« 準備はい~い? | トップページ | フィレレース1dayレッスン 東京会場終了 »

ドイツ クラフトの旅 その11

5月19日
午後からポツダム観光。
ツェツィーリエンホーフ宮殿。
ツェツィーリエンはドイツ最後の皇帝妃の名前で、
1917年にイギリスチューダー様式で建てられたもの。
第2次世界大戦終盤、ポツダム会談を行われたので有名です。
電気、電話が通じる事、周囲に蛇行した川があり、警備が楽な事から選ばれたようです。
アメリカ、イギリス、ロシアの各国代表が同時に別のドアから入れるように部屋が選ばれたなど、いろいろ話を聞いて来ました。
ツェツィーリエン妃の写真もありましたが、綺麗な人でしたね〜

201205197

内部は写真が撮れないので、外から。

201205198

中庭は赤い星形の植栽で、美しい庭でした。

201205199

この煙突が面白い。職人さんの遊びなのか、最初からのデザインなのか、全部違う積み方で作られた煙突です。

そのあと、サンスーシ宮殿へ。
無憂宮とも書かれるフリードリヒ2世の居城。もとは夏の離宮だったそうです。

2012051910

ワインとギリシャ神話がメインテーマなので、壁などそこかしこに神様、女神様の彫刻がずらり。

2012051911

大きな公園がずっと下まで続いています。
手前の柵には葡萄が絡んでいました。収穫するにはちょっと寒い気候なんだそうで、観賞用だという事です。

このあと、ベルリンに戻り、夕食までの2時間ほどを買い物に当てる事になりました。
買いたいもの、買う場所を決めておかないと、2時間はあっという間。
ほとんど駆け回るような感じで、移動していました。
買い物目当てならば、半日欲しいところです。
しかも、土曜日、営業時間も短いところが多く、閉店してしまったお店もあったり、皆さんそれぞれ大変だったようです。
私たちは、一番有名な「KaDeWe(カーデーヴェー)」へ。
ヨーロッパ屈指のデパートです。元は東側に西側の物資の豊かさを見せつける為にことさらに大きなデパートを建てたという、今でも食品売り場の規模はヨーロッパ最大ということらしいです(ガイドさん談)。ホテルから2区画という近さだったので、まず入ってみよう、そのあとで、もうちょっと庶民的なデパートに行ってみようということにしました。
KaDeWeの土産物売り場で、「ツェツィーリエン妃」のシンブルを見つけたり、(時間がなくて、ミュージアムショップに寄れなかった)本の売り場で、お目当てのものがなくてがっかりしたり、別のデパートで雑誌を見つけたり、忙しい2時間でした(^^;;;

明日はマイセン地方へ移動します。

|
|

« 準備はい~い? | トップページ | フィレレース1dayレッスン 東京会場終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/54917252

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ クラフトの旅 その11:

« 準備はい~い? | トップページ | フィレレース1dayレッスン 東京会場終了 »