« モスグリーン | トップページ | 猛暑日!? »

出てくる出てくる

アイリッシュクロッシェに使っているコーン巻きのインペリアルス−パーシルクが終わったので、新しいものを出そうとしたのですが、何せ久しぶりなので、「どこ!?」

最初の心当たりの箱の中には、すっかり存在を忘れていた極細シルクがありました(^^;;;
ゴールデンコクーンの残りのかせと一緒に袋に入れていたのですよ。
ゴールデンの方はちゃんと覚えていたのになあ。申し訳ない。
思いっきり派手な配色の量の不揃いな、かせの糸。
これも形にしてあげないと、糸はほっといたら糸のままだよね。

次の場所から、お目当ての糸は出てきたのですが、6本目というのがわかりまして…
1巻き30gなので、アイリッシュのパディングコード(芯糸)の他に150gを消費ということになります。シルクって、軽いね(^^)
多分、この6本目か、入っても7本目で終わるので、8〜9本残ります。
同じ糸で、同じ型紙で、別の技法でもう1枚のベストを考えていますが、まだまだ取りかかれるのは先のようです。

他にも、数種類の糸が出てきて、新しい糸に目を向けている場合じゃないなと。
死ぬまでに使い切れないぞ〜(^^;;;

|
|

« モスグリーン | トップページ | 猛暑日!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/52001623

この記事へのトラックバック一覧です: 出てくる出てくる:

« モスグリーン | トップページ | 猛暑日!? »