« ダブルディザスター | トップページ | レースと刺繍の11日間 その5 »

レースと刺繍の11日間 その4

トーカイのレッスンでした。
パッチワーク、レース、つるし雛とバラエティに富んだ内容でそれぞれ進めてもらっています。

さて、10月24日イタリア・ゴリツィアを発って、スロヴェニアへ。
ユーリー・ヴェガレース学校に立ち寄りました。
日曜なので、本来、学校はお休みなのですが、校長、講師と講師の娘さん(レース学校の生徒でもあります)が迎えてくれ、イドリアレースの話、作品を堪能して来ました。
こちらはスロヴェニアの国、自治体、個人の寄付などで成り立っているそうです。
400人の生徒がいるそうで、男の子も10~20人程度いるそうです。
生徒さんの作品も展示されていましたが、一人1作品のみ撮影可ということでしたので、ここでは掲載をやめておきます。ごめんなさい。
その代わり、学校前のお店でレースが飾ってあったのを。時間がなくて、寄ってみることが出来ませんでしたが・・・

Pa240295

午後には、ポストイナ鍾乳洞へ。
トロッコに乗って、2km下り、1.7kmのコースを歩いてみて回り、またトロッコで入り口まで戻ってきます。
入り口から5kmほどしか、公開されていない巨大な鍾乳洞。
上からぽたぽた水が滴り落ちる中を歩いてきましたが、通路がきちんと整備されていて、濡れていても滑ることもなく歩けました。
いろいろな言語で説明があって、それを現地通訳(日本人のかた)が通訳してくれるのですが、ガイドの英語がものすごくなまっていて、Rの発音がきついので、聞き取るのが難しい。ところどころ単語を拾いながら、通訳さんの話も聞きながらの見学でした。

最後のコンサートホールと呼ばれる撮影可の場所で。
中央に立つと音がすごく綺麗に響きます。

Pa240311

また、バス移動で、スロヴェニアの首都、リュブリアーナへ。
だんだんお天気が怪しくなってきました・・・
ここから3泊は毎日別のホテルなので、荷物は最小限のものだけ引っ張り出して使うという感じでしたね。

Pa250315

もと共産圏なので、周りもおとなしい感じがします。
決して、お天気のせいだけじゃないはず・・・


|
|

« ダブルディザスター | トップページ | レースと刺繍の11日間 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/49992042

この記事へのトラックバック一覧です: レースと刺繍の11日間 その4:

« ダブルディザスター | トップページ | レースと刺繍の11日間 その5 »