« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

祝! 復刻

ヴォーグ社のクラシックレースシリーズ。
5冊全部、復刻が決まりましたね。
良かった良かった(^^)

待っている人の手にちゃんと届くのが嬉しいです。
廃盤に泣いてたから、すごくよくわかります~


今日は娘が指の関節が痛いというので通院でした。
結果、原因も良くわからず、骨にも異常なし(こんなんばっかりですね・・・)痛み止めの塗り薬をもらって帰ってきました。私と一緒で、関節変形症じゃないだろうか。リウマチではないようです。

私は送り迎えだけでずっと待合で、タティングの見本作りをやってたのですが、最後の最後でモチーフをつなぐところを間違えたのに気が付いて、がっくり状態です。
これからリング2つ、チェイン3つ解きます(´;ω;`)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レース本科 体験レッスン @秦野カルチャー

Tatbrooch7

秦野カルチャーセンターにて、
6月から新規クラスとして第1・3木曜13:00~15:00の枠でレースの本科を開講します。

まずは体験レッスンとして5月20日13:00~15:00にタティングレースの花ブローチを作ります。
レッスン料は無料、キット代が2100円かかります。

タティングレースの構造、糸の流れをつかんでもらって、リングとピコを作れるまでが目標です。
どちらかの色を選んでもらえればいいなと2配色で作りました。(人数によってはご希望に添えない場合もあるかもしれません、あしからずご了承下さい)

キットには色糸3玉、シャトル2個、針、シャワー台つきピン・パールビーズが入っています。
それとタティングのリングの実物見本つき(!)です。お得だと思いますよ(^^)
糸きりハサミと筆記用具だけお持ち下さい。

受付は秦野カルチャーまで(^^) 
電話    0463-80-4411
ファックス 0463-80-4412
メール   hadano@culture.gr.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

4本

3月30日から今日までの間、水曜日のレディースデーを利用して、映画を4本観ました。
夏以来ですねえ。こんなに観たの(^^;)

まずは「ハートロッカー」
テーマが重いです。想像力過多の方は見ないほうがいいかも・・・現実にこういうことがまだ日常にある地域がある。架空の世界じゃなくなってくる。どきどきしっぱなし、だんだん精神もおかしくなってくる・・・
主人公が「でも、誰かがやらなくちゃいけないんだ」とまた戻っていく、そういう力強さに救われます。

アバターは観たくないので最初から除外。どうもアメリカ製のCGのデフォルメ「絵」が好きじゃないのです。

次に「ライアーゲーム」
深夜枠の頃から見てたので、結末を見たくて行きました。
これは文句なく楽しんできました。まあ、よくもこれだけ細かいところを付いてくるなあと。
最初から赤いりんごについての・・・はなんとなく推理できてましたけど。
パンフレットを買って、後からじっくり読んだら、これも面白かったですね~
ネタばれ禁止なので「後から」読むほうがいいです。

さらに「シャーロック・ホームズ」
原作も大好きで、昔読んだのですがイギリス時代に改めて全巻揃えて読み直したりしたものです。
もちろん、ベイカー街まで行って、ハドスン夫人のレストランで食事までしてきましたよ。
今回は全然別の世界が作られています。
アイリーン・アドラーはルパン3世の不二子ちゃんか!?って感じで面白かったですし、ワトスンも何だかんだいってホームズに振り回されつつ協力するし。
ロンドンの町並みはいまでもビクトリア時代のまんまのところがたくさんありますから、そのままロケできたんじゃないだろうか~と思いますね(^^) 懐かしいところもたくさんありました。
楽しかったです。これはぜひ、続編を見たいです。作るつもりなんでしょうね、きっと。

今日は「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
パリ、プラハを中心にのだめと千秋がどう自分と向き合って、乗り越えていくかが描かれています。
これだけたくさん音楽、コンサートを入れて、うまく話を作っていっているなあと思いました。
パリもプラハも旅行で行っています。
見たことある町並み、「あ、ここは知ってる」なんてその辺も面白く見てきました。
プラハの旧市街を見渡せるカフェは下から眺めただけでしたが、「あんな感じに見えたのか」と行った気になりましたし、パリの凱旋門やエッフェル塔は登りましたからね。いろいろ思い出しました(^^)

さて、4月のレッスンも昨日、今日で終わり、ゴールデンウィーク突入です。
でも、作らないといけないものがたくさんあるので、多分ほとんど「お仕事」です。
毎年、こんな感じですねえ・・・
連休明けたら怒涛のレッスンウィークが待っています。

その前にサイト更新用のデータを作らないと~(--;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

帰ってきたハミングバード

帰ってきたハミングバード

我が家がロンドン駐在中に妹が新婚旅行で立ち寄ったときに、すごく気に入って、「じゃあ、結婚祝いにあげる(^^)」とハミングバード2客をあげたのでした。
「また買えばいいか~」と思っていたら、廃盤! 
諦めていたところ、今回例のスーププレートを探している最中に、ウェッジウッドが250周年でハミングバードを復活させたことを知りまして、この際、と廃盤になったものを探したら・・・

あるんですねえ。
思わず購入してしまいました。定価よりもかなりお安かったと言うのも原因のひとつですが。
思い切り良すぎ(^^;;;

今日、届いて早速眺めています。
ソーサーの裏には1991年の表示があります。
あるべきものが帰ってきた、これでお茶の時間が楽しくなりました(^^)

割れてしまったスーププレートについては、「ここで同じように探したよ(^^)」と言うサイトを教えてもらい、(ありがとう(^^)/)探してみたのですが、結局無くて、半分意地になって探しまくったら、ありましたよ~~~(T.T)
1週間目の出来事でした。海外サイトですから届くまでに時間はかかるでしょうね。「これから発送するよメール」をもらったところです。
楽しみだ~

悪いことばかりじゃないぞと。
今日は手まりひとつを完成させます(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クロッシェの布付け

角

クロッシェの角のあるエジングを布に縫い付けました。
こちらはパターンが載っているので、自分で適当なサイズまで編めばいいのですが、ついでだ~と四角く作り、布付けまでやってしまいました。
内径8cm角。結構厄介なエジングでしたねえ。中長編みからまっすぐ拾うのが大変です。

布はクラッシーをヘムかがりでつけて、裏側は折ってまつりつけです。
この辺の付け方も三つ折で額縁仕立てにしてしまってから、クロッシェの糸を拾ってまつる方法もあります。布と糸が浮いた状態でつけるのでやりにくいですが。
後は同じ額縁仕立ての布を一回り大きく作って、上にクロッシェの端を載せる形でもいいですね。
昔から良くあるガーゼハンカチにつけるように、細編みで布端をぐるりと拾い、目数を合わせて模様編みというやり方ももちろんあります。模様あわせにちょっと苦労するかもしれませんが。
他に、タティング同様、カットワーク方式もあります。
変形、円形の場合はカットワークは重宝します(^^)

画像は立ち上がり部分も出ています。
こういう総模様のときはどこで目立たないように立ち上がるかを考えるのも、勉強です。
う~ん、目立つか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フローラ

フローラ

千駄木のレッスンのついでに、早めに家を出て、オカダヤさんとABCクラフトのセールへ。
いろいろ買い込んできたのですが、そのひとつがフローラ。
乳白色をベースにした少し透明がかったタイプです。
やっぱり感触は柔らかいな(^^)
あまり硬いのも手が疲れそうなので(そこまでするかという問題もあるのですが(^^;;;))よさげな感じです。
そのうち、使い倒そうと思います。

足りないオリムパスのレース糸も買い足したし、続きをしましょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タティングレースの布付け

タティング

タティングレースは普通、でこぼこした形をしています。
リング、チェイン、ピコがあり、延々一本のチェインというのでなければ通常は出入りの激しい形です。

なので、布をつけるには、いくつか方法があります。
これはカットワークの要領でボタンホールステッチで止めていく方法。

ほかに布を作ってしまってから、鈎針で直にピコのときに穴をあけながらつける方法。
布を作ってしまってから、後でピコ、またはリングやチェインを縫い付ける方法。
布自体にボタンホールステッチでぐるりと一周してから、ボタンホールステッチの目を拾いながらピコつなぎをする方法。

などがありますね。タティングの出来上がりの形やサイズなどを考えて、布をつける方法を選びます(^^)


さて、ヴォーグ社の「華麗なクラシックレース」シリーズのうち、既に「アイリッシュ・クロッシェレース」「クンストレース」「タッチングレース」(当時はタッチングでした)が復刻決定しました。
「バテンレース」は65%「ボビンレース」は70%になっています。(今日現在)
バテンレースこそ、他にほとんど日本語の本がありませんから、復刻して欲しいものです。
私の生徒さんも待ってるのでねえ(^^;;;
ボビンレースは似たような感じで別の本があるので、そちらも(ほとんど在庫は無いのかなあ?)使えるのですが。

本は出合いもの。なかなか復刻なんて機会はありません。初版だけでなくなる手芸本の多いこと・・・
どうしようか、資金が・・・なんて迷っている暇はありませんよ~
4月30日までの受付です。あと1週間しかありません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

足りない

足りない

ブリューゲルの見本作成中・・・

ですが、糸が足りません(^^;;;
足りそうな糸使えばよかったのですが、柔らかい配色にしようと思ったのでねえ。

覚書。
オリムパス40番 1配色10g2玉 2配色10g必要です。

日曜に買出します。
他のものにかかろうっと(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イーネオヤ展

京橋ギャラリーくぼた別館にて、25日まで開催中です。
イーネオヤ、イーネダンテル、イーネオヤで作られた袋など、ギャラリーいっぱいに飾られています。
かわいらしい花がいっぱいです。
エフェオヤもありましたよ(^^)
綺麗な円形に大きく編んで(結んで)いくのは大変だろうなあと思います。
また、スカーフの縁取りをしてあるものは4mを作るわけですから、これまた時間がかかったろうなあと・・・

色とりどり、素材も化繊、シルク、綿の刺繍糸などいろいろでした。
じっくり見させていただきました(^^)
知り合いにも遭遇。やっぱり誰かに会うのねえ・・・
今日は歩くと汗をかく日で、特にお昼を食べた後だったので暑いこと(^^;;;
上着を脱いでいたのですが、それでも汗をかきました。

ミフリさんのショップも来ていて、じっくりオヤを見、フィルケテオヤのブレードとメキッキオヤのスカーフを購入。
またコレクションが増えました。


その後、表参道に移動。
ヤマナシヘムスロイドにて5月1日まで「北欧の白糸刺繍&ボビンレースクラス作品展」開催中です。
ボビンレース・ハーダンガー・ヘデボ・ドロンワークなどが並んでいました。
ボビンレースは太目の糸でざっくり系が多かったですね。
奥のショップによって、少し話を聞いてきました。ボビンもパターンも販売しているそうです。
そこで、ボビンを2本(1ペア)購入。コレクションアイテムですね~
デンマークボビンは尻尾の部分がまん丸でビーズが並んではまっているタイプだと思っていたのですが、もっとシンプルタイプもあるのですねえ。大きいものもあるそうですが、小さいタイプを購入です。

他にハンガリー刺繍の展示も見ようと思っていたのですが、「水曜休廊」でした~(^^;) 残念。
確認しておけばよかった。時間だけは見ておいたのですが・・・

Photo

さて、明日はまた、引き続き見本作りです。がんばろ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

入りきれない

入りきれない

はい、パイナップルは出来上がりました。
A3ファイルを準備して大き目の見本を入れているのに、仕上げたら、直径33cmになってしまい、入りきれません(^^;;;

画像は仕上げ後。パイナップルの周囲のラインがまっすぐになっていないといけないのです。
編み4分に仕上げ6分。だそうですよ(^^)

さて、次を編みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中心部

中心部

自宅レッスンもつつがなく(^^;)
割った食器の話で盛り上がり(^^;;; 
安いもの、どっちでもいいものほど割れないよねと・・・

さて、編みなおし中のパイナップル編みの中心部。
7つ巻き長編みの2目一度が8回分。(最初の目は立ち上がり9目)
もちろん仕上げ前なので、よれてますが、きっちり編むとこんな感じ。

昨日の編み直し前の部分を越えました。取り戻すのに半日必要でした。
さて、今日中には仕上げましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

二度あることは・・・

大ショックの一日。

大事に使っていたウェッジウッドのスーププレートを割ってしまいました。
洗い籠の中のビンを取ろうとして、滑り落ち、落ちた先がJADEの20cmスーププレート。

しばし呆然・・・

それからがどうもツイてない。
お風呂掃除しようとしてスプレー洗剤の握り部分がばこっとはずれて直せず(^^;)
ま、これは新しいものを買いなおせばいいやと気を取り直し。

レースの見本を編んでいて、パイナップル編みの26段ものの21段目で間違いを見つけ、何度も編みなおしたはずの12段目まで逆戻り(--;) もう情けないやら・・・
気分転換に庭の花を切って活けたりしてから、また編みなおしています。今日中には出来上がる予定だったのになあ・・・

スーププレートはあちこち調べたのですが、廃盤で、しかも本家本元にも扱いないし。20cmスーププレート自体がもともと少ないので、代えになるものもなさそうです。色違いのアムハーストも23cmサイズしかありませんし。
どうせ廃盤ならば、思い切ってインディア版を何枚か買ってしまおうか・・・などと考える始末(^^;)
こういうのがあるから、私が買うときは6枚セットにするのですが(我が家は5人)、以前旦那が買ってきたものなので、5枚でいいやと思ったのでしょうねえ。5枚物もいくつかある我が家です。
インディアはイギリス滞在中に一目惚れしてプレート、カップ&ソーサー、ポット、クリーマー、シュガーポットと一揃いあります。
食器は使い倒してこそと思っているので、せっせと使うのですが、やっぱり割れてしまうのは悲しい。

今日はこれだけいろいろあったのだから、しばらく良い事ばかり起きると思いたいです。
切り替えよう(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

たかが鎖編み、されど鎖編み

レッスンウィークが終わりました。
タティングレース、バテンレース、つるし雛、手まり、パッチワーク、それと、レース本科の始動。

つるし雛は「兜」
接着芯を3種類使う、ややこしい作品ですが、皆さんがんばってくれました。
お節句までに間に合うといいですね(^^)
輪飾りの中に「三角5個」「這い子人形」「柏餅」「こいのぼり」「兜」と繭玉が10個。
中心に矢車代わりの風車と吹流しが付きます。
5回のレッスンでとりあえず作れるように指導しました。後は縫うだけ(^^) がんばってね。

バテンレースは続きをやってもらい、わからないところなどの確認をしてから、レース本科のダイジェストテキストを使ってまずは鎖編みから。
ダイジェストテキストは作り方の右側にメモ用のライン付き白紙が付いています。
注意するところの書き込みをしたり、使った糸、モチーフの一部などを貼り付けたりして使います。
最終的にテキスト類は全種類購入する必要があるのですが、本科では、まとめて1冊になっているので便利かな(^^)と思います。
鎖編みは毛糸とレース糸との編み方の違いを見てもらい、私がその場で編んだものを少し作って、自分で編んだものと比べてもらいました。

最初はどうしても緩みがちです。気を抜くとすぐにぐずぐずになります。あわてずゆっくり、パチパチ音がするように編んでくださいね。速さとリズムはそのうちについて来ます(^^)
鎖編みはすべての基本。10目くらい編むと、緩い目ときつい目の差は歴然です。緩いと後で仕上げして伸ばしたときにだらしない出来上がりになりますので、きつめ推奨です。
円形モチーフが宿題です。私も楽しみにしています(^^)

タティングレース、パッチワークはそれぞれの続き。
おひとりパッチワーク高等科の終了証をお渡ししました。既に講師科に進んでいます。
講師科は配色、構成、仕立て、縫い方、手順など自分で考えていくことが多くなります。がんばってくださいね。

私も引き続き、レース本科、高等科の見本を作っています。来週は月曜が自宅レッスンですが後はお休み。その間にいろいろ作ってしまおうと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レッスンウイーク

今週は火曜~金曜の4日間、トーカイとカルチャーでレッスンが詰まってます。
半日が多いので、そう忙しい感じもしないのですが、先週は月曜、金曜だけだったので、ちょっとギャップが(^^;;;
合間に手まりをひとつ、バテンのデザインをひとつ、作らないといけません。
相変わらずレース本科・高等科の見本作りもやってます。講師科はちょっとほっといて、5月連休までにはなんとかしたい。
自分の作品もやりたいですしねえ。

土曜は長男のいつもの通院。待たされて、帰宅が2時半過ぎ。疲れました。

日曜は旦那の実家へ。行きは東名御殿場回り、帰りは箱根経由熱海回り。
御殿場周辺も箱根もちょうど桜が満開でした(^^)
箱根の桜は山桜なので、花と葉っぱが一緒に出てくるので、ソメイヨシノのような華やかさは無いのですが、山を見るとあちらこちらに転々と白い花が見えて、幻想的な眺めでした。
珍しく箱根もほとんど無風状態で、たまに下車しては、デジカメで画像を撮ったりしてきました。
もらってきた筍(今年はイノシシの被害であまり数が取れないそうです)と帰りに買ったイカの一夜干しなどで夕ご飯。筍を一口大にスライスして、牛の薄切り肉の細切れをしょうゆと砂糖で煮付けたのは旦那の好物なので、早速作りましたよ。今日は青椒肉絲にでもしようかな。


さて、金曜に普及協会に寄って、レース本科のダイジェスト版を買ってきたのですが、そのときに刺繍の学習会の日取りを聞いてきました。
11月28日(日曜)だそうです。夏~とか言ってたけれど、○○先生のご都合でしょうね。
楽しみにしています(^^)何をやるんでしょうね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新しいシャトル

クロバーから新しい配色のシャトルセットが出ましたね。
フローラです。Photo


昨日、タティングを始める方が使っていて、私も触らせてもらったのですが、感触が柔らかいです。プラスチックの種類が違うのでしょうね。
普段はアトリエ優香さんの透明シャトルをメインに使っているので(それが現在一番固めのシャトルです)どうしても柔らかく感じがちです。今までのカラーシャトルも使用していますが、それよりも柔らかい。
(私個人の感覚ですので、他の方には違うかもしれません)

柔らかいシャトルは早く角が磨耗しますので、たまに尖らせる手入れが必要です。
透明シャトルでもたまにやりますが(^^;)カッターナイフなどの刃をシャトルの角周辺に当てて削るのですが、刃は寝かせず、シャトルに直角にあてて、擦るような感じに削ると削りすぎず尖らせることが出来ます。
もちろん、表だけでなく、裏側からもするようにしましょう。やりすぎは厳禁です。
最終的には角がなくなるまで使えますが、その前に多分、シャトル自体が開いてしまってカチカチと音をするようにならなくなるんじゃないかと思いますね・・・

角が無くなったら、鈎針でピコを拾いましょう(^o^)
もちろん、ごく小さなピコは最初から鈎針です。

私もフローラを1セット、とりあえず購入しましょうか・・・
何より色がかわいらしいです(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

レース講座新学期

レース講座新学期

市ヶ谷の桜は散り始めていましたが、遠目には十分な眺めでした(^^)
今日からレース講座も新学期。4月は一度だけですが・・・
新しい生徒さんも増えて、にぎやかに始まりました。

レースは本科・高等科・講師科に移行していくので、改めてやっていこうという方、新規に始める方、やりたいことを楽しもうという方といろいろです。
それぞれに対応しながら、一日あちこち歩き回りました。
え~と、私のアシスタントデビューです(^^;;;
カリキュラム移行に合わせて、北尾クラスに新規の方を入れていくことになったので、北尾先生とアシスタント2人との3人体制でこれからやっていくことになりました。
3月にお話をいただいて、受けてしまってから「えらいこっちゃ(^^;;;;;;;」と思ったのですが、出来るだけのことはしていこうと思い、本科の見本から改めて作り直していくうちに、気持ちも落ち着いてきました。
もう一人のアシスタントの方は指導員講座でも講師をされていたので、安心して頼っていこうと思います。よろしくお願いします(^^)

次回、5月までにはもう少し見本を増やす予定でいます。
自分の作品はまたそれからですね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

足柄刺繍 繍(ぬい)の会展

足柄刺繍というのは、日本刺繍の手法を用いて、絹糸をぼかし染めにし、縒り糸を作り、何段も下縫いをしたり綿を入れたりして、(ニードルレースの手法と一緒ですね)厚みをつけて刺す刺繍です。
地方の伝統工芸ですが、廃れてしまって上田菊明さん一人が伝えてきたそうです。

小田原城内のミューゼという美術館の1階で4月6~11日(9:00~4:30)展示会開催中です。
小田原城の天守閣を目指して上り、常盤木門、多門櫓内にあります。

ミューゼ(2階)ではアールヌーヴォー・アールデコの特別展も展示中です。
こちらでは、ミュシャの絵1枚(メディア)、ドーム兄弟のガラス製品、ガレの作品(壷やランプなど)約50点が見られます。入場料800円ですが、携帯サイト、PCサイトから割引券が使えて500円になります(これくらいなら出してもいいかな~(^^;))
ガラスの果物、クワガタが中央に鎮座しているインク壷とペン置き、カタツムリのオブジェなど、ちょっと珍しいものもありました。

さて、足柄刺繍のほうですが、視覚障害者、身障者の方にも手で触れてみる作品8点が点字の説明付きで置かれていて、お弟子さんの説明も聞いてきました。
額の裏側も見ることが出来ます。表もびっしりこんもりと刺してあるのですが、裏側もすばらしく美しい。
表にふくらみを持たせるときは裏側にもふくらみが出ます。その感じを良く見てきました。日本刺繍とは異なるしっかりした厚みでしたね。
竜の鱗、牡丹の花びら、ウサギの足、耳、口元・・・しっかりした厚みに繊細な刺繍。
金糸で駒取りして、縁取りされているものもありますが、ほとんどは糸端が見えている状態。きれいでした~
お弟子さんたちの作品は2作目、4作目、7作目と練習を積むにつれて、だんだん綺麗に出来ている様子がわかります。

いいですねえ~ 日本刺繍も時間があったらゆっくり打ち込んでみてみたいです・・・無理ですがねぇ(^^;;;

上田さんの作品は40号の大きな作品が小田原城天守閣の中の博物館にも常時展示されています。
こちらは入場料400円だったかな。
古地図、鎧兜、小田原城修理のための木製の模型、籠、纏(まとい)、刀・・・などいろいろなものが展示されています。一番上からはぐるっと小田原市内を見渡せます。高いところが好きな人はぜひ(^o^)

小田原城内も桜が満開で、風が吹くとひらひらと花びらが舞ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山北駅の桜

4月1日から早速仕事が始まっています。

1日は秦野カルチャー
つるし雛は「こいのぼり」 2個セットのキットから、まずは1匹作ってもらいました。
以前に作った金魚よりはパーツが少ないので、少しは楽かな(^^) 2匹目がいるけど・・・

バテンレースは引き続き作品を作ってもらい、あと4月からのレース講座 本科の説明。
バテンレースも続けながら、次回から本科のクロッシェからやることになりました。
まずは鈎針で鎖を綺麗に作ることから。
がんばりましょ~

2日はトーカイ小田原店でパッチワーク。
それぞれの課題を進めます。ハワイアンのバッグを作っている方は、持ち手をどうするか前回悩んでいて、「2本ねじり」の持ち手にすることにし、筒に縫った布に毛糸をふっくら通して持ってきてもらいました。
縄をなう要領でねじって、持ち手はすぐに完成。少しより戻しして、均等にねじりが入るようにします。これは実地じゃないと感覚が難しいかなあ・・・ 本などには最近は「ねじります」とだけ、書かれていたりします(^^;;;
手まりを作っている方は飴玉のような巻きかがり、上下同時かがりでできるものを作ってもらいました。
これはまた、来月にでもサイトのほうにアップしますね。

さて、3日は長男の通院予定でしたが、前日に39.9度!という熱が出て、内科じゃないので通院を止め、来週にすることにし、本人は解熱剤が効いていたのでゆっくり休ませました。
午後から旦那が出かけようというので、近場で花見。
山北駅の桜まつりへ。
大騒ぎの駅前広場や桜まつり会場から線路の両脇に植わっている桜並木を堪能してきました。
いいお天気だったので、満開の桜も映えました(^^)

4日はやっとゆっくりして・・・
5日は自宅教室。
パッチワークとボビンレースと。ひとの作品を見ていると、自分もやりたくなりますね。
まずは、本科見本を作ってしまわないと・・・作っていないものもあるし、あらためてちゃんとしたファイルを作ろうかと思っているので。

え・・・っとパッチワーク倶楽部のお題も締め切りが迫ってますね。今週末に間に合うようにがんばりましょ~

最後に山北の桜をダイジェストでどうぞ。

201004031

201004032

201004033

201004034


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

卒業作品帰る

レース指導員の卒業作品の額が帰ってきました。

レポートカードを確認がてら、中味も確認したら・・・
額のアクリル板が割れてました(--;)
写真撮影のときにはずして、元に戻すときに無理に蓋をしたようですね。ヒビじゃなくて、角の部分の一部が割れてはずれてました(´・ω・`) 
アクリル板だけどこかで入手できないでしょうかね。
結構厚いのと大きいので(50×50cm)・・・ 額屋さんでもあたりましょうか。
飾るのにも埃よけが必要ですしね。

レポートカードは最後に嬉しい言葉がありました。がんばってよかったです(^^)
皆さん全員の作品、間近に見たかったですね~


昨晩から今日にかけて、ひどい風雨で、何度も夜中に目が覚めました。
「花散らし」どころか、「花を房ごと叩き落す嵐」になりました。
満開を迎えたばかりの桜ですが、あちこちでかわいそうなことになっています。
それでも、がんばって咲いていますので、週末は晴れてくれるといいなと思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

4月更新

本家サイトの4月更新です。

今回は
◆ニードルワーク      
  (4月) クロッシェレース編 アイリッシュ+ブリューゲルレース Ⅱ
      マクラメ編 ミサンガ Ⅳ・Ⅴ
      リトルピース編 津軽こぎん Ⅵ
◆ガーデニング  
 (4月) 3月の庭
◆つるし雛
 (4月) 手まり コスモス  
◆教室のご案内
  各日程を表示 レース 本科・高等科・講師科について

3月26日発売の「刺しゅう糸でつくる カラフル・ミサンガ」の作品と動物シリーズのあと4種類も出ていますのでご覧下さい。

レース 本科・高等科・講師科についてのご案内も、簡単ですが載せています。
使用テキストは変わりませんが、体系的に9種類のレースを基礎から学んでいただけます。

使用する糸、道具などについてのプリントも作りましたので、教室内で配布しようと思います。
あっという間に4月です。
レースの本科用の見本も作り始めました。
相も変わらず、なんだか忙しいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »