« 充電切れ? | トップページ | 泥縄でも・・・ »

作ってと言われて

トーカイでのパッチワークのレッスンでした。
テキストレッスン、ハワイアン、オリジナル、キット利用の方とにぎやかにやっています。

その中での話題。
初めて作ったパッチワークのバッグを見て、お友達が「私にも作って」と。
私もプレゼントに作ったことも沢山あります。でも、本当に手作りの大変さを分かってもらってくれているかな?ということもありました。
最近、外国系の安い、造りもあれ?と思われるような作品が沢山出回っています。そういうものを見て、「簡単にできる、安く作れる、余った生地でいいから、友達でしょ?」とごり押しする方もいるようです。
簡単に見えるんでしょうかね(^^;) 

今回の話は「作ってほしいと言われたんだけれど、始めたばかりで、無理だから」とがんばってお断りしているようですが、「そういう方にはぜひ、一緒に作りましょうと誘ってください(^o^)」と話しました。
それで、「『私には出来ない、けちね。私には暇ないのよ』なんていう人だったら、すっぱりお断りしていいです」とも。
パッチワークであれ、レースであれ、材料費も、手間も時間もかかります。何年もかけて作る作品だってあるんです。それを簡単に「くれ」なんていう人には、絶対手作り品の良さは分かってもらえません。自分に暇が無いと言う人は、ほかの人には暇が余りまくっていると思っているんでしょうかね(^^;;;
私もよく言われましたよ~ 「いろんな事やっているのね、暇ね!」って。「暇なんでしょ。これ作ってよ(3ヶ月かかって刺し上げたクロスステッチを指差されて)」
冗談じゃないですよ・・・まったく。

バザー品を作ったこともありますが、それは趣旨を理解した上で、なるべく単価を抑えるように作りました。でも、もうあまりやりたくないですね。(この辺はいろいろなご意見があるでしょうけれど、日々、追われて見本を作っていたりするので、とてもそういう時間が取れないので)

手作り品をもらっても、趣味が合わなくてうれしくない人もいるでしょうし、この辺も難しいところです。
昔、叔母に「こんなのが良い」と言われて作った造花や和紙人形に「ここはこうしなくちゃ、こういうのが本物よ」と別の作品を見せられて、(だったら、作れって言わないで、自分で作ればいいじゃない。文句言われてまで作った私って何なの?)と思い、それ以来、二度と贈るのは止めにしました。
大人の対応が出来なかったと言われればそれまでなのですが、何せ高校時代の話ですから(^^;)

本当に手作り品の良さを分かってくれる人でしたら、ぜひ、お仲間になってください。お互いに作りあったり、別のジャンルの作品を交換したりできるんじゃないでしょうか。何一つものに出来ないなんてことは無いはずです。とりあえず、小・中学校で、基本は習っているはずですから(^^)
ひとつ作品が出来たら、きっと次の作品にも挑戦したくなるんじゃないでしょうか。そうなったらしめたものです。
一緒に楽しみましょう。
それでも出来ないと言う人は、自分の大事にしているものと同じなんだと言う感覚を持ってほしいなと思います。
手作りを楽しんでいる人に『何だ。そんなもの』発言だけはしないでいただきたいです。

以前、いろいろあったので、ちょっと思い出してしまいました(--;)
未だに旦那には、『この山何とかしろ』と在庫をつつかれていますので~(^^;)
「いや、必要なんだって、それは・・・」 大きな声でいえない私です。


|
|

« 充電切れ? | トップページ | 泥縄でも・・・ »

コメント

みんとさん(^^) 初めまして。
差し上げたものをどうするのかは、もらった人の自由にしていいとは思うのですよ。ただ、いらなくても、相手にわからないようにして欲しいなと。
皆さん、多かれ少なかれ、経験者なんですね。
賛同者がいてくれて良かったです(^^)

投稿: NARU | 2008/10/05 09:28

サミュエルさん(^^)
「ふ~~~ん」の経験者ですか(^^;)
そうですよね。がっかりしますよね。「次はないぞ」でいいですよ、やっぱり。
「みかん」・・・私も山になってるので~
私も1000票!(^^;;;

投稿: NARU | 2008/10/05 09:23

はじめまして。
TJFから来ましたみんとと申します。
幅広い手仕事にうっとりしながら、いつも楽しみに見せてもらっています。
今回の記事、手作りをする人共通の意見だと思います。
私もサミュエルさんと同じで、作ること自体が楽しいので、出来上がった作品にあまり執着しません。手を離れたら最後、あげた相手の好きにしてもらって結構、という考えでプレゼントしています。思い入れのあるものは絶対に手放しません。

安い既成品が多いご時世ですから、少しでも多くの人に手作りの良さを感じてもらいたいなと思っているけど、やっぱり大変さを分かってくれて、大切にしてくれる人に使って欲しいですよね^^
安易に「作って」という人は、手作りも既製品も一緒くたの扱いをするんじゃないかな~と思ってしまいます。

今回の記事、私もすっきりしました!!

投稿: みんと | 2008/10/04 22:05

ごもっともです。プレゼントするのは好きですし喜んでもらえると嬉しいもんですが、「ふ〜〜〜ん」で終わっちゃうと多少はがっかりしますね。ま、次はあげないけどね。凝ったものをプレゼントする場合は、手作りのものが大好きなヒト限定で渡します。自分の作ったものにあまり執着が薄いほうなのですが(作ること自体が目的)、お気に入りのもの・大作は譲らないです、いまは。残す人がいないから作品もろもろの行く末は大事にしてくれる人に手渡したいですが。それより「みかん」です、「みかん」(笑) 生きてるうちに消費できないほうに1,000票!

投稿: サミュエル | 2008/10/04 21:00

piyo-bearさん、初めまして(^^)

手作りされる方には、大なり小なり経験があるんじゃないかと思います。
私はよく言うんですよ。「かかった材料費に、かけた時間×時給を足して、請求したら? それで高いと言うなら、自分で作ったら?と言えばいい」って。 実際、なかなか言えないかもしれないですが、そう思うことが出来ればあわてないで応対できると思うんですよね(^^)

piyoさんのブログも拝見しました。可愛いワンコがいっぱいいますね~ また覗きに行かせてもらいますね。

投稿: NARU | 2008/10/04 17:35

はじめまして♪
手作りのレース関係を検索していて、こちらにヒットしました。
時々覗かせてもらっておりますo(_ _)oペコッ
今回の記事を読ませていただいて「そのとおり!」と思いましてコメント入れさせてもらいました~!
手作りの大変さをホントに理解してくれてる人って少なくなりました。安価な輸入品がたくさん出回ってるし、時間のゆとりもなくなったからかな?
人に差し上げるのも悩むときがあります。

…でも、作りたいのですよね~!
今日はすっきりしました(^_^)

投稿: piyo-bear | 2008/10/04 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 充電切れ? | トップページ | 泥縄でも・・・ »