« またですか? | トップページ | ビーズ入りショール »

最初が肝心

カルチャーのレッスンでした。
つるし雛は「桜」
中心に刺すロングアームドフレンチノットとでもいうべきステッチ。
糸の引き加減が大事です。

レースはタティングレースはリングの花の最後のピコつなぎ。
クンストレースはダブルの掛け目に2目の編み出しなど。

午前中に最初が大事だよねという話が出ました。
橋の持ち方、湯のみや茶碗の持ち方、かぎ針や棒針の持ち方など、最初に間違った持ち方で覚えてしまうとなかなか直らない。しかも、自分が「これでは駄目だ」と自覚しないと、絶対に無理(^^;)
アルペンホルンをやっている方がいるのですが、やっぱり自己流で吹いてきた人は音がきちんとでなかったり他の人と吹き方が合わなかったりと、いろいろ問題が起こるのよ〜ということも聞きました。
どの世界でも、同じですね。

昨日、とうとう点火しなくなったファンヒーター。
結局、夕方になって新しいものを購入しました。どうせならとタンクの大きいものを。
小さいものを買って、古い方が直らなかったらよけいに面倒なことになるなと思ったので…
快適〜

週末にもう一度、古い方を旦那がチェックするそうです。
直ったら、子供の部屋行きかな。

|
|

« またですか? | トップページ | ビーズ入りショール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/50638893

この記事へのトラックバック一覧です: 最初が肝心:

« またですか? | トップページ | ビーズ入りショール »