« 足りない | トップページ | フローラ »

タティングレースの布付け

タティング

タティングレースは普通、でこぼこした形をしています。
リング、チェイン、ピコがあり、延々一本のチェインというのでなければ通常は出入りの激しい形です。

なので、布をつけるには、いくつか方法があります。
これはカットワークの要領でボタンホールステッチで止めていく方法。

ほかに布を作ってしまってから、鈎針で直にピコのときに穴をあけながらつける方法。
布を作ってしまってから、後でピコ、またはリングやチェインを縫い付ける方法。
布自体にボタンホールステッチでぐるりと一周してから、ボタンホールステッチの目を拾いながらピコつなぎをする方法。

などがありますね。タティングの出来上がりの形やサイズなどを考えて、布をつける方法を選びます(^^)


さて、ヴォーグ社の「華麗なクラシックレース」シリーズのうち、既に「アイリッシュ・クロッシェレース」「クンストレース」「タッチングレース」(当時はタッチングでした)が復刻決定しました。
「バテンレース」は65%「ボビンレース」は70%になっています。(今日現在)
バテンレースこそ、他にほとんど日本語の本がありませんから、復刻して欲しいものです。
私の生徒さんも待ってるのでねえ(^^;;;
ボビンレースは似たような感じで別の本があるので、そちらも(ほとんど在庫は無いのかなあ?)使えるのですが。

本は出合いもの。なかなか復刻なんて機会はありません。初版だけでなくなる手芸本の多いこと・・・
どうしようか、資金が・・・なんて迷っている暇はありませんよ~
4月30日までの受付です。あと1週間しかありません!

|
|

« 足りない | トップページ | フローラ »

コメント

みみもんたかさん(^^)

私こそ、もんたかさんの情報を重宝にさせてもらっています。こんなところでですが、お礼を申し上げます
o(_ _)oペコッ

私は赤糸の本は、「刺さないな~」でやめて、代わりといってはなんですが、ボビンを購入した次第。
以前に花糸のミニキットも買ってあるのでやらねばと思って、そのままになっています。(^^;;;
カットワーク方式の付け方は、あとで布をカットするのが大変です。今回みたいにでこぼこが激しいとタティングの糸を切りそうで怖い怖い(>0<)

本の収納場所・・・言わんでください。我が家もすごいことになっています。2階にはもう上げるなと言っても、1階だって場所が無い状態です。
そうです。要らない本はないのです~

投稿: NARU | 2010/04/26 16:19

こんにちは(^ー^)/
ヤマナシヘムスロイドさん行ってきました。知らなかったのでNARUさんブログのおかげです。ありがとうございます♪
テネリーフのパーテーションが目を惹いたかな。
それとやっぱしこれも復刻本のクリスマスの赤糸のクロスステッチ本を買ってきました。高かったけどネットじゃもう買えなくなってるし~多分刺さないけど(^^;)
タティングの布付け方法、ご紹介ありがとうございます。さすがに丁寧で美しいですね。ふ~む、こんなにあるのか~。しかしどれをとってもやっぱり面倒くさそうです(^^;)
ふーん、あのシリーズも復刊ですか~。バテンもボビンも持ってるのでクンストとか買うかな~~~
しかし問題は金銭面ばかりでなく、収納場所(^^;) 平積みの資料を収納すべく新たに本棚を発注したのは正に今朝! 要らない本は捨ててよね、と言われてきましたけど、この世に要らない本などあるものかい(-_-)

投稿: みみもんたか | 2010/04/26 13:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/48169444

この記事へのトラックバック一覧です: タティングレースの布付け:

« 足りない | トップページ | フローラ »