« RAKAM2011年11月号 | トップページ | RAKAM20121年12月号 »

地元を探そう

日曜の夜に、リビングのドアのガラスを割られました。
詳細は言いますまい(ーー;) くだらない事で旦那と長男が口論になって、思い切り長男がドアをバッタン! ガッシャーン!!
1枚ドアに7枚の板ガラスが木の部分と交互にはまっているガラスのうち、下から2番目が思い切り粉砕されました。

片付けるのは私なんですが……

そのあと、ネットであれこれとガラスの交換やら、アクリル板にしたらどうかとか、いろいろ調べたのですが、出張してもらったりするととんでもないお値段になります。
自分でホームセンターに行って、アクリル板をカットしてもらうにも余分はどうするの?と、地元のガラス屋さんに行ってみる事に。

午前中に出かけてみたら、1軒めはもう営業していない様子。もう1軒は店は開いているけど無人?
しょうがないので、また午後に出直す事に。
午後に行ってみたら、今度は店の主人がいましたよ(^^)
割れたガラスのかけらを見せて、「このガラスがあったら」とサイズを言ってカットしてもらいました。ガラス切りで、サーッと筋を入れて、ちょっと力を入れるとパキッと割れます。
こんなに簡単に切れるんだ! そりゃ〜力の入れ具合によってはバキバキに割れるわなあ……

ガラスだけをもらって帰ってきたので、びっくりするくらいのお安いお値段。
自分で枠のねじ止めを外し、入れ替えたので人件費もかからず。

めんどくさい一件ではありましたが、入れ替えは簡単に済んで良かったです。
何より、「こんな所にガラス屋さんがあったのねえ」という地元を見直すきっかけになりました(^^)
まあ、お世話にならない方がいいって言えば、いいんですけどねえ。

|
|

« RAKAM2011年11月号 | トップページ | RAKAM20121年12月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/53988083

この記事へのトラックバック一覧です: 地元を探そう:

« RAKAM2011年11月号 | トップページ | RAKAM20121年12月号 »