« 初収穫 | トップページ | デンマーク刺繍展 »

有楽町界隈の展示会

午前中はトーカイ小田原店のレッスン。
パッチワークとレースと。
パッチワークはドランカーズパスのバッグの内袋の付け方とリバティスターのピーシング。
サンプラーキルトの相談もそろそろするようですね(^^)

レースはボビンレースの基本中の基本。
糸を巻いて、最初の糸の掛け方、ステッチの練習。

午後から有楽町まで出て来ました。
駅からすぐの東京交通会館2Fギャラリー 本日18:00まで
MAIKO 糸遊び 
中田全怡子刺しゅう作品展

Maiko_2

いろいろな素材、いろいろなステッチ、ニードルワーク、カウント刺しゅう、フリー刺しゅうと楽しめる展示が沢山。
刺繍糸もDMCのディアマントも見かけましたね。取り入れるのが早いわ〜
他にニット用のフリンジのある糸やネップのある糸など、面白い素材が沢山。

そして、本命の
栗林千里 第8回レース展
銀座十字屋ホール 22日まで。(10:30~19:00 明日は17:00まで)
72名の生徒さんのそれぞれ1作。みんな光ってましたね。
様々な技法の様々な素材の作品。ウィットホフやクラポンヌ、バレンシエンヌなんてなかなか見ませんよ。思わずじっくり眺めて来ました。
トーションのボレロが終わったので、何かをピローにかけたい気持ちがいっぱい。うむむ……ちょっと待て自分(^^;;;

節のあるような感じの絹糸(穴糸よりはちょっと細い)のストールなんか、「確かそういう糸をOIDFAで買ったなあ」と思い出したり、可愛いフランドルの季節の額なんかでも「そういう図案を持ってたなあ」とか(^^;) デュセスの大きな襟は大変な時間がかかったろうなあとか。
いろいろ刺激されてまずい事まずい事……

そろそろ4時で、次の
「着物に咲いたモダニズム」
銀座MIKIMOTOホール 24日まで(11:00~19:00)

Kimono_2

期間中14:00 16:00から作品の解説をしてくれるのです。
明治〜大正〜昭和の「薔薇」柄の着物の変遷、何が原因で変わっていったか、素材や柄の入れ方など、細かいお話が1時間。毎日2回もやってるんですか、大変だわあ。
着物を着た方も何人か見られて、10人ちょっとの人数がじっくりと話に聞き入りました。
すごく楽しかった。
知り合いにもばったりと会い、これまたびっくり。ちょっと話をして来ました。

眼福の一日でしたね。さあ、今日も頑張りましょ〜


|
|

« 初収穫 | トップページ | デンマーク刺繍展 »

コメント

永本さん(^^)
わあ〜、ご本人からコメントを頂いて、すごく嬉しいです。ありがとうございます。
着物の展示は前にも一度拝見しているはずです。銀座まで行くのには、自宅から2時間半くらいかかるので(^^;;; 講座に出た時に帰りに寄るというパターンが多いのですが、今回はじっくりお話まで聞けて、行って良かったなあと大満足で帰って来ました。
またの機会がありましたら、是非拝見したいと思います。

投稿: NARU | 2012/05/11 19:40

『着物に咲いたモダニズム』取り上げていただきありがとうございます。
会期を終え,後片付けも一段落してやっと拝見致しました。
次のテーマもありますし,サイトや海外での展示を目指しています。
しかし,これから先は皆様のご支援と尽力なしでは前に進めません。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 永本ツカサ | 2012/05/11 15:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/54523358

この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町界隈の展示会:

« 初収穫 | トップページ | デンマーク刺繍展 »