« ハンガリーの切手 その11 | トップページ | ハンガリーの切手 その12 »

きらめくアクセサリーの世界

一日、旦那の関係の用事で都内。
帰りにちょっと待ってもらって、日本橋高島屋へ。
27日(月曜)までの展示なので、とりあえず見ておかねばと駆け足で寄ってきました。

ビーズ、宝石、刺繍、リボン、レースととりどりの綺麗なものがいっぱい。
レンミッコのフランスリュネビル刺繍(ビーズクチュール刺繍系です)の実演があったり、DMCの糸やアンティークレースの扇などがあったり、バテンレースのかがり見本、刺繍の展示があったり、中山久美子さんのブティの作品(ドレス、ベビーキルトなど)も沢山ありました。
ビーズのヘッドドレス、みっしりと繋げたネックレス、アールデコのレース、ビーズアクセサリーなど、じっくり眺めていたい作品も多く、もっと時間があったら良かったなあ……
販売コーナーも充実していますが、見る暇なかったです(^^;;;

展示会場の外側に面白いものがケースに並んでいました。
「空き箱美術館」〜高橋和真さんのパッケージクラフトの世界〜
いろいろなものの空き箱から楽しい作品が作られています。
ポカリスエットの粉末の箱から出来たロボット、ボンカレーの箱から出来た大きな腕時計、シーバスリーガル(ウイスキー)の箱から出来た猿と虎。ほかにもいろいろ高島屋の地下1階、5階、8階と展示されているようです。
こちらは28日までの展示です。

ペーパークラフトって、子供の頃から雑誌の付録などでいろいろ作ってきましたし、立体カードを切り出したり、好きな分野です。我が家の子供達も空き箱が出ると「取っといて〜」と工作に余念がなかったのですが、ここまで行くと、もうとても捨てられない(^^;;;
多分、最初は「空き箱があるから」と始めたものが、「これを作りたいから空き箱を作るべく中身を消費する」方向に向かっているんじゃないかな(^^)
チラシを持って帰ったら、子供達にも大受けでしたよ〜

|
|

« ハンガリーの切手 その11 | トップページ | ハンガリーの切手 その12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンガリーの切手 その11 | トップページ | ハンガリーの切手 その12 »