« ドイツ クラフトの旅 その12 | トップページ | ドイツ クラフトの旅 その13 »

梅雨の晴れ間

自宅レッスンでした。
つるし雛の「鶴」と仕上げの仕方を習いにきた方はボビンレースも長くやってこられた方です。
ノルマンディーレースの話もしたり、ちょっとマニアックな時間。
「ノルマンディーは新しいもので作ったら、ノルマンディーと言うのかしら?」という話になりました。
私は「レースのパッチワークだけれど、本来の目的で言えば、古いレースのいいところだけをとって繋ぎあわせたものじゃないかなあ」という意見ですが、皆さんいかが?
最初からノルマンディーレースを作る為にボビンレースやチュールレースを作っている訳じゃないと思うので。
「新しいレースを繋ぎあわせたものは、「ノルマンディーレース風」になるんじゃないかな。」と思います。

パッチワークは「メキシカンスター」バリエーションがキルトに仕上がって来ました。
白地に赤のレッドワーク風。すごく素敵に仕上がりました。
次はログキャビンのバリエーション。
じっくり取り組みましょう(^^)

玄関先や駐車場側には、パンジーに混じってインパチェンスが10cm程度なのに花をつけ始めました。
あまりに混みあっていて、生存の危機を感じてるのかなあ……
やっぱり間引かないと大変そうです。

Nec_0977_2


|
|

« ドイツ クラフトの旅 その12 | トップページ | ドイツ クラフトの旅 その13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/55061688

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間:

« ドイツ クラフトの旅 その12 | トップページ | ドイツ クラフトの旅 その13 »