« 増殖するわけ | トップページ | せっかく買ったのに »

ドイツ クラフトの旅 その7

5月17日 午後にツェレに到着。
まずは刺繍博物館です。

201205176

ここも個人のコレクションを公開しているもの。
でも、そのコレクションがすごい。
古いサンプラー、単色刺繍、クロスステッチからフリー刺繍まで、
繕いの練習、ドロンワーク、カットワーク、ビーズ刺繍、ニードルレース、テネリフレース、ボビンレースなど。
手習いからクリスマス用にプレゼントされた手の込んだ作品まで、山のようです。
時間があったら、ずっと眺めていたい場所でした。

201205177

201205178

201205179

作品を指差して説明してくれているのが、館長さん。
中には、入手した古いサンプラーを補修するためのスポンサーを募集した新聞記事も貼ってありました。

2012051710

2012051711

昔の人の手の込んだ美しい手仕事に、しばしうっとりです。
受付兼ミュージアムショップで、復刻したクロスステッチの図案集と単色刺繍のキットを買ってきました。
暇を作って、是非、作っておきたいです(^^)

さらに、ツェレの街まで行きます。

|
|

« 増殖するわけ | トップページ | せっかく買ったのに »

コメント

piyoさん(^^)

なかなか個人ではこういう美術館を見つけたり、行ったりというのは難しいですよね。ガイドブックでもよほど有名なところじゃないと載っていないし、手芸店なんてほとんど記載がないです。行き当たりばったりに探すには時間が足りないし(^^;;;
国内の個人博物館巡りもやってみたいですね〜
ユキ・パリスさんの所蔵品は以前、都内の「私の針仕事展」で見た事があります。
ほんの一部ということだったので、お店にも行ってみたいと思っています(^^)

投稿: NARU | 2012/06/17 09:34

京都のユキ・パリスさんの美術館に行くことができて、それでもすごく感動したっけ…
海外の刺繍美術館もいいですねぇ。観光とかには興味はないけども、こういう手仕事や工芸関係のものを見るのは大好きなので(≧m≦)
ハンドワークの貴族が着たという刺繍ドレスなんかを見ると人間てすごいって思いますね。

投稿: piyo-bear | 2012/06/17 06:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/54893544

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ クラフトの旅 その7:

« 増殖するわけ | トップページ | せっかく買ったのに »