« ニッティングレース 棒針で編むレース104 | トップページ | 車検しました »

糸の流れを描く

トーカイ小田原店のレッスンでした。
つるし雛は「海老」まずはパーツをカットして、本体を縫い繋げました。
くるんと曲がった体が特徴です。パーツが多いので、少しずつ進めましょう(^^)

レースは「クロッシェの縁編み」の確認、「ボビンレースのピンクッション」のエジングの糸の流れの確認。「ヘアピンレースの基本」と「まとめ方の基本」など。
他に、ボビンレースの基本のエジングのプリッキングを描き、別紙で糸の流れ(テクニカルコンテ)を自分で描いてみようというレッスンもしました。
少人数だから出来る「ひとつひとつ確認しながらの作業」です。
織る事が出来たら、それを描いてみる事で「今度はこうしよう」とか、自分なりの工夫が出来てくると思います。オリジナルが出来るようになると楽しいよね(^^)

私のクロッシェは最初編んでいたもう1枚のサイズを超えました。
デザインも決まってきたので、後はひたすら編むのみです。
最終段の縁はまた編みながら考えます。

|
|

« ニッティングレース 棒針で編むレース104 | トップページ | 車検しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/55755324

この記事へのトラックバック一覧です: 糸の流れを描く:

« ニッティングレース 棒針で編むレース104 | トップページ | 車検しました »