« 寒の戻り | トップページ | 山桜 »

ぐるりと回って

レース講座でした。
ヘアピンレース用の糸を選んだり、ブレードを編んだり、ドイリーの仕上げをしたり。
クロッシェの仕上げの仕方を習ったり、テネリフレースを始めたり、バテンレースの布付けをやったり、それぞれが進めています。

レースを布につけるのは、いろいろなやり方があります。
四角のものは布の糸を抜いて、布付けラインを出したり、変形、円形のものは別途仕上げた布を用意してつけたり、または仕上げながらレースを一緒に綴じつけたり、それぞれ相手の布とレースの厚みなどを考慮していろいろな方法を選択します。
好みもあるのでこれが絶対というのはありません。いろいろやってみましょう(^^)

私は先生から新発売の糸を使って「この糸が映えるような小物を作ってきて」と言われていて、月曜に「こんな感じ」というものがOK頂いていたので、仕上げて持っていきました。
黒糸での丸底巾着。口部分に可愛いフリルを指定の変わり糸で作ってみました。
「編み賃もらってきてあげるね」と先生が先方に持っていったら、同じ糸が帰ってきました。
もう一人のアシスタントの先生が「またこれで作品作ってこなくちゃ(^o^)」と。
そうしたらまた、同じ糸がぐるりと回って帰ってくる訳ですね(^^;)

変わり糸はかぎ針だと編みにくい場合があります。編めてもほどく時に苦労したりします。
いろいろ勉強になった糸でした。
でもすごく可愛い糸なので、そのうちまた何か出来たらいいなと思っています。

まず今はタティングを進めねば…
でも2週間では完成は出来ないと思いますよ〜
と、ここでつぶやいておこう。

|
|

« 寒の戻り | トップページ | 山桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/51465197

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるりと回って:

« 寒の戻り | トップページ | 山桜 »