« フローラ | トップページ | 帰ってきたハミングバード »

クロッシェの布付け

角

クロッシェの角のあるエジングを布に縫い付けました。
こちらはパターンが載っているので、自分で適当なサイズまで編めばいいのですが、ついでだ~と四角く作り、布付けまでやってしまいました。
内径8cm角。結構厄介なエジングでしたねえ。中長編みからまっすぐ拾うのが大変です。

布はクラッシーをヘムかがりでつけて、裏側は折ってまつりつけです。
この辺の付け方も三つ折で額縁仕立てにしてしまってから、クロッシェの糸を拾ってまつる方法もあります。布と糸が浮いた状態でつけるのでやりにくいですが。
後は同じ額縁仕立ての布を一回り大きく作って、上にクロッシェの端を載せる形でもいいですね。
昔から良くあるガーゼハンカチにつけるように、細編みで布端をぐるりと拾い、目数を合わせて模様編みというやり方ももちろんあります。模様あわせにちょっと苦労するかもしれませんが。
他に、タティング同様、カットワーク方式もあります。
変形、円形の場合はカットワークは重宝します(^^)

画像は立ち上がり部分も出ています。
こういう総模様のときはどこで目立たないように立ち上がるかを考えるのも、勉強です。
う~ん、目立つか!?

|
|

« フローラ | トップページ | 帰ってきたハミングバード »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/48188797

この記事へのトラックバック一覧です: クロッシェの布付け:

« フローラ | トップページ | 帰ってきたハミングバード »