのでしょう。。。いつか自分でも作りたいのですが、その前に目がダメになりそうですものね(笑)
いいもの見せていただきました(*^_^*)

投稿: piyobear | 2013/01/28 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/56633800

この記事へのトラックバック一覧です: フィレレースとアイリッシュクロッシェ:

« ベッドフォードシャーレース | トップページ | 自宅レッスンも再開 »