« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

ゆずから出来たもの

先日いただいた鬼ゆず。

Nec_0667

切って皮の部分を細切りに、実の部分を綿を適当に取り除いてから切ったら680gありました。
300g程度の砂糖を加え、かぶるくらいの水を張り、煮てみました。
水分が切れないように時々水を足します。
煮る時間は30分程度。
マーマレードもいいかなと思ったのですが、何せ皮の苦味がすごかったので、くたくたになるまでは煮ないで、全部濾してみました。

Nec_0668

きれいな黄色。 香りのいいほんのり苦味のあるシロップが出来ました(^^)

ゆず茶とか、ヨーグルトにかけましょう(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日も2時間

娘の通院につきあって、整形外科へ。
なんだかあちこち痛いんだそうな。
イベントに参加して売り子してから、足だの腰だの・・・
運動不足じゃ~(--;

またまた2時間待ち。
くたびれましたが、ついでに持って行ったタティングは少し進みましたよ(^^;)
50箇所の糸始末が待ってるけど・・・

午後はせっせと12月更新のデータ作りと写真のプリント。
プリント作業はまだ明日も続きます。

12月更新では、旅行記に写真を追加して、本家サイトにも残します。
500枚以上の画像からのほんのちょっとだけですが・・・
1/3くらいはレースと刺繍の画像なのですよ。プリントしきれない分もありますし・・・

ファイルの重みともそろそろ開放されると思っていたら、また10日のレース講座に持参することになりまして・・・
あとちょっと、がんばりましょ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

刺しゅう学習会とこぎん刺し展示会

大塚あや子先生をお迎えして、一日楽しく過ごしてきました。
プロジェクターを使って、刺しゅうにまつわる歴史など、バイユーのタペストリ、ブラックワーク、スタンプワークなどの話を聞きました。
「話が好きだから脱線するかも」とおっしゃりつつ、でもそれぞれが興味深い内容でとてもよかったです(^^)

スタンプワークのステッチのいくつかとクリスマスのリースのステッチカードを実技で習ってきました(^^)
帰宅してから少し進めています。
お蔵入りしないように仕上げねば(^^)

今日は、指導員講座以来の人たちとも会い、あちらこちらでつかまってご挨拶しつつ(話の出来なかった方すみません)同窓会のごとくにぎやかでした。
もっと時間があったら、ゆっくり話が出来たのですがね。
また機会がありましたら、今度はゆっくりお茶デモしながらお話しましょう(^^)

帰りがけに日本橋高島屋まで行って来ました。
「女の手仕事~こぎん刺し作品展 高木裕子と仲間たち~」が8階催事場にて開催中です。(29日まで)
金曜から行ってみたかったところでしたが、やっと見てこられました。
布幅いっぱいを使ったタペストリや、帯、額装したものからバッグ、小物までの作品展および展示即売です。
クリスマス物、東海道五十三次からの絵画的作品もありました。
本来の用途の着物(半纏の形)もあります。
時間を要するものばかりで大変だったろうなあと・・・
私もカウントステッチは好きなのですが、ここまでのサイズとなると1年がかりでしょうねえ。
こぎんの専用糸もありましたよ。撚りの甘い太目の糸です。
いやあ、またそそられるじゃないですか(^^;;;

でもちょっと我慢して、仕上げなくちゃいけないものを優先します。
年内いっぱい、既に詰まってます。がんばらねば~

帰りに松田山のイルミネーションが始まっているのを見ました。今日からのようです(昨日はまだ、なかったものねえ)今年はひとつツリーの形の電飾が増えてました(^^;)

クリスマスですか、あせらせないで下さいよ~(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

写真交換会

茗荷谷に行ってきました。
旅行の写真の交換会ついでのお食事会。
フレンチレストラン「ル ピラート」で、お昼にはもったいないくらいの美味しいお食事をいただきつつ、いろいろな思い出話をしました。
全員が集まれたわけではないですが、それはそれ、皆さんから写真をいただいたり、(大笑いした写真が多くて、恥ずかしいこと(^^;;;)) 私の分は、とりあえずチェックしてもらって、あとから郵送という形をとらせていただきました。

週明けにプリントします~ お待ち下さい。

ひとつ展示会にも行きたかったけれど、つられて2次会にも参加。
いや~、しゃべったわ(^^;;;

明日は刺しゅうの学習会です。
準備しなくちゃ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

次々と

レース研修会のマクラメの立体の男の子も出来ました(^^)
昨日は一日空いたので、せっせと結んでました。
ちょうど見本を作った方と会えたので、「出来ました~」と(^^)
作り方を見ながら作るのとは違って、最初から考える方は大変です。
次は私も参加ですか?(^^;;;

ない知恵絞らないといけませんねえ・・・

他にも次々とお題が出ています。
せっせとやらねば。

日曜には刺しゅうの学習会もありますので(^^;)年内いっぱい、あれこれと追われそうです。
そろそろ年賀状の写真も撮らねば。

ねばねばですが、粘っこくがんばりましょ(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クリスマスもの

今年は新作が出来ませんでした。
8月にはパターンだけ起こしたのになあ・・・
土台になる布も買ってあったのになあ・・・

申し訳ありません。何が忙しかったんだろう??
季節物は2ヶ月くらい前に見本が出来ていないといけないのに全然出来ませんでした(^^;;;

少し反省して、次をと思ったのに、やっぱりいろいろ詰まってます。
昨晩、ひとつクリアしたので、講座見本に戻らないと~と思っているのですが、また明日になったら他のものが入りそうです(^^;;;

寝る時間だけはちゃんと確保しよう(--;)
今日は4時間。多分、昼間眠くなりますね・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鬼ゆず

鬼ゆず

獅子ゆずともいいます。
生徒さんからの頂き物です(^^)
直径15cmほど。「小さいけど・・・」って言われましたが(^^;) もっと大きいものもあるんですね。
今まで獅子ゆずでも夏みかんくらいのサイズしか見たことなかったです(^^;;;

使い道を考えまして、そのうち、多分、ジャムになるんじゃないかな(^^;;;
早くても来週です。週末にかけてなんだか忙しすぎるので~

マクラメの立体のお題が消化できてないです。
2週間あったのにな・・・

月末からのイベントに向けて、小物を作っていたりしたもので・・・
これはまた日時が決まったら紹介します。
多分、すぐです(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

箱根の紅葉

旦那に連れられて、行ってきました。
いつもおは通り抜けるだけの箱根ですが、久しぶりに芦ノ湖まで行ってきました。
途中、新道から降りて、「甘酒茶屋」へ寄り、お茶と力餅をいただいてきました。
お餅は「黒ゴマ」「鶯黄な粉と安倍川のミックス」2個ずつだったので旦那と半分ずつ。
お茶は懐かしい味がしましたので、聞いてみたら「鳩麦茶をベースにげんのしょうこ、どくだみなどを入れてある」そうです。苦手な人もいるかもしれませんが、私には美味しかったです(^^)

箱根は紅葉真っ盛り。紅葉の色があちこち異なっているのは、箱根の木にはいろいろな種類があるから。
これをりようして、「箱根細工」が出来上がっています。箱根にしか出来なかったわけがそこにあります。
今では木材も輸入されているそうですが(手入れの点と材料自体が減ってきたからでしょうね)、箱根細工も、木象嵌(もくぞうがん)も宮大工の技術と箱根ならではの木の種類の多さで成り立ってきています。

20101123_2

201011231

201011232

芦ノ湖まで足を伸ばし、遅いお昼をいただいて、お土産を買って帰宅。
ほとんどネタモノです(^^;)

買って帰ると言い出したのは旦那。興味ないはずだったんだけど??
思い切り子供たちに受けました(^o^)

Nec_0663

渋滞を避けて帰ってきましたので、それほど時間は掛かりませんでしたが、向きによってはかなり混んでましたね。今週末もまだ紅葉は見ごろが続きます。

| | コメント (0)
|

やっぱりかぁ~

ノートPC、結局直ったには直ったのですが、ネットに繋がりません・・・
何が悪いのか、私には全然分かりません(^^;)
まあ、7年使ったしね。保存しておいたデータがぶっとんだけど、いいのよそれは(--;)
ノートにしか入っていない巡回ブログもあったけど、いいのよそれは(--;)

バックアップしてなかった私が悪いのよ~

ただ、いちいち2階に上がってきて、PCだけとにらめっこするのがこれからは寒いしな~
そのためだけに暖房は掛けられないのでね。

作業しながら、横目に見ながらできるノートが楽チンだしね。
自分の貯金は旅行でぶっとんだので、専用ノートは買えないしな~
せめてデスクトップのデータはしっかり保存しておかないと(^^;;;

こちらは仕事にも使ってるのでね・・・
息子が一緒に使った時期にキーボードの字が薄れてきていた(一部まったく見えなくなってた)のですが、旦那が他のものを倉庫に探しに行って、ついでに使っていなかった新品を持ってきてくれました。同じものがなぜか二つあったのですよ。
キータッチが違う。使い込んだものはやっぱり調子があまり良くなかったのね。

プリンターも修理に出したらすぐに戻ってきました。
送料込みで¥12000余り・・・
新品を同じスペックで探すともっと掛かるので、これでいいです(^^)
とりあえず年賀状には間に合ったと。
中身はこれから・・・(^^;
いや、使う画は決まっているのですが、撮影し直さないと~(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その10

今回の旅は普通なら世界遺産などをめぐるだけのものなのですが、自由時間になるはずのところに全部、オプショナルツアーとして、レース学校や民俗博物館、刺繍のワークショップなどを詰め込んだ贅沢ツアー。
しかも、食事が全部付いています。
オプション部分は今まで書いてきたとおりなのですが、食事に関しては、悩まないですむ分、量が多い。
添乗員さんが交渉してくれてあって、前菜、メイン、デザート(それにアルコールは各自負担)(コーヒーなど時間のあるときはツアー料金の中で飲めます)の3品にしてくれてあったのですが、それでもしっかりした量の食事で、しかも美味しいときてるものだから、つい食べ過ぎてしまいまして・・・

しっかり歩いた時はいいのですが、バス移動のあとってあまりお腹はすいていない。でも、食べておかないと夜、物足りなくなるかなと・・・
やっぱり帰宅後の体重は2キロくらい増加してました(^^;;;
がんばって減量中です。 しかし、娘と旦那の誕生日が近いので、ケーキ三昧の1週間なのですよ(^^;;;

さて、イタリア北部はメインは肉。
食前にグリッシーニという細いパンみたいなものが出ます。普通はパッケージに包まれて3本くらい入っているものなのですが、ヴィツェンツァのレストランでは、お店で作った出来立てが出てきたのでした。
プレーン、チーズ、ハーブ、セサミと形も太めでさっくりしたものやクラッカーのように薄く延ばしたものなど、いろいろ種類があるんだと、ついいろいろ食べてみてしまいました。
この店の前菜も可愛い盛り付けで3種類くらい載ってきて、「これはなんだろう?」と楽しんで食べられました。

ゴリツィアでは最後の牛肉が2種類食べ比べという小さめのステーキ2枚というボリュームたっぷりで、もったいないけれど食べきれないという方が多かったです。
美味しいんですよ。でも、量が無理(^^;;;

ゴリツィアとスロヴェニアでは味付けも少々濃い目、ホテルの朝食でもハムの食べ比べで1枚ずつあれこれと食べてみましたが、しょっぱい生ハムなんかもありまして。クロアチアにくると、同じような外見でも味がもっと薄くなり、
メインも南に来ると魚になってくるという具合。
スプリットでは鰯の南蛮漬けが前菜で金目かキンキに近い「ハタ」という魚のトマト煮がメイン。どちらも美味しくいただきました。

Pa270398

最後の晩餐では皿いっぱいのムール貝が前菜。でも、貝に比べて中身は小さい。
「ここで中身が大きいのが出たら、輸入品です」とのことです。味がしっかりしていて、みんな黙々と食べてました(^^)

Pa290671

ここでのメインは手長海老。殻が固いと皆さん黙々と格闘してました。
私は甲殻類のアレルギーがあるので、もう一人の方と二人でステーキ(^^) 柔らかくて、焼き具合も絶品でしたよ(^^)

デザート関係は北はアップルパイが多かったです。
りんごもスライスしたもの、細かく刻んだもの、パイもさっくりパイやタルト生地とさまざま。
いろんなアップルパイをいただきました。
あとはアイスクリーム系ですが、自家製のシャーベット状のものとフルーツを取り混ぜてあったり、ティラミス状だったりと、こちらもはずれがなかったです。

Pa290675

太って帰ってくるわけですよ(--;)

さて、お土産品は、自分用に、刺繍やレースの雑誌など主にイタリアで入手。
歩きながら雑誌のおいていある店があると覗いて見たりしたのですが、クラフトショウ以外で、それ以上のものを見つけるのは難しかったです。レース学校でもテキストを買ってきました。
あとは定番のシンブル。

15201010301

選びに選んで13個。ヴィツェンツァ・ヴェローナ・ポストイナ・リュブリアーナ・プリトヴィッツェ・クロアチア・スプリット・ドブロブニク。種類が多くて選びきれず、2個あるところもあります。
今回は「木製」も「粘土を焼いたもの?」もドイツによくあるタイプのジョッキ型もあります。
久しぶりにシンブルを探しましたよ(^^)

旦那にネクタイ。娘にダルメシアンの模様の可愛いケース。息子たちにはチョコレートなど食べ物系。
あと、紅茶をいろいろ。紅茶は軽いけどかさばります。まあ、しばらく紅茶には困りません(^^;;;

飛行機は前にも書きましたが、エアバスA380でしたので、座席の背にモニタ付き。
日本語も選べるので、映画にも不自由しませんでした。往復6本見てきましたよ。帰国してから公開という映画が2本入ってました。映画を見ながら、手元はタティング。グレーのモチーフつなぎをせっせとやってました。
41枚のモチーフのうち、40枚をつなげて帰ってきました。
今は、空き時間にぼちぼち縁を編んでいます。他の用事が入って、なかなか進んでいませんが・・・
機内の持ち込みとしては、鈎針は大丈夫。糸切りはスレダー付きのカッターの仕込んであるタイプを持っていきましたが、大丈夫でした。ハサミはどんなタイプでもだめですからね・・・
小さな密封容器に糸を巻いたシャトルを沢山詰めて、途中で糸巻きをしないようにしたのですが、タティングはどこでも出来てよかったですよ(^^)

帰国は朝7時半着。成田エクスプレスと新幹線を乗り継いで、帰宅は12時ごろ。
台風が来ているというので、心配しましたが、午前中のダイヤには問題ありませんでした。
帰宅したら午後から買出しに出たり、あっという間に現実に引き戻されましたが(^^;;;

こうやって、いろいろ書いて思い出していると、いい旅行だったなあと。
いろいろ多方面にご了解いただいて、レッスンを休んだり、移動したりでご迷惑をおかけしました。
これからこの旅行で得たものを、少しでも自分の糧に出来たらと思っています。
読んでいただいた方にも、何かしらヒントになるものがあればいいなと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その9

怖い話の嫌いな方は、今回は無視してくださいm(_ _)m

この旅行中、私たちの部屋はいつも暑い。
リュブリアーナ、ポストイナは外も寒かったので、暖かいのは歓迎だったのですが、
最初の部屋から最後の部屋まで、空調を切り替えても、どうやっても温かい風しか出ず、
あまりのことに窓を開けて、冷たい空気を入れ替えたりしていました。

最後のホテルでは、とうとうラップ音にまで悩まされることになるとは・・・
普段、見えもしないし、聞こえもしない人なのですがね(^^;)
ドブロブニクの城壁からは離れたホテルだったのですが、同室の彼女が先に寝てしまい、電気を消して寝ようとしたら、(真っ暗にはしないで、途中で目が覚めたりしたときのためにどこかの電灯は付いていたので、周りは良く見えます)部屋の高いところ、天井と壁の突合せの近くでパチンパチン、パンパンと音がする。
ああ、これは・・・と思い、目を凝らしても全然見えもしないので(見えたら怖いけど)無視してがんばって寝ました(^^;;;

翌朝はいい天気。
「偏頭痛を起こす風」も吹いていないし、気圧的にも頭痛の起こるような天気ではないのに、午後、城壁内に近づくにつれて、ひどく頭が痛くなる(^^;;;
まず、昼食だったので、食後頭痛薬を飲んで、ひたすら我慢。
慰霊の展示や慰霊碑なども見ねばならず、重い気分のところもありましたが。
展望台に行く頃にはやっと頭痛も抜けて、いい気分で最後の晩餐も済ませ、スーツケースも詰め終わり、「明日は4時起きだから」と早く寝ようと思ったのに・・・

また、ラップ音(^^;;;
構って欲しいのかなあ・・・でも、言葉も分からないし困るぞと、「あっち行け」とひたすら念じて寝たのでした。
帰りの飛行機の中で、同室の彼女に「こういうことがあったんだよ」と話をしたのですが、他の部屋はどうだったんでしょう?
ホテルはとてもいい感じのところで、新しい建物でしたが。
場所柄だと思うことにします。
眠気が勝って、寝ることは寝られましたので、身体的には問題なしです。

この旅行記もあと一回、機内や食事などの話を書きたいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

眠いっ

一週間が早かったですね~
ほぼ毎日、いろいろありましたのでなんだか今日は午後から眠かったです。何も出来ずうとうと・・・

トーカイでのパッチワーク。
そろそろ講師科も終了間近の方がいるので、本人も「年内がんばって・・・」と。4年越しでの卒業になります。
長かったような、短かったような・・・
最初の頃と比べると、縫い目もキルトラインも配色も格段に進歩しました(^^)
「最初の頃のパターンを見ると、イヤになっちゃう(^^;)」と。
分かります。誰だってそう。でもそうじゃなくちゃ、やった甲斐がありませんし、いろいろ悩んで一旦は自分の色センスが崩壊するのが普通です。
それで、高等科から講師科に移行するころ、またもとの配色プラスアルファが出来てくるようになります。
「自分の色」が出来てくるんですね(^^)
悩んだりしただけのことはあるんだなと思える瞬間があります。
悩んで詰まって、一度は放り出して、それから捕まえるもの。
キットばかり作っていたり、同じ配色ばかりやっていたら得られないものです。
大事にしてくださいね(^^)

終了したら、次に作りたいものもあるそうです。
相談に乗りますよ(^^)

明日は長男の通院のつきあい。
まだ今週は終わらない。
娘の誕生日でもあるのでした。
何作ろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その8

10月28日 観光最終日。
ドブロブニクはいいお天気に恵まれました。

Pa280558

まず午前中に山方面へ。
コナヴレ地方の刺繍を見学。
近郊のチリビ民俗博物館に寄りました。
小さな町の小さな博物館ですが、見るものはいっぱい。
やはり内戦でめちゃくちゃになったということでしたが、綺麗に修復され、内戦時には、仕舞いこんで隠してあったものをお披露目してありました。

Pa280571

ヨークと襟部分を刺繍して、上着につけてあります。上着は取り替えが効くということ。面白いですね。

Pa280594

この地方では、古くから養蚕が行われていて、刺繍にも染色した生糸がふんだんに使われていました。
内戦ですっかり姿を消した蚕はフランスから女性が下着の中に隠して密輸入したそうです。
卵を包んだものだったら、どうにかできそうです。
まさか、幼虫はないよね(^^;)


もう少し奥の民家で今も刺繍をしたり糸をつむいだりして、クロアチアで講演をされている年配の女性二人のところへ案内してもらい、いろいろ話を聞き、糸を引く様子などを見学しました。
周囲にはかんきつ類、ざくろ、葡萄などが実っていましたよ(^^)

女性の胸の近くに黄色のものをつけると病気にかからないといわれていたそうです。
蚕も黄色のものが多くあり、黄色いものも白いものも一緒に糸を引き、いいクリーム色になっていました。
染色は昔は黄色はかんきつ類、赤はアカネの根、緑はハーブ類など、草木染だったそうです。
今では科学染料だそうですし、みやげ物は市販の綿の刺繍糸です。


Pa280598

模様は幾何学的、左右対称というのが基本。裏側から刺します。数を数えやすいんでしょうね。裏側(表になるほう)は糸をあまり触らないので、ふんわり綺麗な発色になります。

午後からドブロブニクの城壁内の市内観光。
ここも内戦で砲弾、銃弾、火災の被害を受けました。
今は綺麗に修復されていますが、中に遺影や被害の様子を撮った写真などを飾ってあるところもあります。

Pa280643

ここは市街のメインストリート。東門(旧港側)から西門に抜ける道。

ぐるっと一周してから、自由行動で、城壁の北にある展望台へロープウェイで上りました。
これも内戦で壊され、復活してからまだ3ヶ月程度だそうで、とても綺麗なロープウェイでしたし、風も午後からなくなって、上まであがることが出来ましたから、とても綺麗な光景を見ることが出来ました。

Pa280659

南側は旧市街

Pa280664

北側はカルストの石灰岩の山々。荒涼とした感じが南北であまりに違いますねえ・・・

最後に城壁の西側にあるレストランで最後の晩餐(^^)
それぞれ一言ずつ、思い出などを話して、最後の夜を楽しみました。

翌朝は4時起床。また1日飛行機移動が待っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

肌寒い?

今日は朝から通院。
いつもの血圧の薬をもらうのと、定期健診代わりの血液検査。
検査が貧血検査くらいだったら早かったのですが、2つ分あったので時間のかかること・・・
3時間待ちでやっと終了。
またこっそり貧血気味というのが分かりまして・・・ 吸収悪いのか?
という話になったのですが、食べれば食べただけ吸収してしまう体なのになあ(--;)
またしばらく鉄剤のお世話になります。

家に帰ったら12時。
血液検査のため、朝食を抜いてあったので、少し食べねばとあるもので昼食にし、12時半のバスに乗り、午後から都内で打ち合わせに参加。
もっと早く終わって、買い物して、午後からに間に合わせるつもりだったのに(^^;;;

4時頃、新宿に向かい、布などの買出しをして帰ってきました。
なんだかあわただしい一日でしたね。
小雨も降って、少し寒い日でした。

つい最近まで暑いって文句言ってたような気がするんですが。
気が付けば、あちらこちら紅葉だったり、葉っぱが沢山枯れ落ちていたり。
年賀状も気にしないといけない時期になってきましたね(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その7

10月27日 旅も後半。
クロアチアの第二の都市スプリットで世界遺産の見学。

Pa270411

ローマのディオクレティアヌス皇帝が隠居所として、293年に建てた宮殿が旧市街の中心になっていて、
皇帝の霊廟として建てられたものが現在は大聖堂になっています。
上る時間がなかったのですが、料金を払うと上まで行かれるようです。
見晴らしいいだろうなあ・・・

Pa270425

宮殿内には民家もお店も入っていて、そのまま生活の場になっていたりします(^^;)
暖かい土地柄、ブーゲンビリアが綺麗でした。
現地ガイドさんに聞いてみたら、「4月から11月まで咲くから、便利な花なのよ」ということだそうです。

Pa270505

Pa270447

Pa270468

Pa270499

宮殿内には、2004年(だったかな?)民俗博物館が移築されて、クロアチア各地の民族衣装、装飾品などが展示されています。撮影可だったので、撮りまくってきました。
カラフルな衣装も楽しかったですが、そこに使われた刺繍の数々はすばらしかったです。
幾何学模様をベースにしたもの、鳥などの具象柄、かがりの入ったニードルワークとさまざまで、どれも時間を掛けて丁寧に作られていました。
オスマントルコの影響が出てくる頃には男性の腹巻状態のポケットに剣や拳銃が入れられて、それもまた銀細工などが施されていて、財産を持っているぞ~という象徴にもなっていたようです。

また、クロアチアはネクタイの発祥国。
ほぼ100%クロアチア産の品物を扱っているお店で、旦那へのお買い物。
まあ、せめてこれくらいは買わなくては(^^;)

お昼を新市街のレストランで食べて、午後はまたバス移動。
風が強かったですね・・・
クロアチア南端の都市ドブロブニクに向かいます。
途中、ボスニア・ヘルツェゴビナ領を通ります。
そう、ドブロブニクは飛び地なのですよ(^-^)
ボスニア・ヘルツェゴビナのネームという町のスーパーマーケットではトイレ休憩を兼ねてのお買い物タイムがあり、そこでチョコレートや紅茶などを購入しましたが、クロアチアがEUに加盟する条件として、他国領を通らないといけない土地があったらまずいということで、バイパスする橋を建設予定なんだとか。
このスーパー、観光客で成り立っているようですから、将来売り上げがかなり減るんでしょうねえ。

さて、強風のため、ドブロブニクに直行する橋が閉鎖されていて、湾をぐるりと迂回して、やっと到着。
ボケ画像ですが、いい夕焼けでしたので。

Pa280537

実質、観光はあと1日。そろそろ名残惜しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

予報通り

東京地方は午後3時過ぎから雨になりましたね。
荷物の多い時に雨はめんどくさい。
レース研究科だったので、キャスター付きにしようかと思ったのですが、作業台が入らないなというのと、雨という予報があったので、止めて正解でした。
帰りがけに布を買って帰ろうかと思っていたのですが、これも今日は、やめました。また次回。

今日はお久しぶりに復帰した方がいたので、嬉しかったです(^^)
旅行も一緒に行けるかと思っていたのですが、アクシデントで行けなくなってしまい残念でした。
また何かの機会があるでしょう(^^) 今度は一緒にぜひ。

今回も宿題が出ました。いろいろ考えないといけないことがたくさんあります。
抱え込んでるなあとも思いますが、やれるときにやっておかないと、がんばれる時はそんなにないかもと思っているので・・・とはいえ、ここ数年、11月~12月はすごく忙しい。
今年は編み物アドバイザーがないので、その分、何とかなるだろうと。
去年の11月後半から1月後半の2ヶ月間を思えば、乗り切れるはず!?

まずは自分自身、楽しむことだと思います。
デザインは好きなんですよねぇ。作れるかどうかは別問題として(--;)
明日はお休みなので、少し考えてみます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画2本

忙しいはずなのにな~(^^;)

長男に誘われて出かけてきました。
普通に見たらそのまんまお高い値段ですが、私は1本は無料で見られたのでまだ良かったかな・・・
映画館で見るのはやっぱりちょっとお値段がね(^^;)これで3Dだとさらに400円増しなんだよね。
3Dにすることで、迫力が出るようで実は対象画面が狭くなるんだから、あまりしないで欲しいと思うのですが(^^;)

さて、今回の映画は「インシテミル」「SP 野望編」
日本テレビとフジテレビの全面対決(^o^)
「インシテミル」はさすがにキャストが豪華。
「そして誰もいなくなった」をベースにしてありますね。誰が生き残るのか、どういう武器が出てくるのか、ミステリーを読んでいると面白い話です。

「SP」は深夜番組の頃から見てまして、「映画~ 前後編~(--;)」とか思いつつ、やっぱり乗せられてしまいました。さすがに映画版だけあって、アクションの規模にも演出にも時間とお金を掛けてますね。
90分が短かった・・・
あれだけみんなぼろぼろになっても、予告編では元気に動いているようです(^^;;;
最後の最後にタイトルが出てくる、まだこれからだぞと・・・
後半も楽しみにしています。

今週末にはハリー・ポッターもありますねえ。
どこかで見に行かねば(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その6

10月26日
プリトヴィッツェ湖群国立公園は初雪に見舞われました。
未だ紅葉が綺麗なところに降る雪は綺麗でしたね~

寒かったけど・・・

Pa260347

ホテルから外を見て、あらら~という状態でした。

プリトヴィッツェは大小の湖が山の間に連なって、湖から湖へすごい水量で流れ落ちているところ。
入り口は高台なので、まずずっと山肌をくだり、湖の周囲にめぐらしてある木道を歩きます。
通訳さん曰く、2週間前は野生のシクラメンがピンクの花をいっぱいに咲かせていたそうです。一見カタクリのような感じだそうで。葉っぱだけは雪の間に見つけてきました。

Pa260358

山の上から。一番いい景色の見られるところなんだそうですが、雪交じりの雨で煙っていてすっきりとは見られませんでした。

Pa260365

木道にかかる水。水量が多い時は沈みそうです(^^;)

Pa260373

3時間コースでは最後に船で湖を渡り、また階段を上って入り口に戻ってきます。
長いコースでは別の桟橋からさらに奥まで歩くそうです。トレッキングの支度をきっちりしておかないと難しいでしょうねえ。

お昼を公園内のレストランで食べて、午後はまた長距離移動。
雪のため、高速道路が閉鎖されているかもということで、一般道を通ったのですが、舗装が悪くてがたがたと揺すられて久しぶりにすごいところを通ったな・・・と。
それと、高速道路では見られない風景にも出会いました。
クロアチアは元ユーゴスラヴィアなので、内戦がつい最近まであったところ。
銃弾のあとの残る壁、破壊されて崩れ落ちている民家やセルビア正教の教会。(セルビア人は国外へ逃げざるを得ず、家もそのまま放置されています)新しいお墓のたくさんある墓地。
観光旅行では見られらない光景でした。
また、途中のトイレストップのため、立ち寄ったバー&レストランでは、現地の人の視線をじっくり浴びました。
通訳さんが「気が付いてましたか?」と言ってましたが、しっかり分かってましたよ。「日本人だよ~。珍しいなあ」という視線。けっしてとげとげしくはなかったです。クロアチア人は日本びいきだそうですし。
ここでカプチーノをいただいてきました。7クーナだったかな。日本円で約105円。安い(^^)

バスは進み、南の町スプリットへ。
午後7時頃の港。

Pa270384

食事のあと、バスまでの道すがら見た横道。こういう雰囲気好きですね(^^)

Pa270404_2

翌日は、スプリットの市街を観光します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

重いっ

レース講座でした。
いつもの見本ファイルを持って、旅行のアルバムファイルを持って、お土産持って・・・はかなり重い。
後で、カートで持って来ればよかったかなと、反省したり(^^;)
ただ、あれもタイル張りの歩道だと、引っぱる時にがたがたするので腕が疲れるんですよねえ。
つい、重いと言いつついつもの大きなビニール張りのバッグに突っ込んで肩から提げていくことになります。

今日は先生の旅行の話、レース学校の様子などを聞いて、休み時間などに私の写真を見ながら補足説明などしました。
お土産の胡椒クッキーとクロアチアのチョコレートをお昼に配りましたよ(^^)

都内はAPECの関係で、あちらこちらに警察官が見えましたね。
駅の改札では台の上に立ってたり。
ゴミ箱撤去で、家までペットボトルのからを持ち帰ったり、ちょっと面倒ではあります。

さて、土日は久しぶりに何もない。
キットを組まないといけませんが・・・
月曜はまたレース研究科があるので、写真ファイルはそのままバッグの中です。
今月いっぱいは持ち歩きかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その5

10月25日 
雨になりました。
少々寒いかな? 体温高めの私なので、ほとんど問題なかったのですが、一番の問題は靴でした(^^;)
水が染み込みまして・・・気持ち悪い(^^;) あとでバスとホテルの部屋の暖房とで、乾かしましたが。

スロヴェニアの首都リュブリアーナ。
守護神は「ズマイ」と呼ばれる竜です。
そこかしこに竜がいる(^^)

橋、マンホール、紋章・・・

Pa250319

Pa250332

旧市街は可愛いです。建物もカラフル。

フランシスコ教会は教会なのにピンク(^o^)

Pa250327

街の高台にはリュブリアーナ城があります。
ケーブルカーというより、全面ガラスで透明な斜めに上がるエレベーターに乗って、城内へ。

Pa250341

雨なので煙ったような街並みです。
城の中庭ではコンサートなども開かれるようです。
お土産屋でシンブルなどをゲット。

城の下に広がる広場でも野外市場がありましたが、雨だったので店舗も少なめでした。
面白かったのは、乳製品の自動販売機。

Pa250346

所変われば品変わる・・・

お昼を市内の地下にあるレストランで食べました。
隣のテーブルに運ばれるピザの巨大さにびっくり。
Lサイズを一人1枚食べるんですか?4人のテーブルに乗り切れない量でした。

私たちは前菜、メイン、デザートのミニコース。
サラダバーで久しぶりに生野菜を沢山いただきました。
デザートのプリンは柔らかめのグラス入りのもの。ちょっと甘かったなあ・・・

午後からまた長距離移動。
途中クロアチアとの国境を越えます。
車のマークのついた、通関スタンプを押されました。
そういや、車マークは初めてかも。
飛行機と列車のはありますが(^^;)

プリトヴィッツェ湖群国立公園内のホテルに泊まります。
日本人グループも沢山いましたね。
外にレストランが少ないのか、ほとんどホテル内の大食堂で夕食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その4

トーカイのレッスンでした。
パッチワーク、レース、つるし雛とバラエティに富んだ内容でそれぞれ進めてもらっています。

さて、10月24日イタリア・ゴリツィアを発って、スロヴェニアへ。
ユーリー・ヴェガレース学校に立ち寄りました。
日曜なので、本来、学校はお休みなのですが、校長、講師と講師の娘さん(レース学校の生徒でもあります)が迎えてくれ、イドリアレースの話、作品を堪能して来ました。
こちらはスロヴェニアの国、自治体、個人の寄付などで成り立っているそうです。
400人の生徒がいるそうで、男の子も10~20人程度いるそうです。
生徒さんの作品も展示されていましたが、一人1作品のみ撮影可ということでしたので、ここでは掲載をやめておきます。ごめんなさい。
その代わり、学校前のお店でレースが飾ってあったのを。時間がなくて、寄ってみることが出来ませんでしたが・・・

Pa240295

午後には、ポストイナ鍾乳洞へ。
トロッコに乗って、2km下り、1.7kmのコースを歩いてみて回り、またトロッコで入り口まで戻ってきます。
入り口から5kmほどしか、公開されていない巨大な鍾乳洞。
上からぽたぽた水が滴り落ちる中を歩いてきましたが、通路がきちんと整備されていて、濡れていても滑ることもなく歩けました。
いろいろな言語で説明があって、それを現地通訳(日本人のかた)が通訳してくれるのですが、ガイドの英語がものすごくなまっていて、Rの発音がきついので、聞き取るのが難しい。ところどころ単語を拾いながら、通訳さんの話も聞きながらの見学でした。

最後のコンサートホールと呼ばれる撮影可の場所で。
中央に立つと音がすごく綺麗に響きます。

Pa240311

また、バス移動で、スロヴェニアの首都、リュブリアーナへ。
だんだんお天気が怪しくなってきました・・・
ここから3泊は毎日別のホテルなので、荷物は最小限のものだけ引っ張り出して使うという感じでしたね。

Pa250315

もと共産圏なので、周りもおとなしい感じがします。
決して、お天気のせいだけじゃないはず・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダブルディザスター

思い切り日本語発音・・・なカタカナ表記。

少し前からプリンタ複合機が調子悪くなってました。
私の使っているものは新しくしたのですが、家族兼用、年賀状印刷に使っているものの方が、黒が出なくなり、カラーも薄く印刷されるようになり、最後にはスキャナも働かず、起動もしないことも多々あり・・・
直すようにメーカーに連絡取るように娘に言っておいたのですが、面倒くさがりなので、やっていなかったのです。
ここ数日、「年賀状考えなくちゃ~」とか、娘が言い出して、やっと思い至ったのか、「修理だすんだよね?」

ずっと言ってましたが?
住所管理しているPCに繋ぐのには、同じ1階においていあるプリンタを繋ぐのが楽でしょう?
だからあれほど早く連絡しろと・・・
購入店舗に持っていくのには車で1時間半くらいかかるところなので面倒だし、もうすでに保障期間も切れているし。メーカーに引き取り修理に出すことにしました。
やれやれ・・・ 年賀状印刷に間に合えばいいのですが(^^;;;

さらに、私が普段ネットに繋げているノートPCも最近動きが重いと思っていたら、とうとう起動しなくなってしまいました。旦那があれこれいじって、やっと動くようになったみたいです。
私は設定も、中身も全部吹っ飛んでしまったので、これからゆっくり取り戻そうかと。

データ管理は別のPCで行っているので、まあ、問題ないといえばないのですが・・・
長男の小説が一部吹っ飛んだようです・・・最近、書いてないけどねえ。
「サルベージできればやってみる」そうです。お任せします。私には手に負えない(^^;)

バックアップは必要よね・・・をしみじみ感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レース研修会

レース研修会

今日は一日、マクラメとタティングを汗かきかき(^^;)楽しんできました。
お久しぶりの方にも沢山会えましたし、写真も見てもらったり、休み時間も目いっぱい活用です。

マクラメはビーズを入れた人形。とりあえず平面のものは出来上がりました。
立体物はそのうち形にしようと思います。
タティングは思わぬ材料を使いまして、まだ制作途中。こちらも作ってしまわねば、未完箱に入れるわけにはいかないので・・・

作りかけのものも沢山ありますねえ・・・一度置いてしまうとなかなか再開まで行くのに時間がかかるので、早めにしたいものです(^^;;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その3

さて、22日の夕方、イタリアとスロヴェニアの国境の町、ゴリツィアに到着しました。
翌23日朝、朝食後に集合時間まで、時間があったので、屋内の市場にいくことに。

Pa230206

Pa230215_2

野菜、果物、肉屋、パン屋、花屋と屋台のような雰囲気で沢山のお店が並んでいます。
ハロウィン前だったので、かぼちゃを利用した飾り物もありましたよ(^^)

Pa230223

街路樹のプラタナスも綺麗に色づいていました。日本よりも5度程度、気温が低いです。

ここではイタリア唯一の公立レース学校のゴリツィアレース学校へ。
国内に何箇所か分校を持ち、生徒数は1000人にもなるとか。学費が教材費込みで年20ユーロというのにもびっくりです。公立ということで国から補助が出ているからだということでしたが、今のレートだと1ユーロ115円程度ですからね。安いっ!!遠くの生徒のために、短期集中レッスンもあるそうですよ(^^)ディプロマを取りたい方は方は是非(^^) ただし、ほとんどイタリア語です。英語の出来る方が少ないかな? 私のたどたどしい英語ではとてもとても・・・何しろ暮らすのが大変そうです。
校内には、2年に一度のレースコンクールの入賞作品がずらっと展示されていました。写真撮影の許可はいただいてきましたが、個人の方の許可をもらったわけではないので、昔の説明のための写真を撮って来たので一枚。

Pa230244

イタリアレースは俵型の枕を使います。枕をぴったりサイズの籠に入れて動かないようにしてボビンの重みで糸の引きを揃えます。
このボビンは小さいですが、実際に使っているものはかなり大きいです。

さて、お昼にはこういうレストランで食事。

Pa2302611_2

やたらと頭上がにぎやかなところでした。
スプーン、フォーク、なべやドライの唐辛子やにんにくまで(^^;;;
パリのシャンゼリゼ通りのフランス家庭料理のお店でも、フライパンなどをずらっと飾ってあるところに行ったことありますが、低い天井から山と下がっていて、「フォークが刺さりそう」などと大笑いしました。

食後はすぐ脇の山にあるゴリツィア城へ。
ゴリツィアは昔から戦いのたびにあちこち所有国の変わったところで、最後には町を半分、ユーゴスラヴィアに持っていかれたところです。城の敷地からは元ユーゴ(今はスロヴェニア)側が見えます。

Pa230267

Pa230269

城の中にはゴリツィアの歴史、昔の暮らしなどの展示があり、壁の穴から投石器で投げられた石の砲弾がまだ残っていたり、面白かったですよ。
また、ここでも民俗博物館があり、貴族の肖像画(レースなどの細かい部分などをじっくり見てきました)衣装、絹糸を撚り上げて、ラメ糸を作る機械とか、レースや布の織り見本など、面白いものもありました。
ここは撮影は不可です。

そのあと、バスでスロヴェニア側のノヴァ・ゴリツァへ。
国境の検問所の建物、屋根は残っているのですが、スロヴェニアはEU加盟国なので、そのまま通過。
通過したらいきなり街の雰囲気が違います。
色が少ない!? 高層の建物もシンプルないかにも共産圏な物でしたね。
そこで大型スーパーに寄り、ばたばたとお買い物。
もう少し時間が欲しかったです。選んで考えている暇がない。
地元スーパーでの買い物が安くて、いいものが買えるのはお約束。
みやげ物店にはない雰囲気を楽しんできました。
ただ、夕方近くだったので、レジが混んでてね~・・・
人の少ないところに並んだのに、前の人の買い物の量がすごかったです(^^;;;

翌日には、国境を本格的に越えて、スロヴェニアに移動します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冠雪

稲の脱穀に行ってきました。
今日は東名で御殿場回りなので、富士山が良く見えました。

201011063

北側の方が少し大目の冠雪ですね。
ベレー帽をかぶったみたいだと旦那。何可愛いこと言ってんの~(^^;)

201011062

稲も綺麗に乾いていましたが、脱穀機が古いのと、JAのメンテナンスのあと、しっかりふたを閉めてなかったところがあったせいで、もったいないことをしましたよ・・・ あちこちでこぼれることに。今年は収量も少ないし、実も良くないそうです。まあ、食べられるだけあればいいでしょう(^^) ということに。
あれこれあって、疲れて帰宅。
その前に夕焼けの中の富士を撮ってみました。明日も晴れるでしょうね(^^)

201011061

明日はゆっくりして、月曜はレースの研修会で東京です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エアバスA380!

トーカイでのレッスンでした。
パッチワークとレース。
それぞれ進めてもらいました。
合間に旅行の話をいろいろ。
昨日、カンタス航空のエアバスA380のエンジンがひとつぶっ飛びました(@.@;)

ルフトハンザで去年から導入された、私たちが往復とも長距離乗ってきた、あのエアバスですよ・・・

Pa290688

最後にフランクフルトで撮ってきたものです。
ニュースを聞いて、のけぞってしまいました。
でも、結構あるんですよねえ。
移動の2週間くらい前に名古屋空港に胴体着陸があったとか、乗った後に同型機に故障が見つかったとか・・・
自分の乗る機じゃないというところがミソですが。
今回も、出かけている最中に爆発物が貨物便で送られて、貨物輸送が止められた国もありましたね。
飛行機が落ちたなんてわけではなかったのですが、やっぱり用心に越したことはない。
ただ、個人でどうにもなるわけではないので、早く真相を解明してほしいものです。
予定が狂って大変な人もいるんでしょうねえ・・・
人身に被害がなかったのが何よりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山ほどの写真

帰国後、初のレッスンでした。
秦野カルチャーにプリントアウトした写真をファイルにして持っていきました。
A4用紙に100枚近く、しかも厚い紙なので、重い・・・
3日かがりで整理とプリントをし、コメントをシールで書き込んで、とりあえず忘れないうちにと、やった甲斐がありましたよ。こういう機会がなかったら、だらだらやって、いつまで経っても終わらないと思われますので(^^;;;
これ、今月前半は持ち歩くことになります。がんばらねば~

さて、つるし雛は「花菖蒲」 季節がはずれておりますが、3月で完成する人が多いので、そろそろ季節に構っていられなくなりました(^^;;;
縫って返して、というパーツの多い作業です。

レースはタティングモチーフの続き。面倒な形、しかもちょっと不安定ですが、仕上げすると変わります。
糸の引きに気をつけてくださいね。

明日はトーカイのレッスンです。

土曜は稲の脱穀。
まだ終わってなかったのか~・・・ 休日の天候が悪かったのか?まあ、この土日は雨から曇りでしたけど。
旅行記の続きはそのあとかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その2

22日
朝食を食べてから、集合時間までに余裕があったので、同室の彼女と二人でお散歩。
とにかく毎食付いている旅行なので、どこかで消費しておかないと、あとで体重の増加が怖いので(^^;;;
しかも、お食事がおいしいのよ~ もったいなくて残せない。

食後にコーヒーが飲める時は、ほとんどカプチーノにしてましたが、そのうちエスプレッソにすることも。
何せ、分量が違う。エスプレッソはほんの一口。イタリアはまだいいけれど、そのうちスロヴェニア、クロアチアに行くにつれ、劇苦になってきます。まあ、それがさっぱりしていいときもあるのですがね~
基本、カプチーノもエスプレッソにミルクなので、元々が日本で飲むものよりもはるかに濃いです。
私は砂糖は入れません。紅茶の場合は問答無用で甘くなっていることもあるようです。
どこでも茶葉ではなく、ティーバッグでしたが(^^;)

アメリカンというと、エスプレッソをお湯で薄めたものというのが基本。豆の種類や焙煎を変えたりというのはほとんどしないようです。
最後のルフトハンザのコーヒーは久しぶりの普通のコーヒーでした(^o^)

さて、ヴェローナの市内観光です。
ロミオとジュリエットの舞台として有名です。といっても、シェークスピアがヒントをもらった街ということですが。
ローマ時代の門が残っていて、その土台をそのまま建築の土台としてちゃっかり流用しているのはお約束のようで、あちらこちらに「ここがそうです」なんてのがいっぱい。
アレーナ(円形闘技場)は今でも夏に野外オペラなどに使われています。周囲を修復してカバーのかかっている部分もありました。

Pa220171

旧市街が川に囲まれた馬蹄形になっていて、迷ったら川を渡らずに戻ってくれば中央広場に出られるようになっています。道がそう太くないものが多く、しかも建物の壁が高いので、どっちに向かっているのか分からなくなることも多いですが、2日もいたら、何とかなるようになりました。「ここ知ってる、じゃ、こっち」みたいな感じで。
石畳と石壁なので、夏はすごく暑いでしょうね。今の時期で私的には正解です。

Pa220170

石畳、普通は青海波模様になっているのですが、ゼブラゾーンだけ、白い大理石でまっすぐになっているところもありましたよ。楽しい(^^)

Pa220175

アディジュ川にかかるスカリジェロ橋。アーチが綺麗です。

Pa220179

エルベ広場の周囲の壁にはフレスコ画が。雨ざらしですよ・・・綺麗に残っているものですねえ。

Pa220181

ロミオの家。現在も住んでいる人がいるので、非公開です。
映りこんでいるのは、現地ガイドのミケランジェロ氏(^^)

Pa220195

ジュリエットの家。これが有名なバルコニー(^o^)

Pa220199


さて、午後から長距離バス移動。スロヴェニアとの国境の町、ゴリツィアに向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レースと刺繍の11日間 その1

10月20日~30日
イタリア、スロヴェニア、クロアチアの伝統レース、刺繍を尋ねる旅行に行ってきました。
8年ぶりの海外旅行。久しぶりの長距離移動、しかも家族なし、ほとんど初対面の方々との旅行で少し緊張しながら・・・

20日9:35発のフライトなので集合は7:30・・・ 早い、早すぎる(^^;)
我が家からだと朝4時には家を出ないと間に合わないし、交通関係で問題があったら、間に合わないので、先生方のお世話で成田に1泊することになりました。
前泊なんて、これまた13年ぶりでございます。
ルフトハンザなので、飛行機は期待していなかったのですが、エアバス導入後で、全席シートにモニターがあり、日本語も選べるので、映画も余裕で見ていかれましたよ。

約13時間のフライト。フランクフルトで乗り換えて、2時間待ち、さらに2時間のフライトを経て、イタリア・ヴェローナへ。
このまま、この日はホテルに直行。就寝。
余談ながら、私の部屋はいつも暑かったです。エアコンも調節できずで窓を開けたりがしょっちゅうでした(^^;)
17人のグループで一番若い彼女と同室。いろんな話もしながら楽しくやってまいりました。
とても、説明会の日が初対面とは思えないほど。 他の人にも、知り合いかと思われていたようですよ(^^;;;

さて、翌日、ヴェローナの隣のヴィチェンツァまでバス移動。
イタリア最大のクラフトショーに。

Pa210092_3

パッチワーク、刺繍、レース、インテリア系やアクセサリー系のクラフトが繋がった3会場にずらり。
キルトウィーク、キルトフェスティバル、ホビーショーといった感じ。


最初に目に入ったのがキルト日本展の大賞作品でした。
中央の通りにキルトのコンテスト作品がずらっと。日本の方の以前見た事あるような作品が結構ありました。
刺繍・レース部門では各地から刺繍の団体がデモンストレーションをしながらブース展示をしてあり、その区画の中央には、アンティークや新作のレース・刺繍を使ったドレスが展示されていました。

Pa210094_4

Pa210095_3
Pa210108

ここで午後からプント・アンティコ(伝統刺繍)のワークショップを受けました。
午前中はヴィチェンツァの市内観光もあったのですが、希望者は1日会場(お昼は別途レストランへ移動)ということで、もちろん私は会場組。
ワークショップも特別レッスンだったらしく、他のブースでは行われていませんでした。
同じところで午前中は他のグループでもレッスンを受けているのを見ましたよ。

Pa210114_4

ワークショップ終了後、また会場内を散策して、雑誌、ハードカバーなどを買い込んできました。
案外、レース関係が少なかったです。
DMCの展示ブースでは、アンティークのボビンやクロッシェの編地見本なども展示されていました。
新色のスペシャルデンテルの糸も3色いただいてきたので、何かに出来ればいいなと。

Pa220145_2

会場内は、ほとんどイタリア語しか通じなかったのですが、片言英語と雰囲気で乗り切ってきましたよ(^^;;;
ここで対イタリア語への度胸も一気に付いた感じです。

明日はヴェローナの市内観光の話をしましょう。
デジカメで写真も450枚以上撮ってきたのですが、ここで紹介できるのはほんのわずかです。
390枚をプリントアウトすべく、プリンターと格闘中。
今月はこれをあちこち、持って歩くようですねえ・・・
まずは、木曜に間に合わせなくちゃ(^^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

11月更新

本家サイトの11月更新です。
10月の1/3は日本にいなかったので、なんだかあっという間の10月でした。
さらにあと2ヶ月で、2010年も終わってしまいます。

早い!!

さて、
◆パッチワーク
 (11月)  バッグ・小物編 ハートのポシェット
◆ニードルワーク      
 (11月) 番外編 湖上のマッターホルン Ⅲ
       クロッシェレース編 ブリューゲルレースのモチーフとセンター2種
       リトルピース編 津軽こぎん ⅩⅡ
◆ガーデニング  
 (11月) 10月の庭
◆教室のご案内

という内容でお送りします。

20日からの旅行記は、おいおい書いていきます。
11月は目いっぱい忙しいです(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »