« ドイツ クラフトの旅 その6 | トップページ | ドイツ クラフトの旅 その7 »

増殖するわけ

水曜、今日とトーカイ小田原店のレッスンでした。
レースとつるし雛とパッチワーク。

パッチワークでは講師科終了者が出ました。
お仕事をしながら、がんばって作ってきました。
最初の頃から比べて、選ぶ布が変わってきました。大柄、動きのある柄も使えるようになってきたし、色の好みも少しずつ変わってきたように思います。
課題をこなすうちに、自分なりのチェックポイントが見えてきたみたいですから、これからのオリジナル作品に生かせるようにしていって欲しいな。
引き続き、バテンレースをやってみたいと、ドイリーのキットに挑戦中です。

講師科卒業生も顔を出してくれました。
制作中の作品のパターン配置とボーダー、ラティスの相談。
今まで使えなかった派手な柄で大胆なボーダーを作るので、本体部分との切り替え方を考えました。
布合わせはしても、つなげてみたらイメージが違ったりすることが結構あります。
とりあえず候補を立てて、トップ完成後、また相談ですね。

高等科のパターンの配色、配置の相談の方もいました。
こちらも段々使える布の範囲が広がってきたように思います。
こうやって布はどんどん増殖するのよねえ……

つるし雛は「燕」
我が家周辺では田舎なので田んぼもいっぱい。最近少なくなったとはいえ、雀も燕も飛び交っています。
雀なんかは、運転中の車の前からあわてて逃げ出すのが多くて、今朝は何度もブレーキを踏み掛けました。
道路にうろうろしてたら危ないって~(^^;;;
燕は背中とおなかが白黒なので、最初にはぎ合わせが必要です。じっくり作っています。

レースはボビンレースとバテンレース。
ボビンのファン部分だけ色を変えるやり方と、バテンレースの基本ステッチをいくつか。
勉強熱心です。私もがんばらねば。

旅行から帰国後、しばらくクンストレース漬け。
入手できなかった雑誌の代わりのように、クンストの図案を探しまくり。
フリーパターンからいくつか編み始めました。
パターンパックも入手できたので、大物にもそのうち挑戦できたらいいなあと思っています。
また、本を増やしてしまったわけです(^^;;;


|
|

« ドイツ クラフトの旅 その6 | トップページ | ドイツ クラフトの旅 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/54967332

この記事へのトラックバック一覧です: 増殖するわけ:

« ドイツ クラフトの旅 その6 | トップページ | ドイツ クラフトの旅 その7 »